目が悪くなったのを元に戻す!簡単にできる視力回復トレーニング方法4選

視力というのは、目を使えば使うほど低下していくものです。最近ではパソコンやスマホの普及によって、近視になってしまう人も増えているようです。

視力の低下は目の筋肉が硬直することで起こり、固まってしまった後に元に戻すのはなかなか難しいものです。

しかし、視力の低下初期段階であればトレーニングを行うことで、視力を回復させることも可能になります。

そこで、今回はおすすめの効果的な視力回復トレーニングを紹介します。視力の低下に悩んでいる人は簡単にできるので、ぜひ実践してみください。それではどうぞ。

簡単にできる視力回復トレーニング方法4選

1.目を強くつぶり、上下左右に目を動かす

まずは目をつぶったり、動かしたりして目の筋肉をほぐすようにして、視力を回復させます。以下のような手順でやりましょう。

  1. 強く目をつぶる
  2. 眼だけで上を10秒間、顔を動かさずに見る
  3. 強く目をつぶる
  4. 下を10秒間見る
  5. 強く目をつぶる
  6. 左を10秒間見る
  7. 強く目をつぶる
  8. 右を10秒間見る
  9. 最後に、目を強くつぶって終了

このように、目を強くつぶった後に上下左右を見ていくのを繰り返すと、うまく筋肉がほぐれやすくなるでしょう。

2.8の字を横にした形(∞)を指で描き、それを目で追うのを3回行う

そして、8の字を横にした形、つまり∞の形を指で顔の前に描き、それを目で追うようにします。これを3回行いましょう。

こうすることで、効果的な目の運動になり、筋肉をほぐしたりすることができ、視力の回復に役立ちます。

3.指を顔の奥から手前へ行ったり来たりして目で追うのを3回行う

そして、指を顔の奥から手前へ行ったり来たりして目で追うようにします。これも同じように3回繰り返すようにします。

奥に行った場合は遠くのものを見るような感じで、近くに来た場合は近くを観るようにすることで、ピント合わせのトレーニングになるでしょう。

それによって、近視になった状態から回復しやすくなり、遠くのピントも合わせやすくなって、視力が元に戻りやすくなります。

4.視力回復に効果のあるツボを5秒間押す

人の体の調子を良くすると言えばツボです。視力回復に効果的なツボというものもあり、以下の部分が効果的です。

  • 各眉の真ん中の位置
  • 目頭の上下に位置する鼻との境目部分
  • 目の下の骨の部分
  • 眉尻
  • 目じり
  • こめかみの少し上の部分

基本的には目の周囲の骨の部分にツボは位置しており、そこを強すぎず目に指が入らないように、5秒間押すと視力回復の効果があります。

解説動画

以上のトレーニング手順を以下の動画で詳しく紹介していますので、ぜひこの動画を見ながら行ってみてください。

目を酷使による悩みがある方は、目のサプリを摂取することがおすすめ

視力低下に悩んでいるということは、普段からPCやスマホで目を酷使している方も多いでしょう。そのように目を使いすぎてしまうと、視力の低下以外にも、目にストレスを感じたり、肩や首に負担がかかるなどのトラブルが発生しているはずです。

目の状態を健康的に保ちたいという方は、視力の悩み以外に、そのような目の酷使によるトラブルも気遣う必要があります。そのようなトラブルも原因で、視力は低下してしまいます。

そこで、目のストレスや、肩や首への負担などの悩みを抱えている方は、目のサプリメントを摂取することがおすすめです。ルテインやDHAなどの成分が、目を楽にしたり、ピント調節機能を改善したりしてくれます。また、目の酷使からくる肩・首への負担を和らげてくれます。

目のサプリは以下のものがおすすめなので、参考にしてください。

ファンケル えんきん 14日分 送料無料・特別価格1,000円

まとめ

基本的に視力というのは回復させることが難しいですが、低下の初期段階などは以上のトレーニングをすることで、できる限り回復させることができます。もちろん1回だけではすぐに回復しないので、定期的なトレーニングをすることをおすすめします。

また、最後にも紹介したように、サプリメントの摂取で、視力以外のトラブルにも気を遣い、目の健康を守っていくことも大切です。

なお、以下の記事では視力低下に関することを取り上げています。ぜひ合わせて読んでみるといいでしょう。