アイデンティティ(自我同一性)の確立のコツや方法10選。アイデンティティがない方は必見!

アイデンティティ(自我同一性)の確立のコツや方法10選。アイデンティティがない方は必見!

 アイデンティティとは、自分が自分であると実感できる信念・考え・証明できる物などの概念を表す言葉です。自己同一性や自我同一性とも言います。

かなり抽象的な概念ですが、簡単に言えば自分らしさや個性というものです。スポーツに励んでいる人ならそのスポーツ、家族が生きがいならその家族、自分のステータスにプライドがあるならそのステータスなど、人によってアイデンティティは様々です。

とりわけ、他人とは違う何かがあり、それによって自分が自分でいられるものだと自覚できれば、それがアイデンティティになります。これをアイデンティティの確立と言います。

しかし、「自分が他人とは違うと区別できる個性がない」「これがあるから自分でいられるというものがない」という場合、アイデンティティがないなんてことにもなります。

そこで、この記事ではそんなアイデンティティがない方のために、アイデンティティを確立するための方法やコツを紹介します。

アイデンティティをしっかりと確立し、自分は他人とは違う自分であり、そう実感しながら生きていきたいという方は、ぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

アイデンティティ(自我同一性)の確立のコツや方法10選

1.自分の考えや信念を持つ

アイデンティティは自分らしさなので、まずは自分自身の考えや信念というものをしっかりと持っていなければなりません。

周囲に常に同調するなんて方は、自分の考えが持てないので、アイデンティティがないなんて状態になりやすいです。

そこで、自分がどんな時もこれだけは譲れないというポイントを最低限一つは持ち続けるようにしてみてください。自分で考え、決断し、行動原理を持つようにしてみましょう。

他人の顔色を伺って行動するのはNGです。いちいち気にしていたら、あなたらしさの自己表現は不可能です。最低限のモラルとルールさえ守れば大丈夫。自信を持って行動しましょう。

その考えや信念はあなただけのものになり、アイデンティティを形成するきっかとして役立ちます。

2.他人と自分を比較しないようにする

人は人、自分は自分と考えることもアイデンティティの確立においては重要になります。

人と比較していては、いつまで経っても自分は自分であることを実感することはできません。他人が基準になってしまっていますからね。

他人と同じだろうが違うだろうが、そんなことはどうでもいいのです。あなたが、「自分はこうだから自分である」という意識を持てることが必要です。

アイデンティティの軸は常に自分の中にあります。他人と比較した結果ではなく、自分に対する自分だけの考えや評価のみ向き合うようにしてください。

3.自分と向き合い、自己分析する

アイデンティティの具体的な中身を得るためには、自分にしっかり向き合い、自己分析をすることが大切になります。

  • 自分とはどんな人間なのか
  • どんなものに喜びや楽しさを感じるのか
  • どんなところが他人と違うと自覚できるか

このように、「自分らしさ」について自分の内面と対話し、深く分析するようにしてみてください。

そうする事で自分というものが浮き彫りになり、少しずつ自分が何者であるかがわかるようになります。その終着点として確かなアイデンティティが見つかるはずです。

4.自分の強み・弱みを知る

自己分析において必ずやるべきことは、自分の良いところはもちろん、悪いところも認めるということです。悪い部分は目を背けがちですが、それでは自分というのものは理解できません。

強みや得意な部分は、しっかりと取り組むことで磨きをかけることができ、それはあなただけにしかない長所となります。

そして、弱みを知ることも大切です。弱みを知ることで、自分自身をより深く理解でき、強みや自分らしさをさらに伸ばすことができます。

弱みは改善できればいいですが、できなくてもその弱みはあなたの個性の1つです。しっかりと向き合って生きていくことで、アイデンティティの要の1つになるはずです。

5.自分の好き嫌いを知る

アイデンティティを確立するため、自分の内面的な要素として好き嫌いを知ることも大事になります。好き嫌いはアイデンティティの形成にとても重要な要素です。

得意・不得意に限らず、好きなものは追求していくことで、それをすること自体があなたのアイデンティティになります。たとえば、趣味やスポーツがその代表的な例でしょう。

ほかにも、家族と過ごす時間が何よりも好きな時間であるならば、その家族、そして一緒に過ごす時間が、あなたの生きがいとしてアイデンティティになるはずです。

また、嫌いなものについては、現状を打破するきっかけになるはずです。嫌いなものは正直に逃げて構いません。あなたらしさを発揮できる好きなものに集中することで、アイデンティティの確立につながります。

