在職中に転職をする場合の転職理由や志望動機はどうすればいい?好印象を与えるためのポイントを紹介

「在職中に転職をしたいけれど、面接ではどんな転職理由や志望動機をアピールすればいいの?」なんて悩んではいませんか?

今の会社で働きながら転職活動もするということで、なんだか少し変な感じがしてしまい、「あまり転職に本気ではないと思われるんじゃ…」なんて不安がよぎってしまいますよね。

でも、実は在職中に転職をすれば、面接では結構有利になる傾向にあるんですよ。つまり、うまくアピールできれば、それなりに成功しやすい言えます。

そこで、この記事では、在職中に転職をする場合の転職理由や志望動機について、そのアドバイスや成功のコツなどを紹介します。悩んでいる方はぜひ読んでみてください。それではどうぞ!

在職中の転職だと、転職理由・志望動機を素直に評価されやすく有利である

冒頭で説明したように、在職中の転職だと面接が有利に傾く可能性が高くなります。在職中だと転職の面接が有利になると言うのは、退職後の転職と比較しての話です。まあ、転職は在職中か退職後の2パターンになるので、結果的に全体として有利であることは変わりはないんですけどね。そこでまずは、その理由について紹介していきます。

退職してからの転職だと、ネガティブ先行型の計画性のない印象を与えてしまう

当然ですが、中途採用の面接では、できるだけ好印象を与えることが必要です。キャリアアップだのビジョンだのやりがいだの、そのようなポジティブで無難なものを転職理由として語る方が多いでしょう。

しかし、転職希望者の大半は、転職を決めた本音はネガティブなものです。おそらく、あなたもそうではないでしょうか。人間関係・サービス残業・安い給料・ルーチンワークなど、このあたりが本音のはずです。

面接を行う人事は採用のプロです。転職希望者にそのようなネガティブな動機の人が多いのも熟知しています。そして、退職後であれば、よりネガティブな動機が強いと思われる可能性が高くなります。

なぜならば、仕事を辞めることを優先する形になっているからです。転職したいがため、無職になるリスクを背負ってまで、辞めるなんて人はいません。ましてや、キャリアアップなどのポジティブな動機であれば、別に仕事を辞める必要はありませんからね。

つまり、仕事を辞めてから転職を始めるということは、「それだけ前職が嫌だから転職を考えたのだろう」という印象を与えやすくなります。ネガティブな動機が先行しており、計画性のなさが顕著に表れているという印象を与えてしまいます。

在職中であれば、転職を優先しているので素直にポジティブな評価をされやすい

対して、在職中であれば、仕事は辞めていません。つまり、退職後と比べ、ネガティブな動機が強いとは思われにくくなります。その点は、在職中での転職のアドバンテージとも言えるでしょう。

とは言え、やはり転職はマイナスな理由が多いのが事実で、うまく転職理由を説明できなければ、「仕事は続けているようだが、やっぱり今の仕事がきついから転職を考えているんだろうな…」なんて印象を与えてしまいます。

しかし、上手にポジティブな転職理由・志望動機を説明できれば、それは素直にそのままポジティブな評価をされやすくなります。「すばらしい仕事への意欲だ!しかも、実際に今の仕事は辞めているわけじゃないから、辞めたいというよりも転職したいという気持ちの方が強いのだろう。この転職理由・志望動機は本物に間違いない!」という評価をもらいやすくなります。

退職後であれば、それだけマイナスな印象も覆さなければいけず、好印象を与えるのは大変です。しかし、在職中であれば、うまくポジティブな転職理由と志望動機を伝えれば、それがドストレートで伝わりやすくなります。その部分が在職中の転職の有利ポイントであり、勝機がります。そのため、在職中だから面接が不安と考えるのではなく、むしろ絶好のチャンスなタイミングと考えてもいいでしょう。

好印象を与えるには転職への思いをありのままに伝えよう

では、具体的にはどのようにして転職理由・志望動機をアピールすればいいのか。ストレートに評価されやすいといっても、やはりそれなりの熱弁が必要になります。しかし、難しく考える必要はありません。あなたの転職への思いを素直にそのまま伝えればいいだけなんですからね。

