ストレス発散目的の食べ過ぎはNG!やけ食いを防ぐための対策方法4選

ストレス発散目的の食べ過ぎはNG!やけ食いを防ぐための対策方法4選

ストレスが溜まると、その衝動を食事で爆発させてしまう方もいるでしょう。そんなやけ食いは体にとても悪いです。

健康のことを考えずに、好きなものをたくさん食べまくるということは、確実に体に悪影響を及ぼしますし、肥満の原因にもなるでしょう。

そんなストレス解消目的でのやけ食いは絶対にやらないようにするべきです。そこで、今回はやけ食いを防ぐための対策を紹介します。ストレスが溜まるとやけ食いに走ってしまうなんて方はぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

やけ食いを防ぐための対策方法4選

1.別の方法でストレスを解消する

ストレスによるやけ食い防止の一番の対策としては、別の方法でストレスを解消するというものです。

やけ食いは確かにストレス解消になりますが、体に悪すぎです。他にも解消法はたくさんあり、体に負担のかからないものにしましょう。

お風呂に入ってリラックスをしたり、趣味に没頭したりするのが良いです。ストレスが溜まりやすい人は、ストレスそのものの原因を解消するようにしてください。

なお、以下の記事ではお勧めのストレス解消法を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

めちゃくちゃ簡単!!どんなストレスでも簡単に解消してしまう方法30選

2.おかわりは用意しない

食事の際にやけ食いをしてしまう場合には、あらかじめ食べる量だけを用意しておき、おかわりは用意しないようにすることが効果的です。

おかわりがなければ、それ以上食べ過ぎることがありません。料理を作り終わったのであれば、食材や調理器具を片付けてしまうのが良いでしょう。

また、外食では食べ過ぎないように余分なお金は持っていかないようにすれば、追加注文によるやけ食いを防ぐことができます。食べ放題も避けるようにするべきです。

3.誰かと一緒に食事をする

やけ食いをしてしまう場合には多くの場合が1人で食べているときでしょう。ストレスが溜まっていると満腹を感じにくくなり、それによって歯止めが効かなくなります。

それは他人から見れば明らかに異常なので、誰かと一緒にいれば食べ過ぎを指摘して防いでくれるはずです。

なので、やけ食いしそうな場合には一人で食事をせずに、誰かと一緒に食事をするといいでしょう。そうすれば、その人が食べ過ぎを止めてくれるでしょう。

4.余分なお菓子や食べ物をストックしておかない

また、余分なお菓子や食べ物を家にストックしておかないようにしましょう。これは、やけ食いに走りやすい人は要注意です。

やけ食いしたくなった場合に、ストックがあればそれだけ多くの量を食べてしまうことになります。ストックがなければ、それ以上の食べ過ぎは防ぐことができるでしょう。

なので、必要以上のお菓子や食材のストックは控えるべきです。無駄なものを買い溜めしないようにしましょう。

まとめ

以上がやけ食いを防ぐための対策方法となります。ストレスが溜まると食欲に歯止めが効かなくなり、やけ食いに走りがちです。

しかし、体にはとても悪いので、別の方法でストレスを解消したり、やけ食いに走ってもそれを防ぐことができるような対策をするといいでしょう。

やけ食いは一度癖になると悪循環してしまうことがあるので、ぜひ以上の対策をして防ぐようにしてください。

なお、以下の記事ではやけ食いや暴飲暴食による体への悪影響を紹介していますので、ぜひ合わせて読んでみてください。

病気や健康障害の原因!やけ食いや暴飲暴食の体への危険な悪影響5選