在職中の転職活動は採用に不利か有利か?与える印象や評価はどうなるのか?

転職においては有利な状況もあれば、不利な状況もあります。たとえば、優れた実績やキルを持っていれば、その業界では重宝されて有利になります。逆に、未経験だったりブランク期間があったりすれば不利になってしまいます。このように、転職においては不利・有利を分ける条件は多種多様です。

では、「在職中」というステータスはどう評価されるのか。そのことについて、在職中に転職活動を考えている方は、「在職中であるということは採用に影響するの?」「不利?有利?どんな印象や評価が下される?」なんて疑問や不安を感じる方も多いでしょう。

あなたも、在職中に転職活動をスタートさせようと考えているのであれば、同じような悩みを抱えてはいないでしょうか?

そこで、この記事では在職中の転職活動は不利なのか有利なのか、与える印象や評価はどうなるのか、そしてうまく進めるにはどうすればいいか、紹介していきたいと思います。

在職中の転職活動は、すぐに働くことができないという点では採用に不利

在職中に転職活動を始めるのは不利か有利か、いろんな意見がありますが、不利になってしまう一面も兼ね備えています。それは、すぐに働くことができないという点です。

退職までの日数や引継ぎがネックになる

在職中であるということは、現職の仕事を続けながら転職をしているということです。転職先の内定が決まったとしても、今の仕事を放り出してすぐに移ることはできません。

就業規則で「退職届は1か月前までに出す」と定められていれば、新しい会社に入社するまでには最低でも1か月はかかるということです。また、仕事の引継ぎなどの期間も考慮しなければいけません。

企業が求人を募っているということは、「今すぐにでも仕事ができる人が欲しい」ということです。「入社日は何か月後でも何年後でも、いつでもいいよ」なんて求人はないはずです。

つまり、すぐに働くことができる人材を求める求人に関しては、在職中であるということは、勤務開始日までの期間がネックとなり、不利になる傾向にあります。

「急募」の求人は確実に不利

もちろん、在職中での転職というのは普通にありふれたものなので、企業側もそれを考慮して入社日を調整してくれるところもあります。

しかし、「今すぐにでも働ける人材が必要だ!」ということで「急募」の条件で求人をかけている企業には、在職中であるということは100%不利な条件として見られてしまうでしょう。

どんなに優れた実績やスキルがあったとしても、「君は確かに優秀な人材で欲しいが、入社までに時間がかかるからね…」と言って断られてしまいます。

アピール次第では、良い印象や評価につながり、有利になる

しかし、一概に採用には不利になるとは言いきれません。在職中に転職活動をするということは、有利になる一面もあります。

在職中に転職活動を行うということは、ポジティブな理由があると思われる

転職希望者が転職を考える理由のほとんどはネガティブな要因です。人間関係・サービス残業・薄給・ルーチンワークなど、不満があっての転職決断になります。企業の採用担当者も、そのことをわかりきっています。

そして、退職後の転職活動だと、その点が疑われやすくなります。転職よりも、まず先に退職を優先したということで、「何かしら不満を抱えたから、逃げるために退職したのでは?うちの会社に入ってもすぐに辞めるのでは?」とマイナスな印象を与える可能性が高いです。退職理由や志望動機をうまくアピールできないと、確実に不利になります。

しかし、在職中であれば、その心配はなくなります。退職するつもりはあるけれども、それよりも転職活動を先に優先しているということで、転職に対してはスキルアップなどのポジティブな理由・動機があるだろうと評価されやすいです。退職後と比較する形になりますが、この点が在職中の転職活動においては有利になります。

仕事への意欲などのポジティブな理由を最大限アピールできれば、有利になる

もちろん、企業の人事は、「収入が減る心配がないから」「失敗しても大丈夫だから」など、在職中に転職をするありがちな理由についてもしっかりと把握しています。

しかし、「ポジティブな理由で転職する」と期待しているのも確かです。その期待に応えるように、あなたが応募先で仕事をすることへの意欲や熱意を熱弁できれば、それは確実に有利なポイントなります。

「今の安定した仕事があるのに、うちの会社へ移ることをこれだけ熱望しているということは、この人の熱意は本物だ!」と、人事をうならせることができるはずです。

中途採用で採用者を選ぶ基準は、専門的な技術職でない限りは、ほとんどが第一印象や仕事への意欲です。在職中であるということで、転職理由はマイナスに見られることが少ないです。その部分をうまく攻め入り、全力で熱意をアピールすることで、在職中であるということを最大限有利に活用できます。

