自画自賛ばかりする友人・友達の対処法18個とは?

友人付き合いと言えば、仲のいい友達と楽しく遊ぶなんてことを思い浮かべますが、そんな友達付き合いにはいろいろと面倒なことも多いものです。

その1つとして、友達の自画自賛です。自分の優れた部分を自分で褒めるというものですが、そんな自画自賛ばかりする友達には本当に困ってしまい、こちらが疲れる一方ですよね。

そこで、この記事では自画自賛ばかりする友達の対処法や対応方法について紹介しています。自画自賛ばかりする友人にうんざりしている方は、ぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

自画自賛ばかりする友人・友達の対処法18個とは?

1.相づちを打って聞き流す

自画自賛ばかりする人は、呼吸をするのと同じ感覚で自慢をします。また、注意されたりして気分をさらに害されると、より自画自賛がエスカレートする傾向にあります。

自画自賛ばかりする人とうまく付き合っていきたいなら、どうでもいい自慢話にいちいち心を動かしてはいけません。自慢話を毎回真に受けていては体力も精神力も持ちませんから。

そこで、自画自賛話が始まったら、「あぁ、また言ってるや…」と思いつつ、軽く相づちを打ちながら聞いてあげるのが無難です。

それで調子に乗るもよし、この人はまともに聞いてくれないと諦めてくれるもよし、どちらにしても変にこじれることはありません。適当でいいんです。

自画自賛というのは、自分の中で完結しているので、友人は話の内容に共感されてるとわかれば、それで満足するからです。

ただ話すだけ・聞いてもらうだけで、自尊心がくすぐられて満足できるので、適当に流すだけでもいいお友達だと思ってもらえます。

相づちは、

  • 「ふーん」
  • 「そうなんだ!」
  • 「すごいね!」
  • 「さすが!」

など、当たり障りのないものを選んで、軽く打つようにしましょう。

コツは、話の内容を否定しないこと、相づちを打つ時に話を掘り下げないことです。そうすれば、うまく聞き流すことが可能です。

また、聞き流しているときには、頭の中で別のことを考えていると、自分のために時間を有効活用できます。

たとえば、今はまっている歌を頭の中で歌うとか、今学習していることの復習をするとか、今日の晩ごはんの献立を考えるとかして、その時間を有意義に使いましょう。

2.無理して会話を成立させない

自画自賛話が多い人は、基本的におしゃべりです。おしゃべりな人というのは話したいだけという人が多く、あまり人の話を聞きません。

コミニュケーション能力が高いので友人は多いですが、交友関係は浅く広いということが多いです。

話を聞いてくれる人が周りに欲しいだけということが多いので、無理して会話を成立させようとしないことが大切です。

まあ、実際会話しようとしても、友人のマシンガントークがさく裂するだけなので、うまくいかないですからね。

上述したように、聞き流して自分への負担はなるべく軽減させましょう。

3.褒めて機嫌をとる

自画自賛ばかりする人の話を聞いていると、自分のことばかりで聞いていてうっとうしくなることが多いです。けれども、そこは聞き流すのではなく、あえて自慢話にのってあげるのもおすすめです。

自画自賛する人は、他人からの承認欲求を満たしたいと思っています。つまり褒めてほしい、かまって欲しいのです。

実は自分に自信がない人も多く、自信がないからこそ、どうでもいい自慢話を繰り返してスゴイ自分を作り上げなくてはならないのです。

なので、自分のことを褒められれば、認められたと認識して、承認欲求が満たされ、自画自賛も収まります。

それならば、こちらもその欲求にあえて抗わず、口だけでもよいから、たまには褒めてあげましょう。

疲れずに褒めるポイントは、オウム返しです。自画自賛する友達に対し、その友達がいった言葉をそのまま繰り返し、褒めます。

「俺ってこうなんだぜ!すごいだろ!?」って言ってきたら、「そうなんだ!すごいね!」みたいに返答します。

ほかにも、褒め言葉のおすすめとしては、

  • 「すごい!」
  • 「かっこいい!」
  • 「さすが!」
  • 「やるじゃん!」

などがあります。

まあ心がこもってないものでも大丈夫です。その友達は認めてほしいだけなので、それで満足します。

天狗にさせてしまいそうと思うかもしれませんが、こちらがいつまでも認めてあげないと、その人の承認欲求はますます高まります。さらに自画自賛が多くなってしまうだけです。

