正直言って気持ち悪い!自画自賛ばかりで自分を褒める男性の心理21選

自分を自分で褒め称えることを「自画自賛」と言います。あなたの周りにも、自画自賛をする方はいるでしょうか。

特に男性の場合だと、自画自賛をすると女性から「気持ち悪い!」なんて思われてしまうことも多いです。

では、なぜ自画自賛する男性は、自分を褒め称えるのでしょうか。今回はその心理について紹介します。それではどうぞ!

自画自賛ばかりで自分を褒める男性の心理21選

1.自分に自信がない

自画自賛をする人に当てはまるのが、心の底では自分に自信が持てない人です。

自分はダメだと語る人に限って、心の底では自信に満ち溢れている、その対極に位置すると言えます。

  • 成功体験をあまり味わったことのない方
  • よく批判される方
  • 自分ことをわかってもらえない方

などが自信が少ない傾向にあります。

自信や成功体験がないがゆえ、

  • 自分を大きく見せたい
  • 自信がないことを隠したい
  • 自信がないことを否定したい

と思い、誇張・過大評価として自画自賛ばかりくり返します。

自らのプライドを守る様に、常に自分の心の中にある自信の無さを埋めようともがいているのです。このような男性を見ていると、ちょっと可愛そうな気持ちになってしまいますよね。

