自画自賛する人への対応方法のコツ18選とは?

自分を褒める人や自画自賛する人は、いつもいつも自慢話ばかりで関わっていると本当に疲れちゃいますよね。

そんな輩には、なるべくうまく対応して、こちらのストレスや苦労が無いようにしたいものです。

そこで、この記事では、自分を褒める人や自画自賛する人への対応方法について紹介したいと思います。

自分の周りの自画自賛ばかりする人がいて面倒!なんて思っている方は、ぜひ読んでみてください。それではどうぞ!

自画自賛する人への対応方法18選

1.適当に聞き流し、その場を離れる

自画自賛する人は、誰かに否定されることに慣れていません。

「でも、そういう場合って・・・」といった反論をしてしまうと、それを攻撃と受け止めてしまいます。

そうなると、面倒くささが倍増。あなたの貴重な時間を延々と奪われかねません。

そこで自画自賛がスタートしたら、返答は「へえ~」「そうなんだあ」「すごいね」の使い回しでOK。顔は笑ったまま、適当に聞き流しましょう。

時々、頭だけで相槌を打ち、いっさい褒めたり持ち上げたり、話しに食いついたりしないことです。

それでもあまりにも自慢話が長引くようであれば、「これを片付けてから又、後で聞くよ。」「ちょっとごめんねー」と笑顔で伝え、一旦、その場を離れてしまいましょう。

後はただ、ひたすら忙しい振りをすればいいだけです。それを繰り返すことで、あまり自慢話に興味がない人なんだと、相手に思わせる動機づけになります。

そうなったら占めたもの。きっと話しを聞いてくれる他のタ―ゲットを探すようになるはずです。

2.話を掘り下げない

自画自賛ばかりする人の話を聞いていると、つい話を聞き返してしまうこともあるでしょう。

そうなると、その自画自賛ばかりする人にとっては、ラッキーと感じます。それは、気持ちよく話すことができる相手を見つけることができたからです。

そうなると話が長くなることがあります。なので、話を掘り下げないことが大切です。やっぱり相槌を適当に打つに限りますね。

3.しつこいタイプには同調せず関心がないことを示す

ただ、あまりにもしつこいタイプの場合には、適当に相槌をするだけでも逆効果になります。

自画自賛をしがちな人は他人に認められたいという承認欲求が気持ちが強くあります。

もし、やんわりとでも、その自画自賛を「すごいねー」だとか「流石だね」など心がこもっていなくとも同調してしまえば、「この人は自分を認めてくれる」と認識され、繰り返し自画自賛を聞かされる対象になりかねません。

そのようなことは回避したいものです。そこでおすすめするのが「ひたすら気の無い相槌を打つ方法」。

これで、「私はあなたの話に全く興味がありません」ということをアピールすることができ、話を聞いてもらえないと悟った相手はすぐに次の自慢相手を探しに行きます。

なので、「ふーん」「へぇ、そう」というような興味のなさそうな返事をして、本当に関心がないことを示すことがおすすめ。

たとえば、もともとひけらかそうとしたことでこちらの知識が欠乏していると、相手も話していても「こいつわからないんだな」となれば、面白いどころかだんだん面倒になっていきます。

