プライドが高い人の心理8選。その裏には強さと同時に弱さも隠し持つ

プライドが高い人の心理8選。その裏には強さと同時に弱さも隠し持つ

あなたのまわりにプライドの高い人はいるでしょうか?

プライドが高い人は、自尊心が高くて誇り高い性格ということで、言葉だけなら好印象を抱けるものです。

しかし、実際にはそんなプライドの高さゆえ、頑固さや自己中心的な態度が目立つ人も多く、なにかと悪い印象を持たれがちです。

では、そのようなプライドが高い人は、どんな心理や本音を抱えているのでしょうか。この記事では、プライドが高い人の心理について紹介します。

プライドが高い人の心理8選

1.本当に自分を高く評価している

プライドが高い人は、本当に自分を高く評価しているからこそ、高い誇りや自信を持つという方がいます。

誇りや自尊心を抱いていることに関しては、誰にも劣らない、自分は本当に優秀である。そう自負しているのです。

とても素直なプライドの高さであり、ぶれない強さや確立された自分というものを持っているといえます。

2.理想や価値観が高く、確固たる信念・正義感がある

プライドとはこだわりと言い換えることもできます。つまり、プライドを抱いていることについて、理想・価値観の基準が高い傾向も見られるものです。

あるものについてはどうしても譲れない基準がある。あるものに関してはこうであるべきだという価値観がある。その譲れない部分に関しては、その人なりの信念や正義感を抱いているのです。

そうでなければ、高いプライドなどは持ちませんからね。信念があるからこそ高いプライドを持ち続けることができます。

信念を貫く姿勢は真面目で真摯な態度につながりますが、ときには完璧主義に陥って空回りする原因にもなります。メリット・デメリットともにある諸刃の剣と言えるでしょう。

3.他人より優位に立ち、見下されたくない

人は常に何かを他人と比べる生き物です。気にしないという人もいるでしょうが、他者と共存して生きていく以上、その比較のしがらみからは逃れることはできません。

そんな競争の中で、「誰にも負けたくない」「常に他人より優位に立ちたい」と、勝つことを正義とする考え方をする人も出てくるものです。自信を持つことについては、その感情がより一層高まるでしょう。

つまり、何かについて人一倍のこだわりをプライドを持つ方は、他人と比較されることにおいて常に上でありたいという心理が働くようになります。

それゆえ、プライドが高い人には負けず嫌いな人も多いものです。「他人より優位に立ちたい」というポジティブな志を持っていますが、「負けたことで他人から見下されたくない」というネガティブな方向への対抗心も同時に持ち合わせている傾向にあります。

4.他人とは違う特別な存在でありたい

プライドが非常に高い人については、もはや他人との優劣比較の範疇を越え、まるで次元の違う神様のような特別な存在でありたいという心理を抱えている人もいるものです。

人一倍誇れるものに関しては、周囲と同じレベルは嫌だと感じるようになります。勝ち負けうんぬんではなく、比較されること自体が気にくわないのです。

このような心理傾向になっている方は、そんな特別さを求めるがゆえ、融通が利かなくなることも多いです。自己中心的だったり傲慢だったりする態度が目立つ傾向にあります。

5.周りに認めてもらいたい

プライドを持っていることについては、その部分を正当に評価されたいと思っているはずです。

自己評価はもちろんのことですが、その評価を求める気持ちが強くなれば、それは外にも動くようになります。結果、他人からも持ち上げられ、高く評価されたいという心理が働くようになります。

他人から評価されたいがためプライドが高くなり、プライドが高くなるため評価を求める心理がより一層強くなるといえるでしょう。

6.自分の欠点を認めたくない

プライドが高い人は、上述したように、自分が優秀であると思っている、はたまた他人より優位に立ちたいなど、ポジティブな方向の心理を抱いている方が多いです。

しかし、中にはネガティブな気持ちを抱えている人も少なくはありません。そのネガティブ心理の1つとして、「自分の欠点を認めたくない」というものがあります。

プライドを持っている事柄については、そのプラスへの志はとても高いものですが、それと同じくらいマイナスなことについての反発心や抵抗感も抱くのです。

それゆえ、プライドを誇っていることについてミスをした場合には、頑なに非を認めようとしないなど、とても頑固な性格が目立つようになります。

7.自分に自信がなく、劣等感を紛らわしたい

プライドが高い人のネガティブ心理としては、自信がないという気持ちもあります。

プライドは誇りというプラスな感情のため、自分自身に対する自己評価はとても高く、何事にも大きな自信を抱えていると思われがちです。

しかし、実は自分に自信がなく、劣等感をたくさん抱えているという本音も、プライドが高い人にはありがちです。

誰しもそんな劣等感は認めたくないものです。だからこそ、別のことにプライドを高く持ち、それで劣等感を相殺させようとしています。一種の自己防衛のようなものですね。

8.本当は弱い自分を他人に見られたくない

劣等感を紛らわしたいという心理は、自分自身に対するものです。しかし、そのネガティブ払拭の心理は。当然外にも働くことになります。

つまり、ネガティブな要因からプライドが高くなっている人は、他人に弱い自分を見せたくないという心理も抱えています。

自分自身のマイナス面を他人に知られたくないがため、人より優れている部分に関しては、とてつもなく大きなプライドを抱くようになります。

しかし、プライドという大きな鎧を身にまとい、虚勢を張っているだけにしかすぎません。誇りではなく誇張で、ただの見栄っ張りです。鎧という名の張りぼてに近く、ナイーブで傷つきやすい性格の方が多い傾向にあります。

まとめ

以上、プライドが高い人の心理でした。

誇り高き性格ということで、自分を本当に優秀だと思い込んでいる方や、ポジティブな意味で確固たる信念・決意・正義感を持っている方もいるものです。

しかし逆に、自分の自信のなさや、弱い自分を見せたくないなど、弱さが垣間見える心理を抱えている方もいます。だからこそ、その反動でプライドをより強く誇示するようになると言えます。

プライドが高いというと自信過剰なように思えますが、それだけは表しきれない多様な心理を裏に抱え持っています。

実際にプライドが高い人と関わる際には、一緒くたに厄介者と判断せず、その心理をくみ取りながら関わることがおすすめです。そうすれば、良い付き合いができるようになるはずですよ。