本当に自信のある男性は、わざわざ自画自賛などしません。それに、本当に素晴らしい人というのは、自然と人が集まってきますし、自然と周りが評価してくれるものです。

ただ、自信がないことの裏返しとして自画自賛してしまう人は、何かのきっかけで改善することが可能です。

自尊心を回復させてくれる誰か、または何かに出会った時、自画自賛から抜け出して他人の痛みがわかる人になるのです。

また、自分に自信がないということを意識的に受け入れることでも、自画自賛をやめることができます。

2.中途半端な自信がある

自信がないとは逆で、自信がある場合にも自画自賛をする男性が多いです。しかし、これは中途半端な自信の場合です。

本当に自信がある男性なら、色んな意見を聞いたうえで分析し、自分なりの意見を主張することができます。

しかし、中途半端に自信を持っていると視野が狭くなり、周りの意見を聞き入れられません。不安が募ることもあるでしょう。

結果的に、人の意見などどうでもよくなり、無理やり押し通すような性格になってしまいます。

その末路として、人の意見を聞かず中途半端な自信を持つことから、自画自賛ばかりの強気な発言を繰り返してしまいます。

少しでも自分が有利になるための強気な態度とも捉えることができますので、周囲からどのように思われても自画自賛をやめることはありません。

3.自分が本当に優れていると思っている

自画自賛する男性の中には、本当に自分が優れている、自分の行った仕事の成果がすごいと本当に思い込んでいるケースがあります。

このケースは心理的な背景が何かあると言うより、無知で世間知らずがその要因と言えます。

高齢者が、「今の若者は…」と言って、昔の自分を自画自賛する場合には、こうしたケースが多いと言われています。

こうした男性は、世間知らずから自分が優秀だと思い込んでいるため、周囲から見れば自分に優しく、他人に厳しく接する事が多く、あまり成長するタイプとは言えません。

4.自己愛の強いナルシスト

やはりありがちなのはこれです。自画自賛をする男性には、自分のことが大好きなナルシストな性格の人も多いです。

本人はとにかく自分のすごさをアピールして、自分が輝いてることを相手に知って欲しいという心理があります。

たとえば、SNSなどに自撮りアップを行い自己満足をする男。まさに自分に惚れ込んでいますね。

ほかに、それほど取り組んでもいないことさえも、まるでやり尽くしたかのように説明をする傾向にありますが、中身は薄く呆れられるのがオチです。

とにかく自分が大好きで、自分がすることは全てが正解だと思い込んでします。自分のことばかり主張しては、相手には面倒極まりないです。

このタイプは客観的な視点がなく、主観的な状態に陥り、視野が狭ばっている状態です。だからこそ自撮りなどをして、自分への愛を自分自身で満たしています。

また、他人から愛されることがないため、自身で愛するしかない方も、自己愛が強くて自画自賛する傾向にあります。

5.自分に注目を集めたい

自画自賛はアピールです。つまり、みんなに注目してもらいたい心理が働いています。

これはナルシストはもちろんのことですが、あまりコミュニケーションが得意ではなく、口数が少ない方にもあてはまることです。

たとえば、仲間でワイワイ話しているとき、いつもは口数が少ないのに、仕事の話題等になった時、急に自分の成果を過剰に自画自賛する男性がいます。

こうした男性は、無意識に自分に注目を集めたい、自分をアピールできる話題がほしいという心理が働き続けており、ここぞとばかり自画自賛しているのです。

実際に仕事の成果を上げ、そこそこ優秀なケースが多いのは事実です。しかし、場の雰囲気をわきまえずに自画自賛する男性は、仲間からつまらない奴と思われがちです。

仕事がそこそこできても、人間の幅を広げ、話題豊富にならねば、成長がとまり出世も望めなくなるタイプと言えます。

6.マイペースで自分勝手

自分がやることなすこと全てがすごいと思えてしかたなく、すぐに何かやるたびに自画自賛する男性もいます。

このタイプは簡単に言ってしまうと、マイペースで自分勝手。相手のことなど一切考えていません。

他人が褒めてくれないことから自画自賛をするわけでもないので、根っからの自画自賛タイプとも言えるでしょう。

同時に、最も面倒なタイプでもあります。自己中心的なので、人の意見など一切気にもしない面倒さも兼ね備えています。

7.批判されるのが嫌い

自画自賛する人は、プライドが高いと言われており、頑固な方が多いのも見受けられます。

相手に批判されるのが嫌いで、なんでもわかってほしいと思っています。

批判されたら、つい反抗してしまい口論になることもあるので、話を聞いてあげて同意してあげると嬉しい気持ちにさせることができます。

なので、自画自賛をする人は簡単に言えば、単純で子供のような気持ちを持っている可愛らしい面影がある人なんです。

誰かにわかってもらえば、自画自賛しなくなります。

8.傷つきたくない

自画自賛する人の特徴として、「心に傷をつけたくない」「自我をなくしたくない」という方が当てはまります。

本当は不器用なんですが、なんでも威張って自分はできると伝えます。

その人の心理は、自分を傷つけたくないからであり、自分の気持ちをコントロールするためでもあります。

そのため、反抗されたり批判されたりするとすぐに不機嫌になります。自分は出来ることがあまりないと知られたくないからです。

このような人には批判を言いつけるのではなく、「こうしてみたらどうかな」と意見やアドバイスを伝えてみましょう。

9.寂しがり屋

実は寂しがり屋の男性にも、自画自賛をする傾向があります。

寂しがり屋の方は、コミュニティが少なく、さらにコミュニケーションが苦手な方が多いです。

つまり、自分から輪の中に入れずだけど、実際は中心にいたかったり、みんなと和気あいあいとしたいが、自身の性格が邪魔をしてそうすることが出来ません。

結果、

  • 寂しさを晴らしたい
  • 周囲にかまってもらいたい
  • 放っておかれてたくない

という気持から自分の自慢をして周囲にアピールします。

寂しさを晴らすため、「常に誰かに自慢していたい」ということで、度重なる電話やメールなどの連絡を周囲にし続けるという、強烈な依存体質にも陥りやすいです。

ただ、周りに打ち解けようとする目的としては、完全に逆効果ですね。

自画自賛ばかりなどくだらないからです。それに、周囲はずっとかまっていることもできませんから面倒が起こりがちです。

逆に人がどんどん離れていってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

10.自分のことを認めてほしい

自画自賛をする男性には「自分の武勇伝をとにかくアピールしたい!」という方も多いですが、そうでない方もいます。

では、そのような方がなぜ自画自賛をするかと言いますと、それは自分の事をもっと認めてもらいたいからです。認めてもらい、対等な関係性で付き合いたいのです。

突き詰めていくと、「自画自賛を聞かされる人」というのは、「自画自賛する男性」から一目置かれているということに他ならず、それを考えると決してうるさい存在ではありません。

