非モテ!バレンタインチョコを貰えなかった男性にありがちな行動5選

バレンタインデーというのは女性が男性に思いを伝えるためにチョコレートをプレゼントをする一大イベントの日です。チョコが大好きでモテまくる男性にはウハウハの日になるでしょう。

しかし、モテない男性にとっては地獄の一日となること間違いなしです。周りの友達は何個か貰っているのにも関わらず、自分はゼロという惨めさや劣等感を味わうことになります。義理チョコさえもらえません。

「早くこの日が終わればいいのに!」「むしろバレンタインデーなんか消えてしまえ!」と思うくらいに、そのイベントを憎む人もいるでしょう。

そして、そのようなマイナスな感情を感じるからこそ、それが色々と行動に出る場合もリます。そこで、今回はバレンタインデーにチョコレートを貰えなかった男性にありがちな行動を紹介します。

バレンタインチョコを貰えなかった男性にありがちな行動5選

1.言い訳をする

バレンタインデーにチョコレートを貰えない人の中には、それが悔しくて言い訳をする人もいます。

「チョコアレルギーだから」「甘いもの嫌いだから」「ホワイトデーのお返しが大変だから」などとありがちな言い訳をして、何とか劣等感を振り払おうとします。

しかし所詮は言い訳ということで、嘘だと思われてしまうでしょう。以下の記事ではバレンタインにチョコを貰えなかったときのありがちな言い訳についてまとめているので、合わせて読んでみるといいでしょう。

2.周りをきょろきょろする

チョコレートを貰えなかった男子は、かなりそわそわして挙動不審になります。よくありがちな行動としては、周りをきょろきょろするでしょう。

「他の人はどれくらい貰っているのか」「自分以外にも貰えない人はどれだけいるのか」など考えるようになり、それが気になって仕方がなくなります。

そのため、職場や学校などでは周りの人をいつも以上にかなり気にするでしょう。友達に合うたびに「チョコもらえた?」などと心配そうに聞く人もいます。

3.チョコの話題に入ってこない

バレンタインデーには男子の間でチョコレートの話題が引っ切り無しになるでしょう。「お前何個?」「2個!」「俺5個だぜ!」「すげえ!誰からだよ!?」みたいな会話もあるでしょう。

しかし、モテないためにチョコレートを貰えなかった男性には、それに劣等感を感じる人もいます。そのため、チョコレートも貰ったかどうか聞かれるのが嫌に思う人が多いです。

そのため、バレンタインやチョコレートの話題には参加しないという人もいるでしょう。いつも一緒にいる友達でも、バレンタインの時だけはなぜかあまり関わらないという人は、それを気にしているのだと考えられます。

4.自分の机やカバンの中を何度もチェックする

「チョコレートなんか貰えなくても全然いいや!」などと吹っ切れたり、開き直る人もいるでしょう。しかし、その大半は負け惜しみで、悔しさで満ち溢れています。

そして、自分のカバンや机の中にもしかしたらバレンタインチョコが入っていないかと、わずかな希望を胸に抱いていることでしょう。

そのため、何度も何度も自分のカバンや机の中をチェックするでしょう。ロッカー、靴の中、ポケットなど隅々まで調べる人もいます。周りからはそわそわしているように見えるので、怪しまれることでしょう。

5.暗そうなオーラを漂わせている

そして、もう自分がチョコレートを貰える確率は完璧に0であると確信している人にとっては、バレンタインは絶望の記念日でしかありません。

他の人がワイワイしている中、自分だけは恵まれないという状況に落胆していることでしょう。結果的に、バレンタインデーの時はかなり暗いオーラを漂わせています。

いつもは明るい人でも、そしていつも暗そうな人でも、非モテ男子であるならばバレンタインにはダークな雰囲気を演出しているのです。そのような人は、そっとしておいた方が良いでしょう。

まとめ

以上がバレンタインデーにチョコレートを貰えなかった非モテ男子にありがちな行動です。まあ、チョコレートを貰えなくても特に気にしすぎる必要はないでしょう。

気にするからこそ以上のような行動をしてしまい、結果的に馬鹿にされるようになります。モテなくてもいつも通りにその日を過ごすようにするといいと思います。

なお、以下の記事ではバレンタインに関することについて色々紹介しています。興味があるものがあれば、ぜひ合わせて読んでみてください。