努力しても報われない!真面目な性格の人ほど損をしてしまう理由5選

真面目か不真面目のどちらが良いかと問われれば、ほとんどの人が「真面目」が良いと答えるでしょう。人間の理想像は真面目で何でもきちんとこなせる人であり、それに近いほど「真面目でえらい!」と評価されます。

逆に、不真面目であれば、「だらしがない。もっと真面目にやれ。あの真面目な人を見習え。」と批判されて、真面目になるように諭されます。

ですが、それは人間の考え方や観念の話だけです。実際の現実においては、理想像とされる真面目な人ほど損をしてしまう世の中となっています。そして、だらけて楽をしようとする人ほど得をすることが多いです。

真面目な性格が理想とされているのに、その真面目さが報われないとなれば、かなり理不尽な世の中です。真面目に頑張っているのに報われなくて、うつ病にかかる人もいるものです。では、なぜ真面目な人が損をしてしまうのでしょうか。今回はその理由について紹介します。

真面目な性格の人ほど損をしてしまう理由5選

1.色んな人の言いなりになってしまうから

真面目な人というのは、何もかもきっちり行おうとします。そのため、人から何かを頼まれたり指示されたりすれば、その言いなりのままになってしまいます。

「断ったら相手に迷惑」「自分が頼まれたんだから自分がやるしかない」「相手が困っているから手伝わなければ」などと考えてしまうので、頼み事や指示を断ることができないのです。

そのため、どんな理不尽な頼み事も聞いてしまいます。結果的に利用されてしまうのです。不真面目な人が自分が楽をしようと真面目な人に面倒なことを任せることで、真面目な人が損をするという構図ができあがってしまいます。

宿題の答えを見せてあげる、相手の分もやってあげるというなどがこれに当てはまり、真面目な方が損をして、自分を利用するずる賢い人が得をするのです。

2.他の人よりも期待されやすいから

また、真面目な人は何事もきっちり行うため、その真面目な姿勢が評価されるし、それだけ他の人よりも優秀である可能性も高くなります。

そのため、他の周囲の人よりも期待されてしまうのです。結果的に、他の人よりも多くの仕事を任されるなんて羽目になってしまいます。

真面目な人に仕事をやってもらいたいのは当然ですが、給料も変わらずに他の人よりも多くの仕事を任されるなんてこともあり、それでは完全に真面目な人が損をすることになります。昇給があったとしても、増えた仕事量には比例しないことが多いです。

もちろん仕事だけではありません。学校で真面目だから学級委員長をやる羽目になるなど、どんな状況でも真面目な人は他の人よりも大きな負担を背負うことが多く、それで損をするということになります。

3.運によって左右される世の中だから

また、世の中を生き延びるためには運も必要となります。一生懸命頑張れば、努力をすれば報われるとよく言われますが、それが当てはまらないことも多いものです。

自分が真面目にやってできないことでも、他の不真面目な人が適当にやったら、たまたまできたなんて感じです。また、仕事で自分が一番頑張っているのに、まったく評価されないということもあります。

真面目に頑張ったから全てがうまくいくというわけではなく、生まれながらに持っている運や、その時々の状況で左右されることもあります。真面目に頑張っても報われないとなれば、確実に損になります。

4.才能の差は埋められないから

また、生まれながらに持っている自分自身の才能に関しても、真面目・不真面目の不公平や理不尽さを生み出しているものです。

いくら頑張ってもスポーツができない人もいれば、練習しなくても運動神経が抜群な人もいます。勉強や仕事などについても同じです。

才能も運の1つであると言えますが、元々の能力によって真面目さが報われないことがあるのです。このケースでは、真面目に頑張っている人はなかなか成功しないことで、「自分には才能がないから」とうつ病になることが多いでしょう。

5.人は他人を見た目だけで評価しがちだから

また、人は他人を見た目などの上辺だけで評価しがちということも、真面目な人が損をしてしまう理由でしょう。人は「目」でものを見るので、それによる視覚的な情報に頼ってしまい、本質を見抜くことがおろそかになります。

仕事で一生懸命頑張っているのに、顔がやる気なさそうだからとマイナス評価を得ることがあれば、サボっているのに遠くから見てまじめにやっているなとプラスに評価されることもあります。

自信満々なのに「やる気あるの?」とか聞かれたり、しっかりやっているのに「だらだらしてないで」などと言われることもあるでしょう。

また、恋愛などでも性格重視といっているのにも関わらず、外見を大きく評価されます。テストにおいてもカンニングがばれなければ、その嘘の点数がその人の勉強力として評価されてしまいます。

このように、上辺だけ評価されて、重要な本質が評価されていないということが、この世の中には多いのです。「自分ではそんなつもりないのに」「ちゃんとやっているのに」と腹が立つ経験をしたことのある人は多いでしょう。

人はものを目で見る生き物だからこそ、顔の良さや表面上だけの架空の成果で、その人の本質までもが評価されてしまうなんてことになります。つまり、真面目にやってもその通りに評価されるとは限らないということになります。

まとめ

以上が真面目な人が損をしてしまう理由となります。真面目だと他の人に悪く利用されてしまったり、大きな負担を背負わなければいけなくなります。

また、運や才能も関係してきて報われないこともあれば、真面目に頑張っているのにその通りに評価されないということもあるのです。

この世の中は真面目であれば何でもできるという単純なものではありません。悪い行いをするずる賢い人が、罰せられずに得をするなんてこともあります。

全てのことを真面目にやってしまえば損をするだけなので、本当に真面目にやるべきこととそうでないことを、きちんと分別して判断するといいでしょう。自分のやる必要の無いものや、自分には合わないものを頑張ってする必要はありません。自分が頑張って成果のでるものに真面目に取り組むことで、報われるようになります。

なお、以下の記事では真面目で損をしてしまう人の特徴、頑張っているのに報われない人の特徴を紹介していますので、ぜひ合わせて読んでみてください。