誰からも嫌われる女にありがち!自画自賛する女性の心理17選

「私って、すごいかわいいよねー」なんて自画自賛する女性はあなたの周りにはいますか?

まあ、こんなあからさまな自己賞賛をする方は少ないですが、さりげなく自分のすごいところをアピールする女性は結構いると思います。

そんな自分アピール大好き女は、異性・同性関わらず嫌われやすいです。でも、なんでそんな自画自賛ばかりするのでしょうか。

そこで、今回は自画自賛ばかりする女性の心理について紹介しようと思います。周りに自画自賛女がいる方はぜひ読んでみてください。それではどうぞ!

自画自賛する女性の心理17選

1.特別扱いされたい

自画自賛するというのは、過去の武勇伝を声高らかに語り、どれだけ功績を上げたかアピールすることです。

誰しも一度くらいは、自慢したくなるような武勇伝があるものです。たとえ些細なことであっても、自分が自信をつけるきっかけになった出来事です。

具体例には、美人・性格・男ウケなどの一般的なものから、仕事の成功や人助けをしたなどのストーリーになっているものもあります。

それらを自画自賛する女性は、他人より自分が勝っていて、他の人とは違う特別な存在だと思い、周りにもそのように特別扱いされたいと考えているのです。

  • 他の人とは違うと思われたい
  • 自分と他人との差を見せつけたい
  • こんなに凄い人間なんだと相手に認めさせたい

なんて考えます。

人間なら誰しも、自分が特別な存在でありたいという欲求はありますが、彼氏のいない女性にこの傾向は強いです。

特定の彼氏と付き合っている場合、彼氏から見るとその女性は特別な存在になります。愛する彼氏からそのような特別扱いを受けることで、自分自身が特別なのだと認識します。

しかし、彼氏がいない場合、もしくは彼氏がいても特別扱いされていない場合、「特別でありたい」という欲求が満たされていないので、自画自賛をすることがあります。

自画自賛することで、自分は他者とは違い特別なのだということを周りにアピールし、自分にも自己暗示をかけているようなものです。

2.賛美の快感に酔いしれたい

ここ最近、SNSでの自撮りやリア充アピールが流行っています。

あからさまな自画自賛は普通のコミュニケーションではドン引きされる一方ですが、SNS上のバーチャル空間では真逆になります。

SNSでは「いいね」「コメント」が礼儀のようなものと化しており、自撮り写メや動画にはそれらがたくさん寄せられます。

たくさんの賞賛を得られえば、誰もが嬉しいものです。同時に、快感に酔いしれ、それにはまってしまい、自画自賛ばかりする女性が多いです。

たとえば、好きな女優やモデルを真似したヘアメイクを披露し、「○○風の私」を演出したような投稿です。

フォロワーから「○○に似ている!」とコメントを寄せられると快感をおぼえ、自分に酔いしれ満足します。

上で説明したような特別扱いが実現され、さらに好きな女優・モデルへの自己投影も叶う。自画自賛ばかりする人にとってはSNSは最高の空間であり、自画自賛をやめられなくなります。

3.かまってほしい

自画自賛する女性の心理として、自分のことをかまってほしいと考えている方が多いです。なかなか人との距離をつかむのが苦手で、いわゆるかまってちゃんなタイプです。

寂しがりやで、誰かと一緒でないと落ち込んでしまう事も多く、とにかくかまってもらいたくて、コミニュケーションの一つとして自画自賛し、相手に自分を見てほしいと思っています。

ただし、自画自賛は他の人にとってはうざったいだけなので、社交的で人見知りせずにすぐに誰とでも仲良くなるのですが、その付き合いが長続きしない傾向にあります。

しかし、それでも一人になる事を嫌がり、たえず誰かと一緒にいたいと考えます。寂しさを紛らわすため、また別の誰かに対して、注目を集めるために自画自賛をするようになります。

精神的に幼稚で、依存心も高い人が多いです。突き放すとかえって執着してくる場合もあるでしょう。

4.自分に自信がない

本当に美人ならば、「自分は美人だ!」なんてアピールはしません。賢い人も、「自分は賢いぞ!」なんて威張ることはしません。

周りから褒められることに慣れているので、自分で自分を褒めるまでもありませんから。それゆえ、本当に褒めるべき能力がある人は、謙虚な態度になります。

しかし、自画自賛する女性は、人から褒められることが少ないです。それゆえ自信を持つことができないので、自分で自分を褒めるようになります。

そうすることで、自分を正当化し、周りにも自身がないことをばれないようにと、必死にごまかしているのです。

本当に自信がある人なら、たとえ他人に褒めてもらったり認めてもらわなくても、自分というものがはっきりとあるので、自画自賛をしたりはしません。

そのことから、かわいそうな女性ということになりますね。

5.人に褒められたい

自分に自信がないことをごまかすために自画自賛すると説明しましたが、そのような人は、同時に他人に褒められたいという心理も抱えています。

子どもの頃は親が無条件で褒めてくれたものですが、大人になるとそう簡単に周囲に褒めてもらえる機会もありません。

身近な人で自分を褒めてくれる人がいればいいですが、自分のことを理解してくれるような友人や恋人などがいない場合は困ります。

そのような自尊心をくすぐってくれる存在がいない女性は自画自賛することで、褒めてもらえない気持ちを満たそうとし、同時に他の人も褒めてくれることに期待するのです。

また、褒められること自体が好きだというタイプも自画自賛が多くなります。人から褒められることが好きで、褒められることに喜びを感じ、よく言えば、褒められて伸びるタイプです。