褒めてあげることで、欲求が満たされ、自画自賛も減るはずです。

また、すべての話を褒めればこちらが消耗するだけなので、ときどき褒めるなんて対応がおすすめになります。

もちろん、褒められたことで有頂天になり、さらに自画自賛がエスカレートするタイプもいます。そのような方は、褒めることはもうやめて、ネタ切れになるまで聞き流すようにしてください。

4.要点だけ聞いてあげる

いつまでも続く自慢話の数々、ずっと聞いているとどんどんこちらの気が滅入ってきてしまいます。

褒める場合にも、すべての自画自賛に対応すれば、こちらの身が持ちません。そこで、要点だけを聞いてあげましょう。

すべてを真剣に聞く必要はありません。友人の自慢話は自分を認めてほしい欲求からきているものなので、最終的に自分の存在さえ認められればそれで満足するのです。

褒めてほしいであろう要点だけをしっかり見定めて、そこだけ聞いて応対してあげると彼らも満足ですし、こちらも負担が軽くなります。

5.寄り添いやさしい気持ちで見守る

なぜ自画自賛するのかを想像してみてください。自画自賛の激しい人は、承認欲求の強い人です。実は自分に自信がなく誰かに認められていないと不安なのです。

つまり、基本的にかわいそうな人が多いんです。親が褒めてくれなかったタイプだったり、頑張っているのに周りが認めてくれない、という人だったり。

なんにしても、報われないがゆえの反動で自画自賛してしまうタイプが多いんですよ。

そういった背景が見えてくると、その人に対するストレスや嫌悪感が薄れ、こちらの態度も丸くなることができるのではないでしょうか。

なので、その部分を理解して優しく見守ってあげることも必要です。友人に寄り添ってあげるようにしてみてください。

そのような雰囲気は相手に伝わるもので、不思議とどちらも落ち着いてくるようになります。

友達同士ならば、相手のそういうところもわかってあげるのも1つの友情ではないでしょうか。

6.素っ気ない態度をとる

素っ気ない態度をとることもおすすめです。これは相手の性格にもよりますが、逆上してこなさそうな人にはかなり有効です。

「こんなにスゴいんだぜ!」と言ってきたら、「それが?」とか「いちいち言わなくていいよ」と返します。

そうすることで、「この人に自慢しても無駄だ」と思わせてしまうのです。一度そういう印象を付けてしまえば、次から自画自賛をほとんどしてこなくなります。

ただ、相手の性格によっては喧嘩のリスクもありますので、友達の性格を考慮したうえでやるかどうか決めてみてください。

7.無視する

しつこい場合、自画自賛し始めたら完全に無視することも効果あり。

自画自賛ばかりする人の自慢話に、いつまでも付き合っていられるほど、こちらも忍耐強くはありません。

我慢できなくなってしまうまで我慢して、相手のことを嫌いになったり、自分の時間を無駄にしてしまったりする前に、相手の自慢話を「切る」技術を身に着けましょう。

つまり、無視するというテクニックです。

どんな話題でも話が続かないように返答するか、あるいは返事をしません。

友達もムキになって余計に言ってくるかもしれません。あるいは人の話を聞かないと喧嘩になるかもしれません。しかし、その覚悟で無視しましょう。

そんなタイプの人は、そうでもしない限り延々と自画自賛をし続けるからです。

あなたの話はそれ以上聞きたくないと態度で表すようにしてください。無視することで、もしかしたら友達も気付くかもしれません。そうなればあなたの勝ちです。

8.会話の方向を変えてしまう

無視するのが少し気が引ける場合には、話の方向性を変えることで、友人の自画自賛から逃れることもできます。

まず、ある程度は相手の「ノリ」に同調してあげることがポイントです。そして、少し話を聞いたうえで、「そうだね!」という相づちの後に、「そういえば明日は◯◯するんだっけ?」など、会話の方向をさりげなく変えてしまいましょう。

