泣く・寝すぎが原因!寝起きのまぶたの腫れを治すための解消法5選

泣く・寝すぎが原因!寝起きのまぶたの腫れを治すための解消法5選

寝ているときには水分が体に溜まりやすいため、寝起きの時は顔やまぶたがむくんでいたりするときがあるでしょう。泣いた翌日にも、まぶたに水分が溜まりやすくなり、起きたときは腫れているなんてこともあります。

普通に睡眠をしていれば、時間が経てばすぐに治りますが、寝すぎた場合などは一日中まぶたが腫れているなんてこともあります。

誰かと会う時にそんな顔は見せれないので、何とかして解消したいものです。そこで、今回は寝起きの時のまぶたが腫れているの治すための方法を紹介します。

寝すぎてしまう人や、泣いてしまって腫れぼったくなってしまう方はぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

寝起きのまぶたの腫れを治すための解消法5選

1.氷水などで冷やす

まずは冷やすということがまぶたの腫れを抑える解消法となります。冷やすことで血管が収縮します。それによって、まぶたに溜まった水分も出ていきやすくなり、腫れが引いてくるでしょう。

氷水をタオル越しにあてたりするといいでしょう。他にも色んなもので代用でき、保冷剤などでも大丈夫です。

まぶたを冷やせるものであれば、何でもできますので、実践してみましょう。

2.蒸しタオルなどで温める

また、温めることでもまぶたの腫れを引かせることができます。これは冷やすとは別の原理で、温めることで血流が良くなり、まぶたに溜まった水分が流れていきやすくなるのです。結果的に、腫れが引くようになります。

おすすめとしては、水で濡らしたタオルを電子レンジで温めて、蒸しタオルにして目に当てるようにするといいでしょう。目の腫れが引くまでやってみてください。

もしくはお風呂に入ったり、シャワーを目に当てたりしても効果があります。蒸しタオルが面倒ならば、ホットアイマスクで温めると手軽にできるのでおすすめです。

3.冷やす・温めるを交互に繰り返す

冷やすことでも、温めることでも、どちらもまぶたの腫れを抑えることができます。冷やすことは血管を収縮させて腫れを引かせ、温めることは無駄な水分を流すことで腫れを引かせます。

そのため、どちらもやれば最大限の効果が得られ、すぐにまぶたの腫れを引かせることが可能となります。

なので、冷やすのと温めるのを交互に繰り返すことで、まぶたの腫れを短時間で引かせることができるようになります。10秒おきくらいに交互に冷やして温めるようにしましょう。

冷たいものと温かいものの両方を用意しなければなりませんが、一番効果的なことなので、すぐに腫れを引かせたい人はぜひやってみてください。

4.ティーバッグを目の上にあてる

また、まぶたの腫れにはお茶系の成分が効果的と言われています。そのため、緑茶や紅茶など、使用済みの冷えたティーバッグを目の上に置くことで、目の腫れを抑える効果があります。

お茶に含まれるカフェインに肌を引き締める効果があり、それによってまぶたの腫れも解消していくようです。お茶のいい香りでアロマ効果もあるでしょう。

4.マッサージをする

そして、目の周りをマッサージして、血流をよくさせることでもまぶたの腫れを解消させることが可能です。以下の方法で、マッサージするといいでしょう。

  1. 目を閉じ、目頭から目尻にむかって眉毛の下あたりを指で押さえて指圧します
  2. 目尻までいったらこめかみまで指圧を続けこめかみをしばらく指圧します
  3. 目の下も同じように目頭から目尻にむかって軽く指圧しなが動かします
  4. 目尻まで来たらこめかみまで指圧を続けてしばらくこめかみを指圧します

目の周りの骨の部分や、こめかみを指圧する感じでマッサージします。何回か繰り返すと、目の腫れが緩和されるでしょう。

まとめ

以上が寝起き時のまぶたの腫れの解消法です。寝すぎてしまったり、前日に泣いたりした後はまぶたが腫れやすくなるので、その時はぜひ以上のことを実践してみてください。

どの方法も効果があるので、自分で簡単にできるものや、空いている時間などを考慮して、最適なものをやってみるといいでしょう。

また、ベストな対処としては事前にまぶたの腫れを予防することです。以下の記事で、その予防対策について紹介していますので、ぜひ合わせて読んでみてください。

泣いたり寝すぎたり!寝起きにまぶたが腫れないようにする予防対策5選