エボラ・ペスト・コレラ・デング熱・マラリアの各感染症の概要・特徴まとめ

最近では、アフリカでエボラ出血熱が大流行しており、パンデミックの危険もあるとされ世界中でかなり警戒されています。

そして、中国ではペストが流行しており、日本では代々木公園の蚊によってデング熱が確認されました。ここのところ感染症がかなり流行っています。

しかし、実際にはどの感染症でどのような症状がでるのか知らない人も多く、それに名前もややこしいので、十分に把握できている人は少ないでしょう。

そこで、今回はエボラ出血熱・ペスト・コレラ・デング熱・マラリアの各感染症の概要や特徴についてまとめます。感染症が流行している今、ぜひ知識として頭に入れておくようにしてください。それではどうぞ。

エボラ・ペスト・コレラ・デング熱・マラリアの各感染症の概要・特徴まとめ

エボラ出血熱

概要

エボラ出血熱は現在世界中で話題になって、アフリカで大量感染が問題になっている感染症です。死亡率が50~90%とかなり高く、人類史上最悪のウイルスとも言われています。潜伏期間は2日から最長で3週間と、長い間潜伏しています。

原因

原因としては人間以外の動物から由来するもので、その有力なものとしてはコウモリの可能性が高いと言われています。他にも豚やサルなども持っているとされています。ウイルスが混じっている感染者の血液や唾液など体内から出たものに触れると、ウイルスが自分の体にも感染してしまいます。

症状

  • 発熱
  • 悪寒
  • 頭痛
  • 筋肉痛
  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 腹痛
  • 進行すると、全身からの出血・吐血・下血が見られ、最悪の場合死亡する

治療・予防

有効な治療法は確立されておらず、点滴やビタミン剤の投与が行われます。最近では未承認薬が効果があったとされて、エボラへのワクチンとして期待がされています。

予防としては空気感染は起きないので、感染者の血液や唾液などに触れないようにすることが必要です。

ペスト

概要

ペストは黒死病とも言われ、潜伏期間が2~5日で発症する菌類です。感染してから1週間ほどで死に至り、死亡率は50~70%とされています。

原因

ネズミなどの齧歯類に流行する病気で、ノミがネズミの血を吸い取り、そのノミが人間の血を吸うと、ペスト菌が人に感染するようになります。また、空気感染する種類もあります。

症状

  • 倦怠感
  • 寒気
  • 高熱
  • リンパ節の腫れ
  • 敗血症
  • 気管支炎・肺炎
  • 膿疱・潰瘍

これらの症状が悪化することにより、死亡につながります。

治療・予防

治療には抗生物質が適用され、適切な処置がされれば死亡率が20%に低下します。予防としては、原因となるノミやネズミの駆除、感染者の体液に触れないようにすることが必要です。

コレラ

概要

コレラはペストに匹敵するほど危険な感染症です。潜伏期間は5日以内となっており、様々な種類が存在します。種類によっては高い死亡率になるものもあります。

原因

コレラ菌の根本的な原因としては諸説ありますが、感染が流行す原因としては、感染者の排泄物に汚染され飲食物を食べることで、他の人にも感染し、次第に多くの人に感染するようになります。

症状

  • ひどい下痢
  • 低体温
  • 脱水症状
  • 血行障害
  • 血圧低下
  • 頻脈
  • 筋肉の痙攣
  • 虚脱

治療・予防

治療としては十分な水分補給と共に、栄養剤の点滴や治療薬の投与が行われます。予防としてはワクチンをしっかりと摂取し、不衛生な飲食は避けることが必要です。

デング熱

概要

デング熱はデングウイルスによって引き起こされる感染症です。最近、代々木公園で確認されたもので、他の感染症とは違い、ほとんどの場合は順調に回復します。しかし、症状が重症の場合や、合併症を引き起こした場合は死に至る危険もあります。

原因

デング熱のウイルスは蚊を媒介することで人間が感染します。つまり、デングウイルスを持った蚊に刺されると感染するようになります。感染の拡大の仕組みとしては、デングウイルスを持った人の血を蚊が吸い、その蚊が別の人を刺すということで感染が広がります。

症状

  • 発熱
  • 頭痛
  • 筋肉痛
  • 関節痛
  • 皮膚発疹

治療・予防

治療としては特別な治療はなく、症状を軽減するための対処法や、点滴などが用いられます。正しい処置をすれば死亡率は1%を下回ります。予防としては蚊に刺されないように注意することが必要です。

マラリア

概要

マラリアは熱帯から亜熱帯で起こりやすい感染症です。マラリア原虫といわれる単細胞生物が原因で発症し、原虫の発育により潜伏期間は様々となってます。

原因

マラリア原虫は蚊を媒介にして発症します。デング熱と同じく、マラリア原虫を持った蚊に刺されることで発症します。

症状

  • 激しい高熱(繰り返す可能性あり)
  • 合併症

治療・予防

治療としてはマラリアの治療薬が適用されます。予防として、マラリア原虫に対するワクチンはありませんが、抗マラリア剤があるので、それを予防薬として摂取しておきます。そして、蚊に刺されないように対策をすることも必要です。

まとめ

以上が各感染症の概要・特徴です。エボラはアフリカで大流行しており、今後日本に上陸しないとは限りません。それにデング熱も感染が少ないとは言っても、注意しておく必要がありますので、特徴くらいは覚えておくようにしましょう。

エボラ出血熱はアフリカでまだまだ拡大しており、もしものためにも、しっかりとそれらに関する情報に注目しておくことをおすすめします。