これ何て読むの!?急に文字が読めなくなるゲシュタルト崩壊が恐ろしい!

これ何て読むの!?急に文字が読めなくなるゲシュタルト崩壊が恐ろしい!

急に簡単な文字が読めなくなってしまうときってありませんか?

おそらく経験したことのある人は多いはずです。

私もブログを書いているときに結構起きます。

そのような現象をゲシュタルト崩壊と言って、脳の働きによるものだそうです。

そこで、今回はそのゲシュタルト崩壊についての仕組みと、私が体験した困ったことや恐ろしかったことを紹介します。

ゲシュタルト崩壊とは?

まずはゲシュタルト崩壊について紹介します。

ゲシュタルト崩壊の定義

ゲシュタルト崩壊は一般的に以下のように定義されています。

ゲシュタルト崩壊(ゲシュタルトほうかい、独:Gestaltzerfall)とは、知覚における現象のひとつ。 全体性を持ったまとまりのある構造(Gestalt,形態)から全体性が失われ、個々の構成部分にバラバラに切り離して認識し直されてしまう現象をいう。幾何学図形、文字、顔など、視覚的なものがよく知られるが、聴覚や皮膚感覚においても生じうる。

(中略)

例えば同じ漢字を長時間注視しているとその漢字の各部分がバラバラに見え、その漢字が何という文字であったかわからなくなる現象である。

以上のように定義されて、簡単に言うと、まとまりがあって意味がある物を個別に見てしまい、その意味がわからなくなってしまうという現象です。

しかも視覚だけではなく、聴覚などの他の感覚でも起きるようですね。

視覚的なものの例としては、上の引用での例えでいいですが、もう少し詳しく説明してみます。

たとえば、「歩」という漢字は、上の「止」と下の「小」が組み合わることで、一つの意味として成り立ちます。

しかし、この「歩」という漢字を本来はこれを1つとして見るべきなのに、「止」や「小」などに無意識に分解して捉えてしまうことで、意味がわからなくなってしまうという現象です。

このような現象は特におかしくなく、健常者でも頻繁に起きるものです。

ゲシュタルト崩壊が起こる理由

近年では、意味飽和との関連も指摘されているが、ゲシュタルト崩壊の発生要因については未解明な部分が多く、静止網膜像のように消失が起きないことなどから、感覚器の疲労や順応によるのではなく、「比較的高次な認知情報処理過程によって発生する」ことがわかる程度である。

ゲシュタルト崩壊が起こる仕組みについては未だにわかっていないようです。

ただ単に疲れているからとか、その文字に見慣れてしまったからとかではなく、もっと複雑な要因が脳の中で起きていることで、この現象が発生するらしいです。

まあ、脳っていうのは未知な部分が多いですからね。仕方のないことです。

ゲシュタルト崩壊が起きやすい文字・形・状況

次は、ゲシュタルト崩壊が起きやすいものを紹介します。

ゲシュタルト崩壊が起きやすい文字

ゲシュタルト崩壊が起きやすい文字というのは結構あるそうです。

以下がゲシュタルト崩壊が起きやすい感じBEST3です。

以上がゲシュタルト崩壊が起きやすい文字です。

結構簡単な文字で起きやすく、「あ」とか「た」とかのひらがなでも起きやすいそうです。

注視するほど起きやすい

ゲシュタルト崩壊はぱっと見ただけでは起きにくいです。

文字をずっと見ていることで、無意識にその文字の要素を個別にとらえてしまい、ゲシュタルト崩壊が起きます。

上で挙げた文字をずっと見てみるといいでしょう。

だんだんなんて読むのかわからなくなります。

文字が大きいほど起きやすい

これは個人的な経験論です。おそらく大きいほど注視しやすいからだと思います。

どうでしょうか。私はすぐにゲシュタルト崩壊してしまいました(笑)

連続しているほど起こりやすい

文字が羅列してあるほど、ゲシュタルト崩壊は起きやすいと言われています。

借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借借

若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若

粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉粉

たたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた

以上、文字の羅列を引用してみましたが、どうでしょうか。

もう私はパニック状態です!

本当は怖いゲシュタルト崩壊

以上で、ゲシュタルト崩壊について紹介してみましたが、おもしろいと感じた方は多いのではないでしょうか。

しかし、このゲシュタルト崩壊が起きると困ったり、恐ろしい思いをすることがありますので、最後にその例を紹介してみましょう。

大事なときに読めなくなったら大パニック!

これは経験したことはないですが、会議の発表や、テスト中にゲシュタルト崩壊が起きたらもうやばいです!

一気にパニックになることは間違いないでしょう。

そんなときのためにゲシュタルト崩壊が起きそうな文字にはふりがなでも振っておくといいでしょう。

心配な人はひらがなとカタカナ、そしてローマ字のすべてやるといいです。

これは別に冗談ではなく、本当に心配な人はやったほうがいいです!読めなくなってしまったら大変です!

まあふりがなに対してもゲシュタルト崩壊してしまったら意味ないですが・・・(笑)

そんなときは一度読めなくなった文字から目を離して、もう一度見ると、読めると思います。まあふりがな付けるより、こっちの方が簡単ですね(笑)

自分がバカになったのかと不安になる

簡単な文字が読めなくなったら自分がバカになったのではないかと不安になります。

もしかして、脳に重大な病気でも患ったのではないかと思うことさえあります。

そのような時は落ち着いて、ゲシュタルト崩壊を思い出して、そのせいだと落ち着きましょう。

知り合いの顔が本当にその人の顔かわからなくなる

これは自分が実際に体験しました。ゲシュタルト崩壊は文字だけではなく、視覚に入るあらゆるもので起きます。

私は結構人の顔をじろじろ見てしまうもので、友達や家族の顔などを注視するときがあります。

そんなときゲシュタルト崩壊を起こします。

「この人こんな目をしてるのかー」
「この人こんな鼻なんだ!よく見てみると唇もこんな形してるのか!」
「でも、この人こんな目や鼻してたっけ?」
「あれ?てか、この人こんな顔だったけ???」

まあこんな感じでゲシュタルト崩壊します。

崩壊している際に、その人と話すことになると、もう知らない人と話しているようで完全にパ二くります。

あまり人の顔を注視することは、その人に対してちょっと失礼かもしれないですし、自分も余計なゲシュタルト崩壊を起こすことになりかねないので、控えた方が良いでしょう。

ブログを書いているときに読めなくなる

これが一番困ります。

ブログを書くときにタイトルに力を入れているので、タイトルをじっくり見ながらこれでいいのだろうかなんてよく考えるんですけれど、その時に崩壊します。

しかもタイトルは大文字にしてあるので、なおさら崩壊して、読めなくなってしまい困ってしまうことがあります。

特に読めなくなったのは「夢」と「黒」です。

そのせいで、 余計な時間を食ってしまいました。

ブログに限らず、何か書くときは、その文字を注視しすぎないように注意です!

まとめ

以上、ゲシュタルト崩壊について紹介しました。

まあおもしろい脳科学的な感じで知ってもらえれば良いと思います。

ですけど、大事な場面でゲシュタルト崩壊してしまったら、元も子もないので注意しましょう。