転職活動で複数社に一度に応募しまくるのはNG!応募する数は自分のペースに合わせて決める

転職をしようと思っているあなた。働きたい転職先がたくさんありすぎて迷うから、とりあえず全部応募しておこうなんて考えてはいませんか?

「こっちの企業の仕事も魅力的だ」「ああ、こっちの会社もかなり待遇が良いぞ」なんていろいろと目移りしてしまい、たくさんの会社を受けたくなる気持ちはよくわかります。

しかし、転職したい会社がたくさんある場合には、それらに一気に応募すると失敗につながりかねません。そこで、この記事では、その理由や、応募する数をどのように決めれば効率的に転職活動ができるのか、アドバイスを紹介します。それではどうぞ!

転職活動には時間に制限がある

「あの企業も!この企業も!」なんて迷ってしまう場合には、まさに転職先のバーゲンセールです。なかなか希望に合う転職先が見つからないという人からしてみれば、とてもうらやましい限りでしょう。

だからと言って、一気に応募することはNGになります。なぜならば、転職活動には時間に制限があるからです。新卒での就活だと、時間にかなり余裕があるので、多くの方が一度に何十社も応募するでしょう。しかし、転職するという状況では、就活と同じような時間の余裕はありません。

在職中は転職活動に充てられる時間が限られている

在職をしながらの転職活動であれば、その仕事と並行して行わなければいけません。必然的に時間には制約が出てきます。特に、仕事が忙しいほど転職活動に充てられる時間は少なくなります。

その少ない時間をフルに活用し、スケジュールを詰め詰めにすれば、一度に大量に応募しても、そのスケジュールを裁くことができるでしょう。しかし、それはとても非効率になってしまいます。

応募した企業の面接まで時間が少ないので、十分な対策を取ることができません。しかもそれが何十社もあり、さらに現職での仕事も忙しいとなれば、なおさらです。精神的にも肉体的にも厳しい状況になってしまい、そんな状態で受ける面接でベストパフォーマンスを出すことは不可能になります。

結果、どの企業も落ちやすく失敗してしまう可能性が高くなるでしょう。一社入魂で全力で受ければ合格できた第一志望も、十分な対策ができていないことで落ちてしまうなんて不本意な結果になりがちです。

退職後にはブランク期間のデメリットがある

また、退職後の転職であれば時間に余裕があると考えがちですが、それは間違った考え方です。なぜならば、離職期間が長くなるほど、ブランク期間が発生してしまうからです。確かに時間に余裕がありますが、大量に応募していると、すべての面接を受け終えるまでに時間がかかってしまいます。

それだけブランク期間が発生しやすくなり、後の方に受ける企業ほど不利になってしまうでしょう。「転職活動をずっと行っていました」と理由を説明しても、「これだけ長く活動していることは、落ちまくっているのか、それとも大量に応募しまくってるんだろうな」と思われてしまい、採用担当者には好印象を与えることが難しくなってしまいます。

退職後であれば、時間にも余裕があるため、スケジュールを詰め詰めにすれば、より多くの企業を受けることができます。しかし、それでも在職中と同じように、キツキツなスケジュールにするほど、それだけ十分な対策ができなくなってしまうので、失敗する可能性が高くなってしまいます。

複数社に一度に応募しまくると、確実に非効率になって失敗する

このように、転職活動では時間というものが限られています。在職中であれば仕事の間の時間しか使えませんし、退職後でもブランクを空けないようにできるだけ短期で決着をつけなければいけません。

新卒と同じように半年から1年のスパンをフルに活用し、何十・何百社も受け続けるなんてことは不可能です。

繰り返しになりますが、もしもスケジュールを切り詰めて面接を受けまくったとしても、十分な対策ができないで終わってしまいます。それに、毎日が面接の日々で滅入ってしまうはずです。

結果的に、どんな形の転職活動であれ、自分自身のキャパシティを超えたスケジュールを立てれば、確実に非効率になり失敗しやすい転職をしてしまうことになります。

自分の転職活動のペースを考慮して、厳選したものから応募しよう

では、そんな非効率な転職活動にしないためには、どれくらいの数の企業に応募するべきかという答えが気になるでしょう。しかし、そもそもの話、応募する数にこだわることはありません。1社だけであればそれだけでいいですし、100社受けたければすべて受けてもいいんです。

重要なことは、全体の応募したい企業の数よりも、ある一定期間のうちに応募する企業の数になります。つまり、ベストな応募数を決めるには、「ある期間のうちに、万全な対策ができたうえで面接に臨めるのは何社までか」ということを考えるべきです。例えば、1週間に1社受けるペースが最適であれば、1か月で4社に応募するというふうに決めるのがおすすめです。

受けたいと思った企業を一度に応募するのではなく、あなたの転職活動のペースに合わせ、うまく分散して受けるということが重要になります。そうすれば、キツキツのスケジュールで多忙になることもありませんし、1社ごとに万全な対策ができるはずです。あなたが無理のないスケジュール日程であれば、何社受けても構いません。

参考として、下記の図をご覧ください。

転職成功者の平均応募者数

これは転職成功者の平均応募者数です。平均は13.1社となっていますが、10社以内が半分以上の割合になっています。このことからも、何十社も応募するのは、あまり好ましくないと言えますね。

これを参考に、まずは、自分の希望によりマッチする企業を数社に厳選して受けるのがいいでしょう。そして、第一志望、第二志望、第三志望という順番で、できるだけ志望順位の高い企業から先に受けるようにすることがおすすめです。その方が早く転職活動を終えることができますし、退職後あれば、マイナス要因であるブランク期間が延びないうちに志望の強い企業を受けることができます。

もし、落ちてしまった場合には、その都度、自分に最適なペースを維持しながら、次に志望順位の高い企業へ応募するという形をとればOKです。

転職は確かに短期で決まるのがベストですが、焦ってスケジュールを詰めすぎてしまえば非効率になってしまいます。「二兎を追う者は一兎をも得ず」「急がば回れ」という格言を意識しましょう。

まずは、企業のリサーチおよび厳選をして、自分の希望にマッチする企業を数社選びましょう。その中から、志望順位の高い企業から優先し、自分のスケジュールやペースに合わせて日程を組むことが、一番の成功の近道になりますよ。

転職活動を最適なペースで行うには、転職エージェントの活用がおすすめ

しかし、やはり良い企業が多すぎて優先順位を決められないという方や、自分の思い通りに面接の日程調整ができないなんてケースもあり、うまくいかないという方も多いでしょう。

そこで、自分に合った最適なペースで転職活動をするために、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

転職エージェントでは、カウンセリングを通じて、あなたの経歴や希望条件にぴったりの転職先を提案してくれます。キャリアアドバイザーは転職のプロで、企業の情報にも精通していますので、プロの目線からあなたの希望にベストマッチする職場を厳選してくれます。

また、面接のスケジュールも、企業の担当者と相談してあなたの希望通りに調整してくれますので、無理のないベストなペースで転職活動をすることができます。さらに、書類・面接対策もサポートしてくれるところが魅力で、合格率をアップできる万全な対策ができます。

このように、転職エージェントでは転職活動の手間や悩みをすべて解決してくれます。「応募したい企業がたくさんあって悩む」という方や、「うまくスケジュール調整ができない」なんて方はぜひ利用してみるといいですよ。あなたの希望に一番ぴったりの企業への転職を成功させることができます。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

【公式サイトはこちら】転職エージェントDODA