つまり、自分がほしい以外の反応を見せると、「こいつに話をしても仕方ないな」となっていきます。

こちらが関心が無いと思うとそれ以上のことはしてきません。何度か自画自賛に対処すれば、自然とそれに付き合う回数が減っていくでしょう。

4.相手を責めない

自画自賛ばかりする人には、本当に疲れてしまいますね。そして本心としては、そんなことは聞きたくないと思ってしまいます。そのため、つい嫌な顔になってしまうことも。

しかし、それが上司である場合や、友人である場合は、長く付き合うことが必要になります。そのため、相手が不愉快に思う行動はしないようにしましょう。

また話をしている時に、その話について責めることも禁止です。責めてしまうと、その人を落ち込ますことになります。ときには逆鱗に触れてしまうこともあるでしょう。

適当に相槌を打つのが正解です。

5.LINEは既読無視に限る

面と向かって自画自賛されるよりも、意外に面倒くさいのがLINE等のメッセージで自慢されることです。

「いったい、どうやって返信すればいいのさ」と悩んでしまうことでしょう。

そこで、そういったメッセージは既読無視に限ります。

後日、面と向かって「メッセージを送ったんだけど?」と聞かれたら、「ああ、すっごいなあと思たけど、言葉にするのが難しくて~」と言ってしまいましょう。

義理で1度でも返信してしまうと、ターゲットにされてしまいます。「応えようがないなあ」というスタンスがベストです。

6.聞き役を別の誰かに任せる

自画自賛する人はどこに行っても鬱陶しがられてしまいます。だから、少しでも「うんうん」と話を聞いてくれる人のそばから離れません。

でも、話しを聞くことを嫌とは言えないあなた。近くに居る知り合いに役割を振ってしまいましょう。

たとえば、自画自賛する人が話を始めたら、「ねえねえ、○○さん。聞いてあげて、すごいんだよ」と誰かを会話に引き込みます。

そして、後は自分が消えるだけ。いつも同じ人を被害者にすると警戒されてしまいますが、その辺りを上手くすれば問題ありません。

7.話をさりげなく変える

自画自賛ばかりする人の話を聞いている時、いつになったら終わるんだろうと思うことがあります。その話をしている人は、気持ちがいいのでどんどん話します。

しかし、聞いている人はたまらないですね。そんな時には、その人が話をしている内容で共通点を見つけて、さりげなく話をそらすのがおすすめです。

面倒だから話を変えるということが、あからさまに分かるようにすると、相手が気分が悪くなります。そのため、あくまでもさりがなく逸らすということをすようにしましょう。

8.話を聞いてあげるのもときにはおすすめ

もしも関係性を崩したくない相手の場合には、自分にストレスがたまらない程度に、話を聞いてあげるのもおすすめです。

たとえば、スタイルを自画自賛する人は、それだけ努力をしてきたことを認めて欲しいという気持ちがあります。確かにスタイルをそんな風にすることができるのは、相当な努力をしていることがわかります。

そのため、その努力について聞くようにすると、相手は満足しますし、自分のためにもなります。自分の知識としても役に立てることができるのです。

ただし、話を聞くとずっと自画自賛ばかりするタイプは、やはり聞き流すのがベストです。そんな人との関係性は捨てるようにすることがおすすめになります。

9.皮肉をこめて褒めてみる

まだ重度でない自画自賛をする人は、相手の発言を注意して聞いています。その特徴を活かすことでうまく対応できることもあります。

「ずいぶん自信があるんだね」「人にそんなに自分のこと話せないや、すごいね」といった自画自賛をすることに対して、皮肉をこめて褒めてみるも対処法のひとつです。

他人の発言に気を向けている人であればそのうち皮肉を言われていることに気づき、それまでしていた自画自賛に恥ずかしさを覚え、パタリと自画自賛がやむでしょう。

10.あえて褒めてあげる

ある統計では、「頭の悪い人、能力の無い人、嫌われている人ほど自己肯定が激しい」という結果があるようです。つまり、いつも自画自賛ばかりしてくるあの人は、先述の3つに当てはまる人になります。

そんな自己肯定を望んでいるタイプには、あえて褒めてあげることが有効です。

とても可哀想な人だなあという哀れみの気持ちを持ちつつ、とにかく相手を褒めて褒めて褒めちぎりましょう。

たとえば、学歴について自画自賛する人がいます。自分の事を、その話している人よりも優位に立たせたいと言う、そんな気持ちが込められています。

また、その裏返しでもっと高いところを目指したかったと言う気持ちも込められています。

それゆえ、その気持ちを踏んだ上で、話を進める必要があるので、そのエリートの考えについて、褒めてあげましょう。すると、そのことで満足をすることができます。褒めないと、もっと話すことになります。

もともと認めて欲しいと言う気持ちで自画自賛話をしてくる相手ですから、褒めてあげればもっと良い気分になりますし、認めてもらったことで別の自慢相手を探しにその場を離れます。