ただ、人から褒められるだけでは満足できないもしくは、あまり褒められないから自分で褒めるしかないなという結果の表れでもあります。

自分を褒めるということで、自分の中の欲求を満たしているのです。

6.人よりも優位に立ちたい

自分は相手より優れている、あなたは私にかなわない、ということを知らしめたいために、自画自賛する女性もいます。

たとえば、友達が話している最中に、「そういえばこの前私も告白されてー」などとすぐ自分の自慢話に持っていってしまいます。

それによって尊敬や羨望を集め、集団の中で自分を大きく見せ、できるだけ自分自身の地位をあげようとしているのです。同時に自己満足の欲求も満たそうとしています。

このようなタイプはとても負けず嫌いで、勝手にライバル心を燃やしてくる場合があるので、注意が必要です。からまれそうだったら逃げるが勝ちです。なるべく相手にせず、徐々に距離をおいていけるといいですね。

7.自分の欠点を隠したい

自画自賛を繰り返す女性の中には、自分自身の欠点や弱さを隠したいがゆえにそうしている場合もあります。

心理学のハロー効果のように、学歴・容姿・家柄・財産などを自慢し、それによってあたかも自分が立派な非の打ちどころのない人間であるかのように見せ、自分自身の短所を隠そうとしているのです。

このような場合、自分には直接関係のないもの、自分が勝ち取ったものではものの自慢が多いです。たとえば、学歴のない親が、我が子の学歴をひけらかし、威張ることと同じです。

まさに薄っぺらい中身をごまかし、自己肯定・自己弁護をしているようなものです。自分で自分を褒めないと、存在価値や意味を見出だせないでいるのです。

しっかりとしたアイデンティティがあれば、自分自身を偽る必要はありませんからね。

そのような行動には、個人の精神的な弱さが隠れているのですが、それを本人自身も自覚していないことが多いのも特徴です。

8.自分を大きく見せたい

自分の欠点を隠すと同時に、本来の自分よりさらに良く見せたい、より大きく見せたい心理が働くことで、自画自賛ばかりする女性もいます。

つまりは見栄っ張りです。

このタイプは、他者に対する評価には常に辛口なのに、自分に対する評価は非常に甘く自己評価が高い傾向にあります。

自分の悪い点に関しては見てみぬふりをし、良いことだけを大げさに持って自画自賛をするのです。

もちろん、本当はこうありたいと思う自分と現実の自分とのギャップがあることは、本人も理解しています。

だからこそ、そのギャップを否定したいがゆえに、自画自賛することで「理想的な自分像」を執拗に主張しているのです。

高いブランド品を持つことと似ています。ブランド品を身につけると同様、過大評価を主張することで、自分の価値を1ランクあげるような錯覚をしている感じです。

本人は主張することで快感を得ていますが、他人から一目おかれたいと言うその心理は、本人のエゴにしか過ぎません。

9.何か企んでいる

自画自賛をよくする人にはそれによって何らかの利益を得ようと企んでいるケースもあります。

人前で自慢話をして、立派な人間、尊ばれるべき人間として振る舞い、自らの人間的な価値を上げようとします。

専門知識を豊富に持っている場合には、それらの知識や成功例を自慢して、能力をひけらかします。つまりは自分の宣伝をします。

するとそれに騙されて、その人を信じ込み、儲け話や割の良い話を持ち掛け、仲間になろうとする人が現れます。

金銭だけでなく、社会的地位を高められるうまい話なども転がり込んでくることがあります。それを利用して、ステップアップしようと企図するケースもあるのです。

偉そうにしている人間に特に多いタイプといえるでしょう。とは言え、向上心は確かなので、高い能力を持っている可能性もありです。

10.認めてもらいたい

自画自賛する女性の心理として一番多いのが、他人に認めてもらいたいという承認欲求です。

人間は社会的動物であるため、社会または集団の中で認知してもらいたいという欲求があります。いわゆる承認欲求です。

他人に認められている人は自画自賛することはありませんが、他人から認められていない人は、他人に認めてもらいたいがために自画自賛をしてアピールをします。

特に、自意識過剰の人に多い傾向です。他人からの評価をよりいっそう気にしているので、少しでも認めてもらおうと自画自賛してしまいます。

他者に同意を求め、同時に自分の存在を強く肯定するのです。

11.尊敬されたい

周囲からの尊敬を集めたいという気持ちが高まって、自分をすごく見せようと自画自賛してしまう女性も多いです。

「私ってとっても良くできるのよ、有能なの!」「こんなケースも成功したし、あんなケースだって成功したのよ!」ということを知らしめるためにひたすら自慢を展開する女性です。