こうすれば、こちらの意図したタイミングで友達の自画自賛トークを切り上げることができます。

友人関係を崩す心配も限りなく低い方法なので、おすすめの対処法になります。

9.友達の話を途中でさえぎらないように

会話的なテクニックになりますが、友人の自画自賛話に対して返答する場合、まずは相手の話を聞いてからにしましょう。

自画自賛タイプは、とにかく自分の話を聞いてほしいので、話している途中に返答されると、不快な気分になり、面倒なことが起こりかねません。

なので、相づちでも褒め言葉でも、まずは相手の話が終えてから返答するようにしてください。

10.軽く指摘しながらフォローも忘れない

自画自賛をやめさせたいなら、指摘することも必要です。とは言え、友人との付き合いも大事にしたいので、軽く指摘することが重要です。

まず、友達が自画自賛し始めたら、大人な対応として話を合わせます。

しかし、その後に、「本当に自己評価高いんだからー」などと、茶目っ気たっぷりに言い放ちます。

もしくは、周りの友達に本人の前で、「自分の自慢話ばっかりするよねー」と言います。

あくまでも本人の前でです。陰で言うとただの悪口になります。また、指摘した後が重要となりますが、その後に友達が傷ついたままにならないようにフォローします。

こうすることで、こちらも指摘できてイライラも少なくなるし、友達も指摘に気付き、自画自賛が減るようになります。

11.真の友人なら自画自賛する原因を把握して忠告する

もしも真の友人として良い付き合いをしていきたいのであれば、お互いに不満があってはなりません。

お互いに満足できる友達関係でいたい場合には、上述したような遠回しな軽い指摘ではなく、しっかりと忠告してあげることも必要になります。

そこで、まずは友人の性格などを考慮し、自画自賛する理由がどれにあたるかを分析することが大事です。

自画自賛する事の多い人には、

  • 世間知らずで本当に自分が優秀だと信じている場合
  • 自信のなさの裏返しの心理が働いている場合
  • 話題が少なく自分に注目を集めたい場合

など、いろんな原因が考えられます。

自分の友達はどんな原因や心理で自画自賛をしてしまうのが分析し、その理由に即して、友達を傷つけることなく、自画自賛をやめるように忠告やアドバイスするといいでしょう。

たとえば、本当に自分がすごいと思っている場合には、「悪いが、お前の話を聞いていると疲れるんだ。お前よりもすごい人はこの世界にごまんといる。もっと視野を広げてみた方がいい。」なんて感じですね。

相手の機嫌に合わせて、本当に良い部分は褒めたり認めたりすることで、友人に自分の気持ちをわからせることができ、自画自賛を減らすことができます。

自画自賛ばかりする人の心理は、下記の記事を参考にしてみてください。

12.きつく説教する

こちらが忠告やアドバイスをしても、自画自賛をやめない場合には、もうきつく叱るしかありません。

「なんでお前はそんなに自画自賛ばかりするんだ!もっと自分をきちんと見ろ!」とか、「自慢された相手の気持ちを考えろ!こっちも暇じゃないんだ!」といった具合です。

これは、相手の立場が自分より下の場合にかなり有効な手段です。うまく相手を説得できれば、今後は他の人に対してもほとんど自画自賛することはなくなるでしょう。

自画自賛しても周りは迷惑なだけだ、というのをしっかりと伝えましょう。

13.無理して友人付き合いしない

以上のように指摘・忠告・説教をしても、自画自賛が改善されなかったり、相手が逆ギレして喧嘩になってしまうこともあるでしょう。

そうなった場合、そんな人は他人の気持ちを考えることができないろくでもない人です。友達でいるメリットはありませんので、友人付き合いをやめてしまうことがおすすめです。

「友人ではいたいし、人間関係崩すのはちょっと…」なんて思う方もいるでしょうが、付き合ってもデメリットしかありません。

付き合いは減らしたいけど友達関係は崩したくない、という場合には、誘われた時だけ遊ぶ、グループで遊ぶなどして、程よい距離を保ちましょう。

単に表面的に付き合っている友人としてとらえ、その友人と一定の距離を取るようにしてください。

14.褒めつつ利用するのが賢い

自画自賛の激しい人は、近くにいてほしくないですし、できるだけ関わりたくないと思います。

しかし、このような人は自分が称賛を受けるためなら、大いに力を発揮するタイプも多いのです。

そんな褒められることが大好きな性格を逆手に取り、褒めておだてて、上手に使っちゃいましょう。

「へぇ、さすがだね!んじゃ、これ、お願いできるかな…?あ、でもやっぱり無理かな?」なんて言えばやってくれること間違いなしです。

やってもらうことができたらお礼を言いましょう。そして「さすが!」と褒めてあげましょう。

そうすることで、友人は満足します。必要とされて褒められているからです。もう承認欲求はあふれかえるほどに満たされることでしょう。そして、あなたにもメリットがあるということになります。

