自画自賛ばかりの上司や仕事・職場仲間への対応方法のコツ19個とは?

あなたの職場には自画自賛ばかりする上司や同僚などの仕事仲間はいるでしょうか?

そういう人ってとてもうざいですよね。こっちの迷惑も気にせずに、仕事中でも飲みの席でも自画自賛ばかり…。

なんとかしてうまく対処したいもの。そこで、この記事では自画自賛ばかりする上司・同僚などの職場仲間への対応方法について紹介します。それではどうぞ!

自画自賛ばかりの上司や仕事・職場仲間への対応方法のコツ19個

1.適当に話を合わせる

自画自賛する人の話は、誰も聞きたくありません。自画自賛する上司や同僚をもつと、すごく大変ですよね。

そういったタイプの人は、自分の話をよくしたがったり、すぐに自画自賛にもっていこうとします。また、自己中心的な部分もあります。

ダイレクトに反論や無視行動をしてしまうと、その人に怒られたり嫌われたりします。その人がグループの中心であれば、全体の調和を乱しかねませんし、上司であると、職場において不利な立場に立たさせる可能性も考えられます。

ですので、まずは相手のペースに合わせてあげるようにすることが基本です。話を聞いてあげることがひとまずの対処法として考えられます。

ただ、聞く側が毎回まともに聞いていたのでは、疲れてしまいます。自分の精神衛生上も良くないですね。そのため、聞いているけどうまく聞き流すことが、しんどくならない対処法です。

そのため、話を聞いているフリをして、適当に話を合わせるようにしてみてください。すると、疲れることが少なくなります。

相槌は打つのがポイントです。実はあまり聞いていなくても、そのような人にはあまりバレないものなのです。

聞き流すことができれば、聞く側のストレスも軽減できます。「また自画自賛始まった…」と思っても嫌な顔をせずに適当に聞きましょう。すると難なく過ごすことができます。

これは同僚の場合におすすめ

特にこれは同僚の場合におすすめです。上司とは違い、同僚からは仕事について評価を受けたり、直接自分に危害が及ぶわけではありませんので、それほど神経質に身構える必要はありません。

しかし、職場内で波風を立てないためにも、適当にあしらいつつ、適度なリアクションはとるようにします。

そうすることで、とりあえず相手は話を聞いてくれているのだと安心してくれて、変な波風も立てることはありません。ちょうどいい距離の付き合いを保つことができます。

2.かわいそうな人と思いながら聞いてあげる

自画自賛をする人は、ほかの人から褒められることが少ないので、自分から人に自慢を話すことが多くなります。

本当に自分が心を開いている信頼できる相手、また、自分の事を信頼してくれる相手がいない人が多いです。

潜在的意識の中で、「自分は誰にも必要とされていない、寂しい」という気持ちがあり、誰かに自分という存在を認めてもらいたいという自己肯定の気持ちが強いです。

それゆえ、自分はすごい人だと誇示してしまいます。そうすることにより、自分の気持ちを安定させているのです。

つまりはかわいそうな人なんです。なので、「自信過剰な人でかわいそうな人だな」と思って真剣に聞いてあげることも一つです。

かわいそうだと思ってしまえば、こちらもいちいちいらつくことはないです。むしろ、一生懸命自分の話しを聞いて欲しい小さな子供みたいに思えてきて楽になりますよ。

3.ネタがなくなるまで話させる

自画自賛ばかりする人でも、自慢話が無限にあるわけではありません。なので、ネタが尽きるまで話させるということもおすすめです。

その際のポイントは、上述したように、聞き流すこと。適当かつうまく相槌を打って、相手のことを理解していることを示してあげます。

1つの自画自賛が終われば、何か他のことを話さなければなりません。やがて話し尽くしたら、自画自賛のネタそのものがなくなってきて、おとなしくなります。

この方法は、過去の経歴や成功、身内の自慢などのような、生涯に何度も起こるわけではない特定の出来事に関して自画自賛をする人に効果的です。

4.矛盾している部分を突く

自画自賛ばかりする人の多くは、話を大げさに盛りがちです。ですから矛盾する部分が生じ、そこを質問することも効果的です。

アリストテレスの弁証法のごとく、もっと聞きたいフリをしながら、その答えによって本人の自慢話がいかに他愛のないことかを分からせてあげるのです。

このように誇張して話す人は、最も基本的な事実関係を確認するだけで、ストーリーを崩壊させることができます。

いつ、どこで、誰と、などを優しくオブラートに包みながら尋ねると、相手は徐々に言葉につまってしまい、最終的には口数が少なくなるでしょう。

5.ブラックジョークでさらりと突く

あまりにいつも自慢話を聞いているのも大変なものです。

それでも長い付き合いをしないといけない間柄なら、たまには何気なく皮肉を言うのも、スッキリとした思いで付き合えるポイントになります。

モテすぎてしかたがないという話をしていた場合、「それだったら離婚してもさしつかえないですね。また相手がいつでも見つかるので。」なんていう、ちょっとしたブラックジョークを突き付けましょう。