ネガティブな理由でもポジティブなものに変換し、仕事への意欲をアピールする

もちろん、ネガティブな理由をそのまま素直に伝えても、プラスには評価されません。「ああ、やっぱりか…」なんて採用担当者を落胆させてしまうだけです。好印象を与えるには、やはりポジティブな転職理由と志望動機が必要になります。

先ほども説明したように、転職はネガティブな理由が多く、あなたもそのうちの1人のはずです。そこで、そのネガティブな転職理由をできるだけポジティブに言い換えるようにしましょう。

  • 人間関係の悩み:「個々人の主体性が重視され、かつチームワークの良さを活かせる仕事がしたい」
  • 残業がつらい:「効率的な業務を行い、仕事のスキルや生産性を高めて成長していきたい」
  • 給料が少ない:「成果や実力に見合った評価を得られる仕事をし、それをモチベーションや目標にしてキャリアを積み立てていきたい」

このように、ネガティブの解消ではなく、転職することでその会社で獲得できるポジティブな夢・期待を仕事への意欲に関連付けて説明するといいでしょう。重要なことは自分本位にならず、会社への貢献や仕事への意欲をアピールすることです。

もちろん、あなたにはその応募先を選んだポジティブな動機もあるはずです。たくさんの求人の中から選ぶんですから、何かしら決め手はあるはずです。その部分もしっかりと考えて志望動機に含めることで、より説得力のある具体的な転職理由・志望動機を語れるようになります。

キャリアビジョンを語ればさらに好印象を与えられる

また、現時点での転職への思いだけではなく、転職後にその会社でどのようなキャリアを歩みたいのか、そのようなキャリアプラン・キャリアビジョンもしっかり語ることで、より好印象を与えることができます。

例えば、「将来的にはチームリーダーとして活躍し、生産性の高いチームを動かし、貢献度の高い活躍をしたい」「エンジニアとしてスキルを高め、スペシャリストとして第一線で活躍していきたい」なんて感じですね。

このように、キャリアを積み重ねた将来像を伝えることができれば、「こんなに具体的に将来のことを考えているということは、仕事はしっかりとまじめにこなしてくれるはずだ!それに成長してかなり貢献してくれる人材になってくれるだろう!」と好印象を与えることが可能です。

重要なことはとにかく熱意を伝えること

このように、仕事への意欲を踏まえたポジティブな転職理由・志望動機、そして将来のキャリアを見据えたビジョンの説明をすることで、在職中であればそれが素直にプラスに評価され、好印象を与えることが可能です。

とにかく大事なことは熱意です。面接では具体的なスキルを推し量ることは不可能なので、結局は第一印象や仕事への意欲が最重視されるようになります。

その点で優位に立つためには、熱弁が必要になり、難しいように思えますが、裏を返せば仕事への意欲を熱弁するだけで受かるということです。後は何もいりません。

あなたが転職する理由やその応募先への志望動機を、最大限強くポジティブにアピールしましょう。そうすれば、その熱意はしっかりと伝わり、仕事を辞めていないということで、本気であると思われやすくなります。マイナスなパワーはプラスへと転換するバネにし、あなたの転職へのポジティブな思いをありのままにぶつけるようにしましょう。

転職エージェントを利用すれば、合格しやすい面接対策をアドバイスしてくれる

しかし、やはり転職理由や志望動機は難しいもので、「上手なアピールがどうしても思いつかない…」と悩む方も多くなるはずです。

そこで、転職理由と志望動機を上手にアピールして内定を獲得しやすくするためには、転職エージェントを利用することがおすすめになります。転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

主に、キャリアカウンセリングを通じて、あなたの経歴や希望条件にマッチしたぴったりの転職先を紹介してくれます。そして、他にも転職活動に役立つサポートをたくさんしてくれるサービスで、合格しやすくするための書類・面接対策も行ってくれます。

合格するためには、どんな転職理由・志望動機にすればいいか、自己PRや質問の受け答えはどうすればいいか、イチから丁寧に指導してくれます。そのアドバイスを参考に、書類を作成し面接に臨めば、内定を獲得できる確率はグッと高まるようになります。

転職の面接は自力では困難なことも多いですが、プロのサポートを受ければうまくこなして転職成功率をアップできますので、ぜひ転職エージェントを利用してみることがおすすめです。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

【公式サイトはこちら】転職エージェントDODA