在職中というステータスの不利をなくし、有利な点を最大限活かすことがベスト

「在職中」というステータスは、転職活動において不利に働く場面もあれば、有利に働くこともあります。つまりは、ケースバイケースです。。では、できるだけ良い印象や評価を与えて、在職中でも有利に転職を進めるにはどうすればいいか。

そのためには、不利をなくし、有利な点をできる限り伸ばすことが重要になります。マイナスとプラスが入り混じっている状態では、マイナスをゼロにし、プラスをさらにプラスすることで、ベストな状態を実現できます。

在職中の転職に置き換えて言えば、「すぐに働くことができない」という不利な点をなくし、「在職中でも転職を決意するほど、応募先への意欲・熱意があることをアピール」して有利な点を活かせば、それがベストパフォーマンスの結果を生むことになります。

では、具体的にそれぞれどうするべきか、紹介していきます。

不利をなくすには、採用まで時間の余裕のある求人を選択

まずは、不利をなくすという点から紹介していきます。在職中の転職活動において、「すぐに働くことができない」という不利な点は、素直に考えれば、「すぐに働くことができるようにする」ということで解消できます。

しかし、在職中であれば、どうやってもすぐに転職先で働けるようにすることは不可能です。その解消法はできないことになります。

では、どうすればいいか。それはとても簡単で、不利な点を解消するのではなく、不利になる求人を除外すればいいだけです

つまり、すぐに働くことは求められず、採用までに時間の余裕のある求人を選ぶことが、在職中での不利な点をなくすポイントになります。

具体的には、「急募」「すぐに働ける方歓迎」などの求人は避けるようにするべきです。反対に、「勤務開始日を調整できます」なんて書いてある求人が理想的です。不明な場合には、応募する前に問い合わせてみることをおすすめします。

有利になるには、自己PRでは熱意を最大限アピール

次に、有利になるにはどうするべきか。おさらいになりますが、在職中の転職活動は、まだ会社を辞めてはいないことから、不満や悩みなどのネガティブな動機ではなく、ポジティブな動機で転職を決めた可能性が高いと思われます。

つまり、仕事への意欲・熱意を素直に評価されやすくなります。そうであれば、その意欲・熱意を自己PRで最大限アピールすることが大切です。面接官を惹きつけるアピールができれば、良い印象を与えて、最大限プラスに評価されます。

あなたが転職先を決めた際には、やはり何かしらの思いがあるはずです。

  • スキルアップ・キャリアアップしたい
  • もっとやりがいのある仕事がしたい
  • チームワークで何かを達成できる仕事がしたい
  • より専門性の高い仕事をしたい

その思いをできる限り強くアピールすることがポイントです。そうすれば、「この仕事への熱意、間違いない!」と好印象・高評価を実現できます

転職エージェントを活用すれば、より有利に転職を進めることができる

さて、在職中の転職活動は、やり方次第で有利な方向に持ち運べるとは言っても、実際にそうするのは難しいものです。入社日までに猶予を与えてくれる会社を見つけるのは難しいし、実際に問い合わせるのも時間と労力が必要になります。それに、自己PRでもどうアピールするべきかわからないという方も多いはずです。

そこで、在職中に転職活動をする方は、転職エージェントを利用することで、できるだけ有利に転職を進められます。転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

転職エージェントでは、カウンセリングを通じて、あなたの経歴や希望条件にマッチした転職先を提案してくれます。在職中であるということを伝えれば、内定から入社日までに余裕の持てる求人だけをピックアップしてくれます。また、エージェントが企業の担当者と交渉して、入社日を調整してくれますので、より融通が利きやすくなります。

そして、面接での自己PR対策もばっちりです。在職中であれば、どのような転職理由や志望動機でアピールすれば内定をもらいやすいか、その面接対策の指導をしてくれます。プロの適切なアドバイスをもらえるので、合格率は大幅にアップします。

このように、転職エージェントを利用すれば、在職中の転職でも不利な点をなくし、有利に進めることが可能です。転職活動の面倒な手間はエージェントがほとんど代行してくれますので、現職の仕事との両立も可能になります。転職成功率がアップすることは間違いないので、利用することがおすすめです。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

【公式サイトはこちら】転職エージェントDODA