宴会で大ウケ間違いなし!簡単にできるコインマジックのやり方6選

宴会で大ウケ間違いなし!簡単にできるコインマジックのやり方6選

忘年会などの宴会での芸はマジックがおすすめです。マジックは練習すれば簡単にマスターすることができ、見ている人を驚かせることができます。

下手に流行りの一発芸をマネしたものをやって失敗するよりかは、マジックをやった方が大ウケすることができるでしょう。

そこで、今回はコインを使ったマジックでおすすめのものを、動画付きでやり方を紹介します。気に入ったものがあれば、練習してみるといいでしょう。それではどうぞ!

簡単にできるコインマジックのやり方6選

1.コインが別の手に瞬間移動

まずは、コインが瞬間移動するマジックを紹介します。内容としては、両手に一枚ずつ持った100円玉が、いつの間にか片方の手に2つあるという感じのマジックです。

これは定番のマジックで、手を色々と動かしている間に、見ている人にはわからないように片方の手に2つのコインが移動させるようにします。

結果的に瞬間移動したかのように見せるマジックです。少し技術が必要ですが練習すれば誰でもできるようになります。瞬間移動の仕方もいくつかパターンがあるので、マスターしてみましょう。

2.コインが消える

次に紹介するマジックは、握っていたコインが消えてしまうというマジックです。これも定番のものであり、以上のものと同じようにテクニックさえできれば誰でも可能なものです。

コインの持ち方、手と指の動かし方がポイントであり、うまく相手に見せないようにしてやれば、あたかもコインが消えたかのように見せることができます。

ちょっとしたものですが、見ている人を驚かせることができるでしょう。

また、手のひらに置いたコインが消えるというマジックもあります。これは、素早く動かすことでもう片方の手にコインを移動させることでできるものです。以下の動画を参考に練習してみてください。

3.針がコインを貫通する

針が100円玉を貫通するマジックもおすすめです。穴が開いていないのに何で貫通するのだと、見ている人をあっと言わせることができます。

タネは簡単で、100円玉と50円玉を用意しておき、見ている人には100円玉しか持っていないように見せかけます。

そして、ばれないように手に隠し持っていた50円玉を、今まで持っていた100円玉に見せかけて、その穴に針を通すだけのものとなります。

4.コインが机を貫通する

これも貫通マジックですが、以上のものとは違ってコインが机を貫通するマジックとなっています。不可能な現象が実際に起こるということで、見ている人を存分に魅了できるでしょう。

これはやり方は簡単であり、机の上にあるコインを手に持つ際に、ばれないように下に落とすのです。後は何も持っていない手を机の上にたたきつければ、コインが机を貫通したように見せかけることができます。

さらに別の方法もあり、上記で紹介した「コインが消えるマジック」のテクニックを使います。別の手にコインを移動させて、コインが消えたかのように思わせて、その間にコインを机の下に落とすということです。以下の動画で紹介していますので、上のやつと比較してやりやすいほうを習得してみましょう。

5.コインがコップの中に瞬間移動する

最後に、コインがコップの中に瞬間移動するマジックを紹介します。これはコインとコップがあれば簡単にできるため、ぜひやってみるといいでしょう。

やり方は、コインを片方の手のひらで持っておき、もう片方の手に渡したように見せかけることがポイントです。そして、実際にコインを持っている手をコップの上において、それを落とすだけで瞬間移動したように見せかけることができます。

コインが消えるテクニックを、コップの中に落として瞬間移動に応用したものです。ぜひ、練習してみてください。

6.100円玉が増えるマジック

コインマジックには、コインが増えるマジックもあります。ここで紹介するのは、100円玉2枚をこすりつけていくと、3枚になるというものです。

これは、手の中に3枚目のコインを用意しておきます。そして2枚をこすりつけると、3枚になったように見えるので、机の上に手のひらをかぶせ、3枚目のコインも置くというタネとなります。

目の錯覚を利用したものですが、3枚に見えた後に、本当に3枚のコインがあることで増えたように感じてしまうものです。簡単ですので、練習してみるといいでしょう。

まとめ

以上がおすすめのコインマジックです。テクニックさえ習得すれば、100円玉や500円玉を持っているときに簡単に披露できるので、ぜひ宴会芸の小ネタとしてチャレンジしてみるといいでしょう。

特にコインの貫通系のマジックはあり得ないことが起きるということでウケが良いと考えられるので、おすすめです。

また、トランプや他の道具を使ったマジックもおすすめで、以下の記事でそのやり方を紹介していますので、ぜひ合わせて読んでみるといいでしょう。