可哀想な人だと思う気持ちがあれば、褒めるときに腹が立つこともありません。

11.気分を良くさせて利用する

もちろん、ただ褒めるだけではこちらは無駄なエネルギーを消耗するだけのデメリットしかありません。

しかし、褒めるのにもいくつかメリットがあります。それは気分が良くなった相手から見返りを得ることができるかもしれないということです。

自画自賛を聞かせてくる人は機嫌がよくなっていることがあり、おだて上げ、褒めることによって何か後で見返りが期待できるかもしれません。

自画自賛人間は結構マメな人が多いのです。そして褒めると頑張っちゃうタイプが、中には結構います。

「凄いね!私にはできないよ」的に褒めて、密かにお得なところを狙ってみてください。

たとえば、上司や同僚には怪訝な態度をあらわにすると、その後の人間関係に支障が出る可能性があります。ここは一つ、そんな人間関係の修行の場と割り切って対処するのが一番です。

自慢話を聞かされたら、とにかく、嫌な顔をしないで褒めてあげましょう。相手は褒めてもらいたいのですから、その心理を鷲づかみにするんです。

それだけで、自画自賛人間の中のあなたのカブがあがります。

そうなると、上機嫌な上司から雷を落とされる頻度も減り、逆に飲みに連れて行ってくれたり、食事を御馳走してくれたりするなど、よりよい関係を築くことができます。

同僚であれば、仕事上で協力を取り付けるのも容易になるので、自分がめんどくさいと思う仕事を押し付けて見ましょう。しかも今まで聞いてきた、自慢話にかこつけて。

「お前この間、会計士の勉強してるって言ってたよね。俺、計算苦手でさ。これやってもらえないかな?いや、無理にとは言わないよ。だた本当にお前計算早いから、俺がやるより早く終わるかなって」って言う感じで。

自慢話をやんわりと褒め称えながら頼むと、自画自賛人間は「しょうがねぇな」的な感じで動いてくれるようになります。

褒めて利用できるかどうか判断するには?

自慢話の内容を聞けば分かります。

「本当にすごいな」と思う事がいくつかある場合、または、「自分でそういうことやるんだ」と思うような内容がある場合は、使える自画自賛人間です。

自慢話の中で、「なんでこの人そんな事自慢してるんだ?」「誰だってできるだろう?」みたいな内容の場合は、あまり付き合いをしない方がいいでしょう。

なぜなら、誰でもできるような事を自慢する人は、誰かに何かを頼まれても、動いてくれない可能性が高いからです。

12.すべてなすりつけて未熟さをわからせる

褒めちぎってあげるとなんとかも木に登ると言いますね。そんなに自信があるならこの人にすべて任せよう作戦がおすすめ。

なんか問題が起きたら、すべてその人になすりつけてしまいます。「だって自信があるんでしょ?」って話ですよ。

自分もそこまで自信をひけらかした手前、やっぱり出来ませんでしたとも言いづらいからです。

結果、できませんって話になれば、「でしゃばった真似をしたらこんな目にあうんだ」って理解するようになり、誇張まじりの自画自賛をやめる可能性が高くなります。

まあ懲りないやつはまた同じように、何かをなすりつけ、その人の未熟さをわからせればいいだけです。

13.もっとすごい人を教えてあげる

ひと通り相手の自画自賛話を聞いてあげたうえで、その話においてもっとすごい人の話を教えてあげるのも1つの対応方法です。

自画自賛ばかりする人は「すごいね~!」と言ってもらうことで優越感を得て、常に自分がナンバーワンでないと気が済まないので、この方法で相手の心を折らせ、自画自賛を終了させることができます。

一歩間違うと相手を激昂させてしまう恐れもありますが、自分に自慢ばかりしてくる相手と今後も仲良くしていく必要も無いので、ガツンと言ってやりましょう。

14.ギャグとして受け取っておく

たまに自画自賛をしたり、自分の自慢話を聞かせてくる人がいます。

あまりにしつこいなら対応も変わりますが、時々に限って、「私ってすごくない?的な自画自賛を聞かせてくる程度ならば、ハッキリ言えばそれはギャグで言っている可能性があります。

それほど不愉快に感じないのであれば、それはギャグで言ってるんだろうなと受け取っておくべきです。

急に自画自賛してきた人と、一緒になって笑いあっておけば、円満的にその場は収まります。

15.ツッコミ対応もおすすめ

人間ストレスを溜めてしまうことで、ろくなことが起きないわけですが、自画自賛や自慢を聞かされ続ければ、それは当然ストレスです。

だからそんな時は聞きたくないと拒絶してもいいのですが、積極的にツッコミを入れてあげることで、ストレス回避につながります。

「たとえばどうすごいでしょ?」的な話になったら、「この人完全に自慢ですよね?」と笑いながらツッコミを入れます。

そうして、自画自賛する人が自慢を繰り返していることを分からせるようにします。ひどく批判しているわけでもないので、その場の雰囲気をマイナスにしない秘訣にもなります。

