粋がってとても痛々しい!中二病になってしまう原因やきっかけ3選

粋がってとても痛々しい!中二病になってしまう原因やきっかけ3選

中二病というものは、中学生によく見られる痛々しい言動のことを表します。自分が特別な能力を持った主人公であるかのように妄想したり、難しい言葉を格好つけて使ったりすることが当てはまるでしょう。

もしくは、コーヒーのうまさを理解しているとか、政治や経済のことを理解しているなどのように、大人ぶって背伸びしている言動も中二病に当てはまります。

ひどい場合には、自分の妄想を現実にまで出してしまい、好きな主人公の真似をしたりする人もいるでしょう。そのような中二病は、端から見ればとても痛々しいものです。

しかし、中二病というのはどうして起きてしまうのでしょうか。今回はそのきっかけや原因について紹介します。それではどうぞ!

中二病になってしまう原因やきっかけ3選

1.アニメやマンガなどの二次元の影響

中二病には、アニメの主人公の言動をまねたり、キャラクターが口走るような難しい言葉を格好いいと思って、日常会話で使うなどの痛々しい言動が特徴的です。

そのようになるきっかけとしては、アニメやマンガそのものが原因であると言えるでしょう。そのような二次元などの創作物は、若い心を揺さぶるものばかりです。

展開は常にわくわくするもので、キャラクターもとても格好いいキャラばかりです。そのため、好きになったアニメやマンガのキャラクターや展開そのものに憧れを抱くことでしょう。

だからこそ、自分でもそのように格好良くふるまいたいと思うようになり、アニメやゲームに出てくるような難しい言葉を日常会話で使ったり、キャラクターの真似などをしたりすると考えられます。

2.大人へのあこがれ

また、中二病というのは上記のようなファンタジーな妄想だけではなく、大人びた言動を背伸びした行うことも指します。その原因としては、そのまま「大人へのあこがれ」というものがあるでしょう。

コーヒーを飲む大人は格好いい、政治や経済を理解している大人は知的だ、たばこを吸っているとクールであると考え、自分もその憧れに近づくように真似するようになるのです。

不良やヤンキーの中にも、悪ぶっている大人は格好いいと感じるからこそ、それを真似するという人もいます。

中学になってヤンキーが出現し始めるのも、この中二病が関わっているからとも考えられるでしょう。このような大人へのあこがれというものが、背伸びした言動などの中二病のきっかけになっています。

中二病はアニメキャラクターの言動を真似するか、大人びた言動を真似するかの二つに分けられますが、どちらもそれらに対する憧れが理由となっているのでしょう。

3.現実に対する退屈や不満

また、現実に対する不満から、アニメやマンガなどの非日常的でファンタジーな展開に魅了されて、それに関する妄想を繰り広げるということも考えられます。

現実というのは、ほとんどが会社や学校に行っては帰っての繰り返しです。毎日がマンネリ化して、退屈に感じている人が多くいます。

それに比べて、アニメやマンガの展開は非日常的で、スリルと興奮に満ち溢れた楽しいものです。つまらない現実があるからこそ、そのような二次元の世界に恋い焦がれるのです。

現実がつまらなすぎるから、アニメやマンガに起きるようなことを妄想したりすることになり、結果的に中二病を発症することになるのでしょう。

まとめ

以上のように、中二病はアニメやマンガ、もしくはクールな大人へのあこがれが原因だと考えられます。自分もそのようになりたいと考えて、真似したりするのです。

中学生などは色々と影響されやすい時期なので、中二病を発症するのも無理はないでしょう。まあ、大人になってみれば、「あの頃は好きなアニメキャラに憧れて、行動や口癖を真似してたなw」なんて笑い話にできることでしょう。

そして、中学生に限らず、どの年代でも中二病は存在します。多くの人が中二病的な表現や展開に惹かれており、だからこそアニメやマンガがブームになっているのです。

しかし、年代に関わらず、多くの人が中二病的なものに惹かれるのはなぜでしょうか。その理由について以下の記事で紹介していますので、ぜひ合わせて読んでみてください。