このように、その人の性質をうまく利用してあげることで、いつもはストレスを感じている相手との付き合いでも、自分に利益を発生させることができます。

15.自虐してさらに気持ちよくしてあげる

自画自賛ばかりする友達を褒めて持ち上げる際には、自虐もおすすめです。

自画自賛タイプの人は他人と自分と比較する傾向にもあり、自分の価値を相対的にあげるためにも必死で自慢話をしています。

そこで、自虐することで、その友人には「自分はほかの人よりもすごいってことを褒められた!」なんて感じに満足させることができます。

たとえば、「俺ってこれがダメなんだよねー。でもお前は簡単にできてすげえよな!」みたいな具合で褒めます。

そうすれば、その友人の能力における絶対的な評価と同時に、自分と比較して優位である相対的な評価も与えることができ、2倍の価値で相手を褒めることができます。

自虐によって自分のレベルを下げれば、必然的に友達の価値が上がります。「何もしなくてもこの人といると優越感を感じられる」と思わせることができれば大成功です。

おだててうまく利用しやすくなりますし、一緒にいると気持ちがいいので大切な友達になり、あれこれ優しくしてもらえます。

16.自分も自画自賛してみる

自画自賛する人は、ほぼ例外なく自己中です。自己中とは、自分を認めてほしくてたまらない人であり、他人をそのための「道具」のようにみなしているところがあるものです。

本人にいくらそのつもりがなくても、無意識にそうしてしまっているわけです。

では、自画自賛の態度が他人をどういった気持ちにさせるのか、わかってもらおうじゃありませんか。

具体的には、こちらも相手のマネをして自画自賛してみるのです。

「自画自賛ばかりされるのって、こんなに嫌な気持ちなんだな」と理解してくれたら、友達の自画自賛は減るようになるでしょう。

また、「自分の自慢にも付き合ってくれたのだから、相手の自慢にも付き合ってあげよう」なんて友人が思ってくれたなら、その人との関係は、自慢しあえる関係、自慢を聞き合える関係になれます。

逆に、「俺は自分の自慢がしたいんであって、他人の自慢を聞きたいんじゃないんだ」と思って離れていったら、そんな自己中の相手とは友人であるべきではありません。

このように、こちらが自画自賛することで、

  • 相手が自分とどういった関係を続けたいのか
  • そもそも関係を続けていきたいと思っているのか
  • 自分のことをどれだけ大事に扱ってくれようとしているのか

こうしたことを見極めるための試金石になるので、特におすすめの対処法になります。

17.複数人で付き合う

自画自賛する友人と付き合う上で、何より大切なのは、できるだけ複数人数で遊ぶということです。

2人きりで遊んだ場合、自画自賛の矛先は100%自分にやってきます。すべての負担が自分にのしかかり、とても厄介です。

しかし、複数人であれば、他の人が自画自賛ばかりする友達の話の聞き手になってくれるでしょう。こちらの負担が減るようになります。

また、「自画自賛やめてほしい」なんて感じも、2人きりではなかなか出しにくいものですが、複数人なら集団の力でそのような雰囲気を出し、自画自賛をやめさせることも可能です。

友に困るなら、別の友を頼れ。自画自賛に限らず、友人関係ではほかの友達はとても頼りになるものです。

18.自画自賛大会をする

褒めてあげることが難しいのであれば、ゲーム感覚で自画自賛大会をしてみましょう。自画自賛大会というのは、お互いに自分のこと褒めあいます。

自分の褒められるべきところを言えなくなるまで話し続けるのです。大人になると、人に褒められることって少なくなるので、意外とこの自画自賛大会というのは、結構気持ちの良いものです。

こうすれば、自画自賛ばかりのトークでも嫌気がさしません。自画自賛な友達も大満足してくれるようになりますよ。飲み会やカラオケでおすすめですね。

まとめ

以上が、自画自賛ばかりの友人の対処法や対応方法になります。

やっぱり聞きたくもない話は相づちを適当に打って聞き流すのが一番です。ほかにも、褒めて満足させたり、フォロー交じりの指摘など、いろいろと対処があります。

もしどんなに手を尽くしても自画自賛をやめてくれないのであれば、友達付き合いを無理して続ける必要はありません。自己中な人との関わりはデメリットしかないですからね。

友達の性格によっても良い対処と悪い対処があるので、ぜひ自分の友達に合うぴったりの対応をして、自画自賛をやめさせるようにしてみてください。