肥満はうつる!家族や友人にデブがいると自分も太りデブになる理由3選

肥満体系は俗にデブと呼ばれ、見た目も太くて悪くなり、健康にもいろいろと支障が出ます。ダイエットなども流行しているように、人々は肥満を嫌う傾向にあります。

しかし、なんと嘆かわしいことに肥満は伝染するらしいのです。周りの家族や友人に太った人がいると、自分も太ってしまうという傾向があるようです。

これはかなり不可解なものですが、しっかりとした理由があります。そこで、今回は周りにデブの人がいると、自分もデブになってしまう理由を紹介します。

家族や友人にデブがいると自分も太りデブになる理由3選

1.生活習慣が同じになりやすい

家族や友人などとは同じような生活を送ることが多いです。肥満の人は、太りやすい生活を送っているからこそ、太ってしまいます。

そのような人たちが周りにいることで、自分も同じような生活習慣になります。結果的に、デブになりやすい生活になってしまうのです。

運動もせず、カロリーの高いお菓子ばかり食べ、普通のごはんも脂っこいものばかり食べるなど、周りに合わせることで自分も同じように太るようになってしまいます。

2.周りが太りすぎていて、自分が太ったことに気づかない

また、肥満の感覚が狂うということもあります。周りが太った人ばかりでいると、自分がそれより痩せていれば、たとえ太ったとしても気づきにくくなるのです。

周りに100㎏以上の人がたくさんいる中、自分は70㎏ぐらいで、一般的に見れば肥満だけれども、周りと比べてみるとマシだから大丈夫だと思いこんでしまいます。

それをどんどん重ねていくうちに、太るようになってしまいます。周りがまだこんなに太っているのだからと思っていると、知らず知らずのうちに感覚が鈍り、自分が太っていることにも気づかなくなるのです。

3.肥満体系が標準になる

そして、人は慣れる生き物です。楽なことをすれば、それに慣れてきついものを嫌います。逆にきついものでも、慣れてしまえばそれが標準となってしまうのです。

同じように、周りに肥満の人がいれば、それを頻繁に見ることで、人間の体系の標準はこの程度であると思いこんでしまいます。

つまり、肥満体系が自分の中では標準になってしまうのです。そうすることで、上述したようにもっと肥満に関する感覚が狂うことになります。

世間から見れば太っていても、それが普段接する家族や友人と同じであれば、自分は標準体型だと錯覚してしまうことにより、太りやすくなるのです。

まとめ

以上のような理由で、周りにデブがいると自分も太りやすくなってしまうのです。肥満が標準だと錯覚しやすくなることで、自分が太っていることに気づかないことが一番の原因でしょう。

もしも、太りたくなければ正しい食生活などを意識すべきです。そして、太ってしまった場合は適切なダイエットをするようにしましょう。

以下の記事では、簡単にできるダイエット方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。