11.他人に評価してもらいたい

普通に話すだけでも、もしそれが本当にすごい内容ならば、あえて自画自賛しなくても、その内容が相手に伝わります。

しかし、それにも関わらず自画自賛してしまうのは、自分自身に能力が無いということを少なからず自覚しているからです。

その人にとって成功することは稀なこと。それゆえ、他人から評価されることもめったにありません。

結果、評価を求める欲求が強くなります。能力が無いにも関わらず、少ない成功によって自分を過大評価させようと、ここぞとばかりに自画自賛をしてしまいます。

12.相手に好かれたい

自画自賛という言葉を聞くと、どちらかというとネガティブなイメージが先行しがちですが、決してそうではありません。

相手に好かれたいという、前向きな心理を抱えていることもあります。

とりわけ、男性の女性に対する自画自賛は求愛行動としての側面がふんだんに備わっています。

恋愛対象ではなくても、自分のいい面を伝えることで、好印象を与えたいと思っているのです。

なので、人によっては、「自画自賛ばかりしてウザイ」みたいな感じで一蹴せずに、一度しっかりを話を聞いてやってください。きっとピュアで真面目な部分が垣間見えてくることもありますよ。

13.他人から崇拝されたい

自画自賛ばかりしている男性、自分のえらい部分ばっかり話続ける男性には、まるで神様のように崇拝されたい、という気持ちがあるのです。

神様とまではいなかくても、崇拝されたいという気持を少なからず持っている方は多いです。

崇められようと思いますと、崇める人を作らなければなりませんから、周囲に対して自画自賛を発信し続けるのです。

このタイプは、実は能力のある人にありがちなパターンです。周囲は適当に崇めて対応し、仕事をしっかりするように盛り立てていきましょう。

14.女性にモテたい

自画自賛ばかりする男性の心理には「モテたい」という強烈な感情を持つ方もいます。つまり、普段はあまりモテない男性とも言えるでしょう。

本当に魅力がある男性ならば、たわいもない世間話や自然な話をできるし、自慢話をしなくても相手の方から構ってくれます。

ところが、魅力の無い男性は、自分からあえて話題を作らなければ話のきっかけすらありません。そもそも何を話していいかわからないという場合も多いです。

そこで、とりあえず手っ取り早いのが自慢話です。「とにかく女性にモテたい!」と思っているので、自分の良い部分をたくさんしゃべって相手を惚れさせようとするのです。

それゆえ、どうしても話の内容が大げさになってしますのです。最初は普通の話をしているつもりでも、だんだん話が大きくなっていき、最終的には自画自賛ばかりして、独りよがりな話へとなってしまいます。

