簡単!ビール瓶などの王冠の蓋を栓抜きなしで開ける方法・コツ5選(2/2ページ)

4.紙で開けることも可能

実はペラペラの紙を使っても開けることが可能です。もちろん、ペラペラの状態では無理なので、何回か折ることで紙を固くします。

そして、最初に紹介したスプーンで開ける方法と同様に、蓋に引っ掛けてテコの原理を使って開けることが可能です。

下記の動画で紹介されています。

5.プルタブを使って開ける

高等なテクニックになりますが、プルタブを使って開けることも可能です。

プルタブは穴が2つ空いていますが、片方の穴を瓶の蓋に引っ掛け、もう片方の穴に割り箸やスプーンを差し込み、テコの原理で開けることができます。

次の動画で詳しく解説されています。結構カッコいいので、一芸にもできるかもしれません。

まとめ

以上、ビール瓶の蓋を栓抜きなしで開ける方法になります。テコの原理を使って開けるのが基本なので、栓抜き以外のものでもいろいろと開け方はあるものです。

スプーンやライター、ベルトのバックル、そして折って固くした紙などでも、栓を抜くことができます。

ぜひやりやすい方法や、その場にあるものを使って、蓋を開けてみて下さい。栓抜きを使わなくても簡単に蓋を開けることができますよ。