6.好きなものは徹底的に追い求める

上で説明したように、好き嫌いを自己分析し、あなたの好きなものが見つかったのであれば、そこの全力で情熱と魂を注ぐようにしてみてください。

学問が好きならば、時間さえあればそのための研究に費やす。家族が生きがいならば、常に家族のために働き、時間を使う。

このように、好きなことを深く追究すれば、その行動自体があなたらしさになっているはずです。好きなものを追求し、それによって満足できる。そして、それが自分の存在意義であると理解でき、アイデンティティを確立できるでしょう。

7.積極的に発信する

自分の好きなものなど、アイデンティティとなりえるものが見つかったのであれば、自分の仲だけでそれを追い求めるのではなく、外部にも発信するようにしてみましょう。

  • 好きなファッションは積極的に身に着ける
  • 好きなスポーツはサークルなどに参加してみる
  • 趣味があるならブログを書いてみる

このような行動をすることで、しっかりと自己表現ができます。また、他の人からも評価されることで、より自分らしさを意識できるきっかけになるでしょう。

自分の中で磨きをかけ、それと同時に外へ発信し続ける。これを繰り返せば、それ自体があなたのアイデンティティになります。

8.多様性を認める

アイデンティティを確立するには、色んな人の多様性を認めることも重要となります。他人の価値観や考え方を受け入れることができなければ、当然自分の価値観や考え方も受け入れられなくなってしまいます。

多様性を認めることで、自分の特性を見極めてそれを高めていくと同時に、自分以外の多様な個々の特性を見つけることができます。

それらを上手に自分に吸収して活かしていくことで、より自分らしさに磨きがかかり、洗練された魅力的な個性を確立していく手助けをしてくれるはずです。

自分だけの世界に閉じこもらずに、広い視野で周りに目を向けて自分と他者とを一歩引いた目線で認識することで、アイデンティティの確立をより強固なものにしてくれるはずです。

9.周囲との協調性を大事にする

上述した多様性を認めるためには、周囲との協調性を大事にしなければなりません。他者と比較することはアイデンティティの確立に必要ありませんが、共に関わり合って生きることはとても大事です。

そもそも、アイデンティティは自分一人で構築できるものではなく、他者との関係によって育まれていく側面もあります。

色んな人と出会い、共に協調して生きていくからこそ、生きがいや好き嫌いが形成され、それによって他人とは違う個性を身に着けることが可能です。

殻にこもっていては虚無しか広がりません。個性は他人とは違うもの。裏を返せば他社との関わりで磨かれるものなので、しっかりと周囲との協調性を大切にするようにしてください。

10.自分を好きになる

最後に、自分を好きになるようにしてください。

アイデンティティというものは、自分が自分であることを証明するものです。自分が嫌いであれば、それは自分自身の存在を否定してしまうことにつながります。

だからこそ、自分を好きになる必要があるのです。自分を好きになり、自己肯定感を高めることに努めましょう。特に、ネガティブ思考の方は意識するべきです。

自分を好きになるということは、自分を認められるということ。つまり、それだけで自分は自分であると認めることにつながり、アイデンティティの形成に大きく貢献します。

自分を好きにでいられるからこそアイデンティティを保つことができ、アイデンティティがあるからこそ自分を好きになれます。ぜひこの意識を忘れないようにしてみてください。

まとめ

以上、アイデンティティを確立するための方法・コツになります。アイデンティティを形成することは一筋縄ではいきませんが、きちんと自分に向き合うことでヒントは確実に得られます。

自己分析を行い、強みや弱み、好き嫌いを認識するようにしてみてください。そして、好きなことは精一杯頑張り、外部にも発信しましょう。同時に、社会との協調性も忘れず、多様性も認めるようにしてください。

これらの行動一つひとつが、あなたの個性を作り、磨きをかけることに役立ちます。そして、最終的には自分を好きになるようにしてみてください。

自分を好きになれれば、自分を自分として認めることができたということで、アイデンティティは確立されているはずです。その軸になっているものを、アイデンティティとして認識し、誇りを持って毎日を歩んでいくようにしてみましょう。