自分を褒める方法や上手なコツ・やり方22選とは?

何か頑張った日には、自分を褒めたいなんて思いますよね。もしくは、モチベーションアップのため、はたまた自己嫌悪を改善するために、自分を褒めてあげたいなんて場合もあるでしょう。

しかし、いざ自分を褒めようとなると、「難しい…」「どう褒めればいいのかわからない」なんて困ってしまう方も多いと思います。また、素直に自分を褒められないなんてこともあるはずです。

うまく褒めることができないと、逆にイライラしてしまうこともあり、そうなれば本末転倒です。

しかし、いくつかコツややり方を意識すれば、自分をうまく褒めることができます。そこで、この記事では自分を褒める上手な方法について紹介します。

「うまく自分を褒めたい」「素直に自分を褒められるようになりたい」と考えている方はぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

自分を褒める方法や上手なコツ・やり方22選

1.声に出して自分を褒める

自分を褒める場合には、なるべく声に出すことがおすすめになります。

頭の中で考えていても、それでは意味がないことが多いです。声に出し、自分の耳でそれを聞くことで、初めて自分からの称賛を自分で受け止めることができます。

実際に声に出して褒めることで、「自分を褒めることができた!」という実感がわきますし、何よりも強い励みになるでしょう。

また、実際自分はどういう人間か、どんな人間になりたいかを声に出して言ってみるのもいいでしょう。

そうすると、自分自身がどんな人であるのかを見直すきっかけになり、新しい褒めるポイントや、今後の目標などを明確にすることができます。

2.小さなことでもできたことを褒める

何か特別なこと、特殊で難しいことができれば、自然と他人からも褒められ、自分でもよくやったという気持ちにもなります。

しかし、そんな大それたことはそう頻繁にはありえません。そのような大きなことを成し遂げた場合にしか自分を褒めてはいけないなんて決めつけると、自分をうまく褒められなくなります。