16.相手以上に自分の自慢話をする

自慢話が始まったら大袈裟過ぎるくらいの過剰な反応で、のりのりになって相手の話しに相槌を打ったり、「それで?それで?」と持ち上げましょう。

相手が上機嫌になったのを見計らって、次は自分自身の自画自賛をスタートさせてください。それも嫌と言うほど、盛りに盛った自慢話をしましょう。

この方法は、自画自賛を聞かせられた者がどれほど不快な思いをしているかを相手に自覚させるのが目的です。

ただし、自分自身が嫌な人間だと周りに勘違いされないように、同じ気持ちを共有する何人かの友人や同僚に、あらかじめ作戦の内容を伝えておくか、一緒に関わってもらうようにすることが大事です。少しでも相手に気付きがあれば、自慢話も徐々にしなくなるでしょう。

17.自慢話大会を開こうと提案する

自画自賛する相手に、「すごい引き出しがいっぱいあるんだね。僕だけに聞かせるなんて勿体ない話しだよ。」と気分よくさせます。

そして、忘年会や新年会の隠し芸の一つに、自慢話大会をぜひ開いて、みんなに聞いてもらおうと、真面目な顔で提案してみましょう。

一般常識でものを考える人間であれば、自慢話が受け入れられるどころか、嫌悪や疎外感を生み出す要因であることに容易に気づくはずですし、そんな提案に激怒してもおかしくありません。

しかし、自画自賛が大好きな人は自慢話大会に興味を示し、乗ってくるはずです。ここは思い切って友人や知人の協力を仰ぎ、実現可能なプランを立ててサプライズで企画を進めましょう。

当日の自慢話大会では、相手は延々と自画自賛の一人芝居で、観る方は冷ややかに無反応を貫き通すのです。そうすれば、相手はショックを受けるでしょう。

そうすれば、相手は自画自賛をやめる可能性が高くなります。もちろん、ショックを与えた相手には、フォローしてあげることも忘れないようにしてください。

18.はっきりと不快さを伝える

自画自賛が習慣になって、それを長い間続けている人であれば、残念なことに皮肉にも気付かずいつまでも自画自賛を続けているでしょう。それがあなたや周りの人をイライラさせることも確かです。

そんなふうに、何をしても自画自賛をやめないという相手には、自画自賛の不快さを直接伝え、改めてもらうようにしましょう。

その際、一対一では気まずくなったり、後々の人間関係に支障をきたす可能性もありますので、同じ気持ちを持ち信頼できる数人の仲間とともに、穏やかに話して聞かせるのです。

それと同時に、相手の良さも十分に理解していること、これからも友情は何一つ変わらないと伝えることが大事です。

相手が納得すれば、それ以降は信頼して見守るようにしましょう。会話が自慢話になりそうになったら、その都度、「それはNGだよ」と軌道修正してあげます。

自画自賛をする人は承認欲求が強いため、相手を不快にさせることで自分は認められなくなるという状況を何としてでも避けようとします。そのためこの効果は絶大です。

そんな繰り返しの中で、相手は友情を感じながら自画自賛の無意味さに気付き、成長するはずです。

相手を諭すのは勇気がいるものですが、長い目で見ればあなただけでなく、その相手、またあなたの周りの人のためになるのですから、1度でも直接相手に言ってみる価値はあるでしょう。

まとめ

以上、自画自賛ばかりする人への対応方法になります。

まずは適当に聞き流すことがおすすめです。いくら聞いてもこちらには意味がありませんからね。

相槌を打つのすら嫌な場合には、誰かに聞き役を任せたり、話を変えたりすることもおすすめです。最終手段として、はっきり指摘するのも1つの手になります。

また、褒めちぎって良い気分になったところをうまく利用するなんて対応の仕方もあるので、相手の反応やタイプによって適切な対応をしてみるようにしてみてください。