写真だと不細工になる!鏡だと自分が美人やイケメンに見える理由4選

写真だと不細工になる!鏡だと自分が美人やイケメンに見える理由4選

自分のことは自分でわかっているつもりで、顔に関しても鏡に映る自分の姿がいつもの自分だと思い込んでいる人は多いでしょう。

しかし、自分の顔写真を見ると、いつも鏡で見る自分より不細工に感じるということはないでしょうか。これは結構多くの人が感じることだと思います。

鏡に映る自分は美人やイケメンに見えるのに、写真の自分は不細工に見えるいうことが多いでしょう。この写真写りと鏡の差はどうして起きるのでしょうか。今回はその理由について紹介します。

鏡だと自分が美人やイケメンに見える理由4選

1.うまく光が当たるから

主に自分の顔を鏡で見るのは洗面台が多いと思います。洗面台の明かりはオレンジ色のものが多く、その光によって顔色が良く見えるのです。

肌荒れもある程度軽減されて見えるようになり、結果的に鏡に映る自分の顔は、肌修正がされているような感じになって、普通の自分よりも良く見えてしまいます。

しかし、写真はありのままの顔を写すので、顔色は普通になり、肌荒れなどが目立つことで、いつもの鏡で見る自分よりも雰囲気が不細工に見えてしまうと考えられます。

また、スーパーやトイレなどの鏡では何だか洗面台の鏡よりも不細工に見えるということがあるでしょうが、それは明かりが違うことが原因となっているのです。

2.無意識に決め顔をするから

また、鏡を見ているときは自分で無意識に決め顔をしてしまいがちです。誰でも自分の不細工な顔は見たくなく、なるべくいい顔のように見せようとして、鏡の前だと決め顔を無意識にするのです。

鏡をチェックしている人を見ればわかるように、かなり目がきりっとしていて、決め顔をしながら鏡を見ているという場合が多いでしょう。

決め顔をするからこそ、鏡の中の自分は美女やイケメンに見えるのです。写真に写された時は、慣れていない限りうまく決め顔で写ることは難しく、鏡よりも不細工に写ってしまうのです。

3.脳内補正が起きるから

人は自分の理想通りにものを見る癖があり、鏡に映る自分の顔が不細工であっても、脳内補正によってそれが美人やイケメンであるかのように錯覚してしまうのです。誰でも不細工は嫌で、優れたルックスを求めますからね。

好きな人が一番可愛く見えるということと同じ原理です。「好きな人=一番=一番顔が良い」と同じように、「自分はブサイクは嫌だ=ブサイクではない=顔が良い」というように脳内補正を起こします。

決め顔も兼ねることで、結果的に自分のルックスが良くなるように脳内補正をして、まるで自分が美人やイケメンのように錯覚してしまうのです。

4.鏡の中の自分が基準になるから写真は不細工に見える

そして、人は普段は自分の顔を見るのは、鏡に映ったものを見ることが多いです。そのため、自分のルックスの基準が鏡に映ったものとなってしまいます。

上述したように、鏡に映った自分は決め顔や脳内補正によって、いつもの自分よりも何割増しかになっているものです。

その良い状態が通常の基準となることで、いつもの姿で写っている写真は常に基準より下になるので不細工に感じてしまうのでしょう。

アイドルの実物が不細工であるとよく言われますが、これは写真で編集されたルックスがその基準となっているからであり、自分の顔の鏡と写真のギャップもこれと同じ仕組みなのです。

まとめ

以上が鏡ではルックスが良く見えるのに、写真では不細工に見えてしまう理由となります。鏡では決め顔などによって自分を良く見せているからこそ、美人やイケメンのように感じてしまうのです。

そして、その鏡の中の自分が基準となることで、自然な姿が映った写真はその基準以下と判断して、不細工だと感じてしまうのです。

まあ、どちらが本物の自分かと言われれば、写真は普段のありのままの姿で写されているので、写真の方の姿が多くの人が認識しているあなたの顔となるでしょう。

不満であるならば、いつもの自分が良く見えるように頑張って振舞うといいでしょう。どんな表情だと自分の顔が良く見えるのか色々と研究してみて、鏡でよく見える表情が普段の自分の顔になるようにするといいでしょう。