相手は褒められているような、そうでないような複雑な思いになったりするのですが、ちょっと詰まって話がずれることが多いものです。

6.疲れたアピールをしてやり過ごす

自画自賛ばかりする人でも度が過ぎた場合には対応するほうが辛くなってしまうことがあります。

常に自分が一番で、人からちやほやしてもらわなければ気が済まないタイプの人間がいると、周囲の人間は疲れますよね。

そんな時には疲れを全面に出して、疲れたアピールしていきましょう。そうすれば、自画自賛する人も察してくれる可能性があり、威張りもちょっと控えめになる可能性があります。

7.自分の自慢で対抗してはいけない

相手の自画自賛ばかりされていると、時には対抗してこちらからも自慢話をしかけたくなる時があります。

しかし、このような対抗は絶対にしてはいけません。自画自賛話をしてくる人の特徴として、心が狭いということがあげられます。

このような人に対して、争ってさらなる自画自賛をするとどうなるかということは容易に想像できます。

自尊心に傷がつき、何らかの嫌がらせをされるでしょう。良好な職場環境を築くためにも、余計なことに口を挟まないようにしましょう。

8.軽い気持ちで褒めてあげる

自画自賛ばかりする人の多くは、自尊心が欠けています。誰にも褒められないので、自分で自分を褒めるしかありません。自ずと自画自賛する習慣がついてしまっているのです。

自画自賛が激しいということは、自画自賛することにより周りに褒めてもらって、「自己肯定感」を得たいのです。

この手の人は話を独占するタイプではありません。しかし、会話の中では、ことあるごとに自分のストーリーを含めようとするタイプです。

上司や同僚などの職場仲間の自画自賛が過ぎると、「いい加減にしてよ・・・」と思いがちですが、ここは5歳児を褒めると思って、褒めてあげましょう。5歳児の子どもだと思えば、少し優しい気持ちで受け止められます。

持ち上げすぎたり、難しい褒め言葉は必要ありません。ただ、さらっと褒めるだけでも、そういったタイプの人は嬉しいものなのです。

ですので、褒める時はさりげなくするとよいでしょう。

当たり障りのない褒め言葉を二つ三つかけてあげるとおとなしくなります。この余裕を相手に見せることが効果的なのです。

特に上司には褒める対応をするべき

同僚の場合には対等に接することができるので、無視するなんて対処もありますが、これが上司となるとやっかいなものです。

自分のことを祭り上げて、自慢ばかりする上司がよくいます。特に、過去の栄光にすがって仕事をやらない人が多い傾向です。

本当に出来る人は自分のことを自画自賛しなくても、仕事の成果で周りから賛美されるのでその必要がありません。

自画自賛する上司はそのように褒められることが少なく、今の自分の立場をもっと尊敬してほしいと願っているのです。自分の事を否定されるのが大嫌いで、褒めてほしくて仕方ないタイプです。

そんな上司は、部下に対しては高圧的に接して、理不尽な態度をとってくることがよくあります。なので、それに対して上司が求めていない行動をとってはいけません。

このようなタイプの上司は、気に入らないことがあればとにかく暴力的に振る舞いますので、仕事どころではなくなってしまいます。

上司とはうまくやっていた方が、仕事がしやすいので、それは避けたいものです。

そのため、多少面倒臭いなと感じてしまっても、その自画自賛話に賛同したり、「すごいですね」と褒めることも必要です。上司の場合には「褒める」という対応方法を優先しましょう。

9.おだてて利用する

もちろん、ただ褒めるだけでは、こちらが疲れるだけです。しかし、うまく機嫌よくさせておだてることで、自分のメリットになるように相手を利用することもできます。

まず、「すごいですね!」「そうなんですか!」上手くおだてます。相手が機嫌がよくなったところで、「ところで今、悩んでいる仕事があるんですけど、ぜひお力を貸してください」と頼むんです。