そこで、日常のほんの小さい、些細なできごとでもいいので、そこに目を向けて自分を褒めるようにしてみてください。

ちょっとした頑張りでできたことというのは、普段生活していく中でも十分にあります。

たとえば、

  • 家事をやった
  • 人に道を譲った
  • 困っている人に手を貸してあげた

なんて、いろいろあるはずです。

そういうことを見つけ、自分で頑張っていると褒めるようにすると、肯定的な気持ちになって自分で褒めやすくなるはずです。

3.褒めるポイントはひとつだけでOK

自分を過剰に褒めようとすると意外にストレスに感じてしまいます。人間、褒められるとうれしいはずなのに、それがストレス源になってしまうなんて意味がありません。

そこで、褒める項目は1つだけでも構わないと考えるようにしてください。

大きなことでも小さなことでもひとつだけ、「ココが良かったんじゃないかな」という風に、まずは1点だけ絞って褒め、それで満足するようにします。

すると、それに関連して褒めるネタがどんどん連鎖して見つかるもので、褒めどころが次々に生まれてくるようになります。

結果、自分の気分がよくなるくらい自分を褒めることができます。等身大の褒めネタでいいのだと満足すれば、誰でも上手に自分を褒められるものなのです。

4.今のそのままの自分を褒める

何も褒めることがないなんて場合もあるでしょう。そんなときには、今のそのままの自分を褒めるようにしましょう。

「大それたことなんてしなくても、生きてるだけで頑張ってるんだから、すごくえらいよ!」なんてのがおすすめですね。

また、休む場合にも、「休んでえらい!いっぱい休んで、明日から気分入れ替えて頑張ろう!」なんて感じで褒めるのもおすすめです。

実際、褒めることができるポイントなんていくらでも見つかるものです。そのありのままの自分をありのままに褒めることで、自分への褒め上手になることができます。

5.小さな目標からスタートする

何事においても、いきなり大きすぎる目標を掲げて失敗するケースがあります。

高い目標を掲げることが悪いわけではないのですが、最初は小さな目標から初めてみることが理想です。

人は、小さくても何か物事を達成すると喜びを感じます。そしてその喜びのためにまた新たな目標を掲げる。このくり返しなのです。

まさに一歩一歩という感じですが、これは自分を上手に褒めるためのコツでもあります。

目標を達成する度に、自分を肯定する気持ちが強くなって素直に褒めることができます。

6.細かい失敗・欠点は気にしない

何事に関しても完璧を求めるとなると、「やはりあれは駄目だったのでは?」「これだけはどうも納得いかない」などと、どうしても細かな欠点や粗を探してしまいがち。

これでは褒めるべき点もその存在が薄れてしまい、結果的に自分が大した事をしていなかったかの印象を自分自身に与えてしまいます。

そこで、とりあえずは細かい部分は置いておき、まずは素直に自分の成功を褒め称える習慣を付けましょう。

そうすれば快く自分を褒めることができます。気分も良くなり、その後のモチベーションもアップするものです。

7.感覚的な言葉で褒めてみる

褒めることをイメージするとたいていの場合は、「私は○○だったから、えらい」「○○なところをよく頑張った」など、具体的なものをイメージするのではないでしょうか。

しかし、具体性のあるようなことをしていなかったり、言葉で表現するのが難しかったりすることもあります。

そんなときでも自分をうまく褒める方法として、感覚的な言葉を使うようにすることがおすすめです。曖昧表現や抽象表現ですね。

たとえば、「今日は上々だ」「ハナマルだ」なんて褒め方をしてみてください。すると、とっても気軽に褒め気分に浸れます。難しいことは考えず、感覚的にやることがオススメです。

8.自分と他人を比較しない

自分を上手に褒めるには自分と他人を比較しないようにすることも大切です。

人間、何の分野においても下を見ても上を見てもキリがありません。ごく一部の人を除き、世の中には自分より優れた人がたくさんいるものです。そんな人達と自分を比べてしまうと自分に自信が持てなくなってしまいます。

自分の中ではベストを尽くしたとしても、それを人と比べた時、自分は全然ダメだと思ってしまうことがあります。

「あれを頑張った。これをするために精一杯努力した。でも、他の人はもっと頑張っている。自分なんて大したことないんだ…」なんて感じですね。

そのため、できるだけ自分と他人を比較せず、人は人、自分は自分と割り切って考えるようにすることが大切です。

比べる対象はあくまで過去の自分。それで良いのです。他人と比べるということをやめれば、どんな些細なことでも自分が頑張っているという事実が見えてきます。

そうすれば生きるのが楽になりますし、些細なことでも自分を素直に肯定できるようになるので、自分を上手に褒められるようになります。

9.自分の長所だけを見る

他人と比較せずに自分だけを見るようにし、さらに自分の長所だけに視野を絞ることで、よりうまく自分を褒めることができます。

誰にでも長所と短所がありますが、自分の短所ばかり気にしていると自分に自信が持てなくなってしまうので、自分を上手に褒めることができません。

しかし、自分の短所には目をつぶり、長所だけを見るようにすれば自分に自信が持てるようになるので、自分を上手に褒めることができます。

「自分には何も長所がない」と思ってしまう人もいますが、この場合はほんの些細なことでもかまわないので、もう一度自分を見つめ直してみてください。

そこで発見した長所について自分を褒めるようにしてみましょう。

10.無理に褒めようとしない

あえて、無理に褒めようとしないなんてやり方も、自分を褒めるための上手なコツになります。

もし、褒められそうにもないのに、無理に自分を褒めようとすれば、空回りして自己嫌悪のループに陥ってしまうこともあります。

そこで、「うまく褒められなくたっていいんだよ。ときには何もない日もあるさ!」と開き直った感じで、自分を励ましてみてください。

そうすれば、気分は軽くなるはずです。そして、小さなことでも頑張ったことができた場合、それを素直に褒めることができるでしょう。

11.友達の意見も聞いてみる

たまには友達の意見も取り入れることも自分を褒める方法の1つ。

仲のいい友達であれば、単刀直入に、自分が頑張ったことや長所を聞けば、教えてくれるはずです。

客観的な意見は非常に貴重ですから、それは自分を見つめ直す機会になり、自分を褒めることのきっかけになるかもしれません。

「あの人は私のことをこんな風に思ってくれていたんだ」なんて考えながら、そういった意見をもらえた自分を褒めつつ、そしてその出来事自体への称賛をしてみましょう。

12.他人から褒められたら素直に受け止める

自分を上手に褒めるには、他人から褒められたらただの社交辞令だと思うのではなく、素直に受けとめるようにすることも大切です。

「そんなことはありません」「私の力ではありません」と謙虚に反してしまう人もいるかと思います。

その場合、心の中では「よくやった」と思っていても、反対の事を口に出してしまうと、知らずの内に自分を過小評価してしまい、うまく自分を褒めることができません。

そこで、人に褒められたら、素直に「ありがとうございます」とお礼を言って受け入れるということが肝心になります。

そうすれば、その評価をすんなり受け入れることができ、「他人から褒められるくらいだから、それだけ自分は価値がある人間ということだ」と思えるようになるので、自分を上手に褒められるようになります。