年配の男性になりますと、若いころは格好良かった、という思いが強いだけでなく、周囲の若い魅力的な男性の文句を言うようになるのです。

自画自賛話には、実際の話だけではなく、架空の話も含まれていますが、事実がどうであれ、自画自賛のオンパレードはつまらないので興味を持ってくれることはありません。

ターゲットにされる女性としては大変面倒な思いをするはずです。「こいつ自慢ばかりで気持ち悪い!」と思われてしまうでしょう。

迷惑に思われる女性ならば、「かっこ悪い男性が好きなの。」という態度を全面に出しますと、相手が引き下がる可能性があります。

15.失敗を隠したい

何か見つかりたくない失敗を隠そうとする場合に、自画自賛に走る男性がいます。

自分の失敗を自覚しているがゆえに、それを何とか隠そうとする過程で、どんな些細なことでも自画自賛することで発覚を免れるのではないか、という心理が働きます。

たとえば職場の同僚が、急に声高に自画自賛すると思った時は、何か隠していることが疑われるでしょう。

とりわけ、普段あまり自画自賛しないタイプの人も陥りがちな心理です。あっさり見つかってしまうことが多いので、どちらかというと可愛らしく見えます。

16.嘘を隠している

ずばり嘘を隠している時にも、自画自賛に走りやすいです。嘘から話題を逸らすために、自画自賛に走るのです。

たとえば、旦那がやけに会社での自分を持ち上げる、そういう話を立て続けにする場合、何か隠していると判断して間違いないでしょう。

ただし、嘘を隠す人間の心理は陰湿になりがちです。家庭ですと、浮気や借金といった切羽詰まった問題が絡んでくると、自画自賛せざるを得ないと言えます。

失敗を隠すより必死になるケースが多いのです。

17.現状に不安・不満を抱えている

過去の栄光について、自画自賛する男性もいます。それは、自身の現状に不満や危機感を感じている可能性があるからです。

現在の自分自身から逃げる様に、過去の栄光にすがりつくという状態に思考がはまりこんでいる状態です。一種の現実逃避です。

つらい現実から逃げ、過去の良い出来事を思い返して悪い気がする人はいないでしょう。

成功体験が少ないことも、過去の栄光にしがみつく自画自賛タイプになりやすいです。

自分の本質を見極めようとする謙虚さがあれば、自画自賛をしようという気持ちにはならないはずです。

過去の成功にひたる甘美な気持ちが、心の内側で今の不安に満ちた気持ちを埋めてくれるので、現在周りにいる人たちにもそれを求めるように自画自賛をします。

18.気持ちが外側に向かいがち

自分を内省するなど、気持ちが内側に向かいやすい男性と、外側に向かってアグレッシブに向き合おうとする男性がいます。

前者は、自分の内面を掘り下げる事で喜びを得ますが、後者は外側に何かを残す事で喜びを得るタイプです。

しかし、現状に対し不満が強い、またはプライドが保つ事ができないような現状がある場合、自分以外の人から評価を得る事「だけ」に執着することがあります。

承認欲求がとても強いのですが、その根拠を自分自身が認めていなかったり、周りの人達が認めていないと認識している場合、自画自賛が過剰になります。

19.負けず嫌い

自画自賛ばかりする男性の心には、負けず嫌いで、常にナンバーワンでありたいという欲望が渦巻いています。

  • 誰よりも活躍したい
  • 誰よりもかっこいい
  • 誰よりも能力がある

という自意識過剰状態にあります。

このような男性に、「実は○○さんが一番ですよね」とほかの男性のことを話すと、激怒する可能性があるのです。

なぜなら、負けず嫌いで「自分が一番だ!」というタイプですから、他人が自分よりも上にあるということは許せないのです。

しかし、負けず嫌いを裏返せば、頑張り屋さんともとらえることができ、その点は評価するポイントにもなります。

20.支配欲求が強い

自画自賛ばかりする男性には、相手を支配したいという願望を持っている方もいます。相手の頭の中を、自分への羨望で支配したいという気持ちが強いです。

承認欲求や異性にモテたいという心理にも似ていますが、自分への評価よりも、他人へ対する欲求のほうが強いタイプです。

支配的な欲望を持っている方は、狂気的な側面も持ち合わせている可能性が高いため、関わらないようにすることがおすすめです。

21.強い上昇志向がある

自画自賛ばかりしている人には、自分を誇張しようという方もいますが、本当に優れた能力に恵まれている人もいます。

そのような方は自分自身を賞賛することにより、「誰よりもえらくなるように!」と技術を磨き、切磋琢磨してナンバーワンを目指す傾向があります。

自己能力が高く、オンリーワンの境地になっても、さらなる上を目指して頑張る上昇志向の持ち主です。

そして、将来をしっかりと見据えて、次のプロジェクトや収入源までも見据えた行動、勉強を進めている傾向があります。

天性の頭脳と努力から有能な人材になりますので、世の中の役に立つタイプになります。

まとめ

以上、自画自賛ばかりする男性の心理です。

自分のことを褒めまくる男性には、自分に自信がないことの裏返しであったり、はたまた本当に自分のことがすきだったり、相手に好印象を与えたいだけかなど、色んなタイプがあるものです。

周りに自画自賛ばかりする男性がいれば、「うざい!」と一蹴せず、どんな心理で自画自賛をしているのか考えてみると良いでしょう。

本当にうざいタイプであれば、遠ざければいいし、可愛げのあるタイプならば、上手に対応してみるのがおすすめです。

自画自賛ばかりする男性とは、そのタイプに合った関わり方をすることがおすすめですよ。