サイズが合わない!脱げてしまうぶかぶかの靴をぴったり履く対策5選

サイズが合わない!脱げてしまうぶかぶかの靴をぴったり履く対策5選

良い靴を見つけて買ったのに、実際履いてみるとサイズが合わなくてぶかぶかだったなんてことを経験した人、もしくは今その状況にある人はいませんか。

サイズがぶかぶかであれば、すぐに脱げやすくなり、歩きにくくなってしまいます。しかし、せっかく買った靴ですので、使わなければもったいないです。

そこで、今回はサイズが合わないぶかぶかの靴を、ぴったりに履くための対策というものを紹介します。悩んでいる人はぜひ参考にしてください。それではどうぞ。

脱げてしまうぶかぶかの靴をぴったり履く対策5選

1.靴ひもをきつく縛る

足にぴったりフィットさせるために、靴ひものあるタイプの靴ならば、それをきつく縛ることで、ぶかぶかの空間をなくすことができます。

ただ、注意が必要なのはきつく縛りすぎて、脱いだり履いたりするのが難しくならないようにしましょう。

また、履いているうちに靴ひもはどんどんゆるんでくるので、歩きにくくなってきたなと思ったら、その都度結び直すことが効果的です。

2.空間に新聞紙などを詰める

また、ぶかぶかしている空間に新聞紙やティッシュ、スポンジなどを詰めることも効果的です。外から中が見えない靴ならば、つま先などに詰め物をすることで、ぶかぶかの空間を少なくできます。

また、詰め物をしておくことで、靴の形崩れも予防できますし、一石二鳥です。百円ショップなどでは、ぶかぶかの靴対策用の詰め物のスポンジなどが売っているらしいので、探してみるといいでしょう。

空間を少なくすると言っても、詰めすぎれば逆に履きづらく、歩きにくくなるので、少しくらい余裕を出した方がフィットしやすくなるでしょう。

3.靴の中敷きを増やす

靴の中敷きを増やすことも効果的です。ホームセンターなどに靴の中敷きが売っていると思うので、それを複数枚買って、重ねて靴に入れることで、隙間を減らすことができ、足にフィットさせることができます。

一番良いのは、その靴を買った店舗で売っている中敷きを使うといいでしょう。その靴のサイズに合ったものを選んで、2枚、3枚重ねることで履きやすくなるはずです。

この方法は結構、多くの人がやっている方法ではないでしょうか。中敷きを敷くだけなので簡単なので、ぜひやってみてください。

4.靴下を重ねて履く、もしくは厚手の靴下を履く

また、靴下で対策することも有名で、効果的な対策でしょう。中敷きを増やす代わりに、靴下を重ねて履くことで、靴の隙間を埋めることができます。

靴下を重ねて履くことが面倒であれば、厚手の靴下を履くといいでしょう。どちらか自分に合った方法で、やることをおすすめします。

まあ、靴を脱いで人前に出る機会があるならば、靴下を重ねて履いているとなんかおかしいので、厚手の靴下を履くといいでしょう。

5.交換・返品

ぶかぶかでどうしても履くことができないという場合は、返品や、他のサイズに交換してもらうことも一つの手です。

基本的にはどのショップでも返品や交換には対応してくれると思うので、サイズが合わなかったと言って対応してもらうようにしましょう。

まとめ

以上がぶかぶかの靴を買ってしまった場合の対策法です。まあ、靴を買う前に試着してサイズが合うかどうか確かめることが一番いいですが、それが出来ないショップもあるので、ぶかぶかの場合は以上の対策をしてみるといいでしょう。

簡単なのは、靴の中敷きを増やすことなので、おすすめの対策です。もしも頻繁に長く使うつもりならば、返品や交換をしてもらうといいでしょう。

靴は結構高いものも多く、生活に欠かせないものなので、足にフィットするものを買うようにするといいと思います。

そして、サイズの合わない靴を履くことは、足に悪影響をもたらすことになるので、なるべく履かないようにしましょう。以下の記事では、サイズの合わない靴を履くことのデメリットを紹介していますので、ぜひ合わせて読んでみてください。

サイズが合わない靴を履くことによる足への悪影響やデメリット5選