また、他人から褒められることが多ければ多いほど、自分に自信が持てるようになり、さらに自分をうまく褒めることが可能です。

なので、できるだけ勉強や仕事を頑張ったり、他人に優しく接したりすることも大切です。

13.自分をうまく褒めている人のまねをする

自分を上手に褒めるには、他人を真似するやり方もおすすめ。

たとえばお笑い芸人に「さんまさん」がいますが、彼は話術が達者で相手の話を面白おかしくするのが得意なことはすぐにわかります。

さらにお笑い怪獣と自分を称しているように、自分をうまく褒めてますます人気を得ています。

さんまさんのレベルまでいくのは大変ですが、少しぐらい失敗しても落ち込まないで自分のいいところを積極的に褒めるところは真似できます。

もちろん、芸能人だけではなく、普段接している友人や職場仲間でも大丈夫です。自分をうまく褒めることができている人がいれば、真似してみてください。

真似していくうちに、その人と同じように自分も自分で褒めることが上手になっているはずです。

14.他人を褒める

自分を上手に褒めるコツは、他人を褒めることで学ぶことができます。

褒めるというのは習慣や連鎖につながります。歯の浮くようなお世辞では真実味がないですが、普段から他の人のすごいと思うようなことをさりげなく褒めるというのは、自分自身のふり返りにもプラスになります。

とにかく小さなことでもいいので、家族でも友人でも会社の同僚など、その人の良いところを見つけて褒めてあげてください。

たとえその人が失敗していたとしても、褒めるべき部分は褒め、そして前向きな言葉をかけて励ますようにしてみましょう。

他人を褒めれば、人が褒められるとうれしくなる言葉やポイントがわかってくるようになります。同時に、他人のも自分のも、いい点を客観的に見つけやすくなります。

そうなると、不思議と褒め方のバリエーションが増えていくので、自分を上手に褒めることができるようになるはずです。

また、他の人を褒めたときは、その褒めたこと自体を褒めるようにしましょう。「私は人の良いことを見つけて褒めることができる!」その自信があれば、あなたの褒めるべき点もすぐに見つけられるはずです。

15.一日のうち、決まった時間に自分を褒める

忙しいと時間に流されて、その日の1日があっという間に終わってしまいます。たとえ何かいいことがあっても忘れてしまい、自分が何をしていたのか思い出す余裕がなくなります。

そこで、お風呂に入って湯船でリラックスしているときなど、1日のうち決まった時間に、その日自分がした良いことを褒める時間を作りましょう。

このように決まった時間に習慣づけて自分を褒めるようにすれば、自然と褒め上手になっているはずです。ストレスやモチベーション対策に効果抜群ですよ。

16.「今日のやることリスト」を作る

毎朝、今日は何をしようということを考えて、それを具体的にノートに書き、「今日のやることリスト」を作る方法もおすすめです。

たとえば、「ジョギング1時間」など具体的なことを書き出します。そして、寝る前に書いた項目ができたかどうかを確認して、できた項目をチェックします。

そうすることにより自分が立てた目標を確実に達成できたという事実が一目で分かります。そのチェックをつけたときに自分を褒めるのです。

自分で考えた目標をちゃんと達成したというすばらしい事実を褒めましょう。このようにすれば、簡単に自分を上手に褒めることができます。

17.良いことがあったときはノートにメモする

常にメモ帳やノートを持ち歩き、何か良い事あったときにすばやくそれを書き留めておくのもおすすめ。

普通に生活していると、「成功した」「うまくいった」という事が小さいことながらもあるはずです。「挨拶をしたら返してくれた」などの小さなことで構いません。

嫌なことは書かないことと、たまに読み返すこと、1回しかなかったことでも良いことは書き留めておくこと。こうすることで、自分の中の嫌なことが減っていき、良かったことが積み重なっていきます。