「すごいねー!」と尊敬の眼差しを集めたいのでしょうが、聞いているこっちからしてみれば、面倒くさいだけです。

はいはい、と適当な相槌を打ちながら、機嫌よくしゃべらせておきましょう。

12.あこがれの人がいない

自画自賛をする人には、あこがれの人がいないというタイプも目につきます。

たとえば、あこがれの好きなモデル・アイドルがいるとすれば、

  • あんな顔になりたい
  • あの人みたいなスタイルになりたい
  • あの人みたいな洋服を着こなしたいなど

理想が生まれます。

同時に、自分とその人を比較するはずで、「自分はまだまだその理想に達していないな」と感じれば、驕り高ぶることはしません。

しかし、このようなあこがれの人がいないタイプの女性は、自ずと視野が狭くなり、自分を基準として物事を考えやすくなります。

結果的に、「自分のすごいことは他の人にはない」と思うようになり、自画自賛アピールの雨あられになります。

上の存在を知らない井の中の蛙のようなものです。

13.相手を幻惑したい

自画自賛する女性の極みには、自分の功績を話し、相手を魅了して幻惑し、自分の思い通りに人を動かしたいという気持ちがあります。

「自分は優れているから、人のためにたくさんのことができる」と説いて、人を幻惑するのです。

何か裏があります。聞く人は、何事も心から信じてはなりません。自分の頭で冷静に考えて冷静に対応する必要があります。

しかし、そんなタイプの人は、いかにも幻惑されました、崇めています、という態度で接することで、より仕事をさせることもできるので、逆に利用するというのも一つの手です。

14.相手と仲良くなりたい

自画自賛する人の心理は、自画自賛する相手の人と仲良くしたい場合があります。

仲良くなりたい人に、自画自賛することで、すごい人・いい人アピールして仲良くなりたいのです。

本来なら仲良くなりたいとストレートに言えばいいのですが、自画自賛する人はなかなか自分の本心が言えない人が多く素直にそのことが言えません。

しかし、仲良くなりたいのは確かなので、自画自賛で話すことで、自分と仲良くなって欲しいとアピールをするのです。

15.自分のことが大好き

見るからに、または話していると、この人自分のこと大好きだなとわかるタイプの女性がいます。そういった人は、とにかく自分の容姿や、自分の性格、自分の全てが好きです。

そんな風に、自分のことが大好きすぎる人は、ついつい口から出てしまうほど、自分を自画自賛で褒めまくるのです。

自信の表れもありますが、とにかく自分が好きすぎてそれを意識したい、そして他に人にも自分の魅力をわかってほしいということで自画自賛してしまうという、少し嫌がられるタイプとも言えます。

16.不安や焦りを隠すための先制攻撃

女性は不安や焦りを感じた時、一人でも多くの人に相談をする傾向があります。そんな場合に自画自賛を交える方もいます。

この場合、全く関係のない話を持ち出して、「私ってこんなにすごいんだよ!だから、この問題も大丈夫だよね!?」みたいな、支離滅裂な屁理屈で回答を求めてきます。

自分は間違っていないという前提で話を進めるのです。自分自身を賞賛することで正当化し、さらにそれを相手にも押し付けることで、相談相手から「あなたは正しい」と言って欲しいのです。

正しいと言われれば自信がつきますし、揺らいでいる決断を確信へとシフトすることができるからです。

誰かに欠点や判断ミスを指摘される前に、敢えて自画自賛だらけの相談をもちかけることで、先制攻撃をしていると捉えて良いです。

弱点を見せるのを嫌う傾向があるので、不安や迷いがあったとしても、心をさらけだすことはありません。

ただひたすらに、自分がすごい・正しいアピールし、その同意を求めているのです。

17.自分の否を認めたくない

自画自賛する女性は、相手に責任を押し付けて自分には否がないということをアピールするために、自画自賛をしてしまいます。前述した先制攻撃と似ています。

そのため、人間関係のトラブルなどが生じた時、自分に否があると認めて悪かったと思うことができません。いつも正当化しようとします。

結果、「自分はこんなにも努力をしているのに、相手が自分に応えてくれないからうまくいかないのだ」という結論に達してしまいます。

もっと素直になることができればいいのですが、素直に謝ることができないため、人間関係に亀裂が生じて修復することができない傾向にあります。

まとめ

以上、自画自賛する女性の心理でした。

SNSで注目される快感に酔いたかったり、褒められたい、尊敬されたい、はたまた自分の欠点を隠すためなど、ポジティブ・ネガティブの両方の心理があります。

もしも自画自賛ばかりの女性が周囲にいるのであれば、どのタイプなのか判断してみてください。そうすれば、最適な対処が見えてくるはずですよ。