機嫌がよくなっているときに頼めば、「よし、やってやるか!」と運がよければ手伝ってもらえるかもしれません。

もし相手にされずとも、「そういうことは自分の力でやることによって成長するんだ」とその場からいなくなるので、もう自慢話を聞かなくて済むのでケリがつけられます。

上司にも同僚にもこの方法はとても有効です。自画自賛に付き合っている分、その見返りをもらうべきです。

10.嘘も方便

自画自賛している人を褒める目的は、相手を本当に褒めることではありません。面倒なことが起こらないようにするためですよね。

なので、別に本当のことを話してあげる必要はありません。相手が気持ちよくなるようであれば、嘘でもなんでも構いません。

「嘘をつく」というと罪悪感を感じる方も多いでしょうが、このような場では「嘘も方便」と言います。自分自身に厄介ごとが起きないために、必要なことです。

11.過剰に褒めるのはNG

しかし、「〜さんはいつもカッコいいですね。」や「さすがに頭のいい人は違いますね。」と過剰に褒めると、わざとらしい思われることもあります。

そうなると、「お前本当にそう思ってんの!?」なんてお咎めをくらってしまうこともあります。

ですので、褒める時はさりげなくするとよいでしょう。過剰なおぜん立てはNGであることを心得ておくようにしてください。

また、「僕だったら絶対できないのに、さすが〜さんは違いますね。」など、自分よりも優れていることを認めるように褒めてあげることで、「この人はいい人だ。」という印象を与えやすくなります。

12.気にしているかもしれない点には絶対に触れない

自画自賛をする人は、自分に無いものを持っている人や、現状を認めたくない傾向にあります。だからこそ、自画自賛して、自分自身を誇張します。

ですので、まず相手の状況をリサーチし、相手が劣等感を感じている点や、自分よりも優れている人の話などには触れないようにします。

たとえば、

  • 結婚
  • 髪の毛
  • 身長
  • 容姿
  • 車種
  • 居住のグレード

など、人によって様々です。

なにがなんでも褒めればいいと思って、相手の欠点に触れてしまうと逆効果なので、触れるべきでないことについてはしっかりと把握しておくようにしてください。

13.話を変える

自画自賛が始まった時には、話を変えるようにするのもいい対処法です。なんとなく自然な感じで変えることが望まれます。

不自然に変えていたら、相手の人が嫌な思いをしてしまいます。上司ならその後の対応が悪くなることもあるのです。

そのため、話の区切りのいい部分で、その人が自慢しなさそうな話題について、「そういえば」と自然な感じで話をずらしてみましょう。

上司の場合、仕事の話題を振るのがおすすめ

上司の場合、無理に話を変えてしまえば、不快に思われる可能性もあります。そこで、話を変えるには仕事の話題がおすすめです。

時と場所にもよりますが、「お話の途中で申し訳ありませんが、○○について相談させてください。」なんて感じで、仕事のアドバイスを求めるなんてのがいいでしょう。

ポイントは、「教えて欲しい」「アドバイスをしてください」と相手をヨイショすること。別の意味で自尊心が満たされるので、自画自賛話を打ち切っても「失礼な奴」とは思われないものです。

14.違う内容で褒める

話を変えるという対応方法に似ている方法が、違う内容で褒めるということです。話を変えるのが難しい場合にはおすすめです。

たとえば、

  • 今日の服何だかよく似合ってますね
  • カバンの色とてもステキですね
  • その時計、とてもかっこいいですね

なんて、目につくところを褒めるという話に転換させます。

このように、はっと気が付いたように賛美をすると、そのあとは違う話題に知らず知らずに移行するなんてことが多いです。

違う内容で褒め、タイミングを見計らって、自慢話がないような話題に移行させる。急に話を変えるのが難しい場合には、相手の機嫌を損ねないためにも、この方法をするといいでしょう。

15.自画自賛している話の場から逃げる

飲みの席で、自画自賛が長くなったり、すでに聞いたことがある話を何度も聞かされたりってありますよね。

「もうこれ以上無理だ、限界!」と感じ始めたら、逃げられる状況ではすぐに逃げるようにしてください。

自画自賛の話題が始まる兆候は、迷惑がっている方なら大体わかるでしょう。「いつもの自画自賛が始まりそうだなあ」なんて感じたら、タイミングをはかってトイレに行くなどがおすすめです。