自分の良かったことがメモ帳やノートにどんどん積み重なっていくと、自分の意識・記憶にも蓄積されていくものです。

その結果、自分の良さが見えてきて、褒めるポイントがたくさん見つかるようになるはずです。

また、いちいちメモするのが面倒だという場合には、一日の終わりにひとつ書き出すと決めて、習慣づけることもおすすめです。

その書き出したことを朝に鏡を見ながら声に出して読み、「よくやった!」とそのことについて自分を褒めるようにするといいでしょう。

18.頑張ったときは自分にご褒美をあげる

誰しもが小さい頃、親から「テストで満点を取ったらゲームを買ってあげる」など、何か達成する見返りとしてご褒美をもらえたはずです。

実際に、ご褒美をもらえたときはうれしかったことでしょう。それを大人になった今、自分から自分へと実行するのです。

何か目標を達成したり、いつも以上に頑張った場合に自分へのプレゼントを用意します。前からほしかった時計や、ちょっと高い外食など、なんでも構いません。

自分にプレゼントを与えることで、褒めるという行為が形になりますので、自分を褒めているという事実が明確になります。

19.自分へのご褒美の日を作る

自分へのご褒美に関しても、習慣づけることがおすすめになります。

月に1度決まった日に、自分へご褒美をあげる。自分を褒めるべき部分がわからなくても、先にご褒美を設けることで、「なぜ自分にご褒美を与えるのか」を考えるキッカケになります。

その答えを明確にできるように自分を見つめなおすことができ、自分の褒めるべき部分が見つかるはずです。自分を存分に褒め、そしてご褒美をいただいちゃいましょう。

特に思い浮かばないない人でも、「1ヶ月頑張った自分へのご褒美」という曖昧なものでもいいので、そのような名目にしてみましょう。

そこから少し発展させて、「1ヶ月真面目に頑張った、真面目な自分にご褒美」とか、「1ヶ月我慢できた、我慢強い自分へご褒美」といったように、自分の長所が見えてくることもあります。

褒めるためのご褒美ではなく、褒めるべき部分を探すためのご褒美です。こうすれば、自分を褒めるのは簡単になるでしょう。

もちろん、毎月のご褒美なので、そんなに大きなものでなくても構いません。コンビニスイーツなどにすれば、お財布の心配もありませんからね。

重要なのは、自分を見つめなおし、褒めるべき点を見つけること。あくまでもそれを目的にして、ご褒美の日を設定してみてください。

20.自分を見つめなおす時間を作る

日本では、とにかく忙しいというのが現在の生活として一般的です。忙しければ、自分自身を見つめなおすという時間も持てず、自分を褒めるということもできません。

そこで、一日の中でも休日でも落ち着いて自分を見つめなおす時間というのをとる方法が、自分を褒めるコツでもあります。

自分を見つめなおすというのは、今日頑張ったことを思い返す時間でもありますが、反省したりする時間でもあります。

反省もあれば、よく頑張ったことや達成できたことなども、より深く思い出すことができ、上手に自分を褒めてあげることができるでしょう。

21.自分を好きになる

自分のことが嫌いで、自己嫌悪感が強いと自分をうまく褒めることなどできません。自分を褒めるということは、言うなれば自己を肯定する、もしくは認めるということです。

人間誰しも自分の嫌なところや劣っていると感じる点はあるので、なかなか難しくはありますが、それを受け入れることが大事になってきます。

そして受け入れるだけでなく、そこから自分を好きになるのです。たとえ、嫌いな部分でも、良い部分を見つけるようにしてみてください。

そうすると、素直に心から自分をうまく褒めることができます。

22.仲間同士で褒める癖をつける

自分の成功に対しどうも実感が湧かず、褒めようとしてもついついスルーしてしまうならば、周囲の同僚や友人といった仲間を利用してみる手もありでしょう。

成功に対し、たとえ自分がスルーしてしまいがちなことでも、必ず周囲からそれを褒める言葉をかけてもらうようにすれば良いのです。

もちろん、仲間が良いことをした場合、自分もその人を褒めるようにします。つまり、仲間同士で褒めあう癖をつけるということですね。

そうすれば、しっかりと褒めるべきことを仲間や友人が気付かせてくれ、改めて自分を褒めることができるはずです。

それに、褒めつつ褒められるなんて付き合いはとても気持ちがいいもので、仲間同士の結束もより深まるメリットがあります。

まとめ

以上が、自分をうまく褒める方法やコツになります。

本当に大それたことではなくていいので、どんなに小さいことでも、まずは自分を素直に褒めてみる癖をつけてみるのがおすすめです。

また、1日のなかで自分を褒めたり見つめなおしたりする時間を設定したり、なにか頑張ったときには自分にプレゼントをあげるなんてやり方もおすすめです。

自分を上手に褒めるようにする方法はいろいろとあるので、まずは自分がやりやすいものから実践してみるといいでしょう。

自分を上手に褒めることができれば、モチベーションは高まりますし、ストレスも解消できるのでいいことばかりです。ぜひ、あきらめず、自分を上手に褒められるようになってみてください。