ライフハック

結び方のコツが重要!靴紐をほどけないようにする簡単な対策方法4選

靴を履くときに紐をしっかり結んだはずなのに、歩いているとほどけてしまうことってありますよね。いちいち結ぶのは面倒で、何とかほどけにくくしたいものです。

デザインは気に入っているのに、靴紐がほどけやすいのが難点であると困っている人もいるはずです。そんな場合は、きちんとした結び方を意識すれば靴紐はほどけにくくなります。

そこで、今回は靴紐をほどけないようにするための対策方法について紹介します。ほどけやすくて困っていると悩んでいる方は参考にしてください。それではどうぞ!

靴紐をほどけないようにする対策方法4選

1.足の甲の部分に少し余裕ができるように結ぶ

人が歩くときは、つま先を地面につけて踏ん張り、足の甲が前に出るような形になります。そのため、足の甲が前に出たときに靴の紐部分は圧迫されることになります。

もしも、足の裏をすべて地面につけた状態で紐をきつく結べば、実際に歩いたときには紐部分の圧迫が強くなって、結果的にほどけやすくなってしまうのです。

そのため、足の甲の部分にすこし余裕ができるように靴紐を結ぶようにするといいでしょう。少し隙間がある程度に余裕を保つことで、実際に歩いた際には靴紐の部分が圧迫されることが少なくなり、ほどけにくくなるでしょう。

2.靴紐を水に濡らして結ぶ

また、靴紐を固く結ぶ方法として有名なのは、紐を水に濡らしてから結ぶということです。水に濡らすと紐が柔らかくなり、それだけ固く縛ることができます。

運動靴などのような靴紐は柔らかいので結びやすいのですが、ファッションシューズの場合は固い靴ひもも多く、結びがゆるいためほどけやくなります。

そのため、固い靴紐の場合には一度水に濡らしてから結ぶようにするといいでしょう。そうすればきつく結ぶことができて、ほどけないようになります。

3.靴紐をほどけにくいものに交換する

以上の方法をしても靴紐がほどけてしまうという場合には、紐自体を交換することをおすすめします。おそらく、その紐が短すぎたり、太かったり、もしくは固すぎることが原因でほどけやすくなっているでしょう。

そのため、もっと簡単に結ぶことができて、ほどけにくい紐に交換しましょう。柔らかく、十分な長さのあるものを選ぶようにしてください。

シューズショップなどに行けば、靴紐は売っており、ユニークなアレンジを加えることもできるので、デザインも気にしながら靴のイメチェンみたいな感じで選んでみるといいでしょう。

4.ほどけない結び方をする

靴紐は基本的には蝶々結びをすると思いますが、ほどけにくい結び方というのも存在するので、その結び方をやってほどけにくくするのも効果的です。

蝶々結びよりも手間がかかりますが、確かにほどけにくくなるので、同じ靴紐で何とかほどけないようにしたいという方は、ぜひやってみるといいでしょう。

結び方は以下の2つが有名なものとなっています。動画を見て、自分でやりやすいほうをやってみるといいでしょう。1番目が「イアン結び」、2番目が「イタリヤ―ノ」という方法です。

【参考】これはマスターしたい…ほどけない靴ひもの結び方「イアン結び」&「イアン・セキュア結び」:らばQ

まとめ

以上が靴紐をほどけにくくするための方法です。靴紐がほどけやすくて悩んでいるという方は、ぜひ自分に合った対策をしてみるといいでしょう。

なるべく足の甲の部分に余裕を持つように結び、最後に紹介したほどけにくい結び方をするなど、いくつかの対策を組み合わせればより効果的なものとなります。

なお、靴の悩みとしては他にも、臭いや靴擦れ、サイズが合わなくてぶかぶかということもあるでしょう。以下の記事ではそれらの対処法を紹介していますので、合わせて読んでみるといでしょう。