その際には、褒めて笑顔で席を外すことがポイント。

「何度聞いてもその話すごいですよね!」「絶対、自分には無理です、○○さんじゃないとできないです!」畳みかけるように、とにかく満足感を高めます。

そして、本人ご満悦の状態になったら、「お話しが途中なのにすみません、ちょっとトイレに」と笑顔で席を外します。

タイミングを間違えると「あいつ逃げたな」と思われかねない席外しは、「笑顔で200%褒める」が肝心です。

戻ったら、今度は自分が違う質問から始めたりして、相手がその自慢話を継続できないように作戦を立てます。

話題を変えたとしても仕事上差支えがあるという訳でもないので、とても重要な席などでない場合は長い間聞いているのはウンザリしてしまうので、席を立つことが有意義です。

16.会話を打ち切って逃げる

飲み会の席ではいずれ席に戻らなければいけませんが、仕事時や帰宅時など、一度逃げればその人と離れられる状況なら、会話を打ち切って逃げる対処がおすすめです。

ただ、まったく聞かないそぶりを見せると不快に思わせてしまうので、自画自賛を始めた上司や同僚には3分程度は付き合う覚悟を決めましょう。

そして3分経ったら、「そうかあ、すごいですね!そういえば、ちょっとやることが残っているんで、これで失礼します!」と逃げればOK。

ちゃんと理由がありますし、3分ほど相手の自画自賛に付き合ったので、相手も不快には思わないようになります。

17.自分の気持ちを素直に伝える

どうしても自画自賛をやめさせたい場合、上司だと難しいですが、同僚ならば思い切って二人で飲みに行く機会を設け、自分の思っていることを伝えるのが効果的です。

相手を否定することはせずに、「お前の自画自賛ばかりの話はあまり好きじゃないんだ」とやんわりと伝えます。

そして、「別にお前を否定しているわけではなく、自分の素直な気持ちを伝え、腹を割った関係になりたいんだ」という態度を示すようにします。

自画自賛ばかりする人は、相手がどう思うかを考えられないような人なので、恐らくプライベートでも本当に仲の良い友達はいない可能性が高いです。

自画自賛を厄介払いされたとしても、「腹の割った関係になりたい」ということで、自分のことを信頼してくれてそう言ってくれるというのは嬉しいと思う可能性が強いです。

うまく信頼関係を築くことができると同時に、相手の自画自賛をやめさせることができます。

もし相手が怒って、関係が悪くなるような相手であれば適当に謝り、自画自賛をその後も適当にあしらい、極力かかわらないようにしてみてください。

18.チームワークで乗り切る

さて、上司の場合にどうしても自画自賛をやめさせたい場合には、上述したような素直な気持ちを伝えるのは難しいでしょう。

「部下のくせに口答えするのか!」なんて反論させるのがオチになります。

そこで、自分以外のことを考えてみてください。会社で自画自賛の犠牲になっているのはあなただけではありません。

つまり、同じように迷惑がっている人たちと同盟を組みましょう。

チームで集団交渉のように訴えかければ、いくら上司であろうとも、反論することは難しくなります。

直接やめさせるのが難しくても、「あの人が自画自賛を始めたら、電話が入ったと伝え、席に戻らせる」なんてルールを決めれば、面倒な自画自賛を回避することが可能です。

上司への抵抗は、自分ひとりでは不可能な方法ですが、協力者がいれば乗り切れます。

チームを組むことで、他にもいろいろと対策を講じることができるはずなので、同じように自画自賛にうんざりしている同士がいれば、結束を結ぶようにしましょう。

19.プライベートでは関わらない

仕事中であれば、もうどうしようもないということで、割り切ることができる方も多いと思います。

ただ、本当に厄介なのはプライベートです。職場で自画自賛する方は、たいていプライベートでも自画自賛話ばかりしてくる人です。

自分の能力をひけらかし、注目を集めたい一心で仕事中やアフターといった時間にかかわらず連絡してくる人もいます。ひどい場合には、休日や夜間、早朝にも連絡してくる場合もあります。

これは同僚の場合が多いでしょう。仕事であってもプライベートであっても自画自賛ばかり。もうこっちの精神が崩壊してしまいます。

そのような場合にはいちいち対応するのはやめにして、電子機器の電源を切ってみたり、連絡があっても無視するようにしましょう。

しんどい場合はプライベートでの関わりは、極力避けることです。そんな人とプライベートな交流を気付いても無意味ですからね。

言い訳は、「電源が切れていた」でOK。真面目な顔をして答えましょう。同じことが何度あっても、同じ言い訳でやり過ごしましょう。そうすれば、おのずと相手は自分から離れていくはずです。

まとめ

以上、上司や同僚など、自画自賛ばかりする職場仲間への対応方法のコツになります。

基本的には相手にしないこと。いちいち相手にしていたら、こちらが滅入ってしまいます。

うまく聞き流して話が終わるのをまったり、矛盾点を突いたりブラックジョークを言ったり、はたまた褒めさせて利用するなんて手があります。

上司なのか同僚なのか、また相手がどんな性格なのかによっても対処法は違うので、まずはいくつか試してみるといいでしょう。

そして、その中から一番効果のあった対処法で、自画自賛が始まったときには乗り切るようにすることがおすすめです。