不安定!スマホアプリが使用中に突然落ちるのを解消する3つの対処法

スマホといえば、アプリです。仕事や生活を便利にするものから、多くの人が楽しめるゲームなど、いろんな種類のアプリが取り揃えられています。

しかし、そのアプリの使用中にいきなり落ちてしまい、ホーム画面に戻ってしまうなんて現象を経験したことのある人は多いのではないでしょうか。

そして、それに頻繁に困っている人もいるでしょう。そこで、今回はスマホアプリが使用中に突然落ちてしまう現象を解消するための方法を紹介します。ぜひ参考にしてください。それではどうぞ。

スマホアプリが使用中に突然落ちるのを解消する3つの対処法

1.他のアプリを停止する

アプリが落ちる原因はスマホに負荷がかかっているからです。アプリなどのソフトを動かす際はメモリという一時的なデータの保存場所を使用します。

メモリは日常生活に例えるならば、勉強の際の教科書や参考書を広げる机にあたります。教科書を開きすぎると、机が本でいっぱいになってしまい勉強がしづらくなるでしょう。

それと同じように、アプリもいろんなものを起動させると、メモリが圧迫されて負荷がかかります。それによって使用中のアプリに対するメモリが足りなくなって落ちてしまうことになります。

そこで、メモリの容量を空けることが必要なので、他に起動中のアプリを停止するようにしましょう。タスクマネージャーなどで停止すればメモリを空けることができます。

2.端末を再起動する

また、メモリには断片化データというものも存在します。アプリを停止してもそのアプリが使ったメモリの容量はすべて解放されるわけではなく、データのごみのようなものが残ります。

そのため、使い続けることでアプリを停止しても断片化データがたくさん残っていることにより、メモリが圧迫される原因となってしまいます。

そこで、他のアプリを停止してもアプリが落ちる現象が解消されなければ、端末を再起動させるようにしましょう。一度電源を切れば、メモリは解放されるので無駄なデータも消えるようになります。

3.アプリを再インストールする

以上の方法を試してみても効果がない場合はアプリ自体に問題がある場合があります。他の人のレビューな調べてみて、同じような不具合があるなあらば開発側の問題なので、アップデートを待ちましょう。

しかし、自分だけにしか起きていない現象のようならば、インストールしたアプリに何らかの不具合が起きている可能性が大きいです。

一度、そのアプリをアンインストールして、再度インストールすることで使用中に落ちる現象が解消されるようになるでしょう。

まとめ

アプリが使用中に突然落ちる場合には以上のことを試してみてください。もし、以上のことをやっても直らない場合は端末の性能が低いことが原因です。

最近のアプリではかなりハイクオリティなものが出てきており、昔の端末では処理に耐えきれないということもあります。そのような場合は機種変更して新しいスマホに変えるといいでしょう。性能の良い機種を選ぶ際は以下の記事を参考にしてください。