残業・社畜反対!ブラック企業に就職しないための見分け方のコツ5選

残業・社畜反対!ブラック企業に就職しないための見分け方のコツ5選

世の中には社員に過酷な労働を強いるブラック企業が存在しており、最近ではかなり注目されるようになってきました。

残業ばかりで休みもなく、社員がぶっ倒れる寸前まで働かせるという人間性のない会社であり、実際に過労死など様々な問題が起きています。

そして、そんな企業は誰もが入社したくないと思うでしょう。そのためには起業がブラックであるかどうかを見分ける必要があります。

そこで、今回はブラック企業を見分けるためのコツを紹介します。ブラック企業に就職しないためにも、しっかりと見分けることをおすすめします。それではどうぞ。

ブラック企業に就職しないための見分け方のコツ5選

1.口コミなどで評判を確かめる

求人する際にはまずはその求人内容を見ると思いますが、もちろんブラックな部分は隠す企業が多いのは当たり前です。

そのため、実際に就職していたり、過去に働いていた経験のある人の口コミなどで、その会社の評判を確かめるといいでしょう。

ネットで「○○ 評判」などと検索すれば出てくると思いますし、求人サイトや就職サイトなどでも会社の口コミを掲載しているところは多いので、ぜひ参考にしてみるといいでしょう。

2.離職率などのデータを参考にする

また、離職率などの会社に関わるデータなども参考にするといいでしょう。離職率が高ければ、それだけ辞める人が多い理由があるということで、ブラックである可能性が高いです。

逆に離職率が低ければ、それだけ働きやすい環境で福利厚生もいいと言うことでホワイトな企業であるでしょう。

離職率は一般的に公表されているところもあるし、ハローワークなどでも聞いて調べることができるので、ぜひ見分けるポイントとして活用したいものです。

3.甘い求人内容・文句には注意する

会社は多くの人材を募集するために、魅力的な求人内容やその文句を募集要項に掲載するでしょう。

例えば、「土日祝休み・残業なし」「アットホームな雰囲気」「一人ひとりが主体性を持って行える」「福利厚生充実」などと言ったありがちな、求職者に魅力的なものとなる求人内容です。

しかし、本当にそんな内容であれば、とっくに多くの人が集まっていると考えられます。そんな魅力的なのに募集をしているということは、それが嘘である可能性が高く、その多くはブラックということがほとんどです。

曖昧で魅力的なものにしておけば多くの人が応募してくると思っているのでしょう。求人内容に関しては具体的に述べられている会社に絞った方が良いでしょう。

以下のものはブラック企業にありがちな求人文句ですので参考にするといいでしょう。

  • 「学歴不問」「年齢不問」「業務経験不問」「未経験者歓迎」
  • 「人物重視」
  • 「若手抜擢」「若い社員が多い」「若手が働きやすい」「幹部候補」
  • 「将来は独立も可能」
  • 「がんばった分だけ報われる」「実力主義」「成果主義」「給与は能力による考慮」
  • 「成長できる職場」
  • 「ノルマなし」
  • 「少数精鋭」
  • 「給料○万円保証」
  • 「家族的な社風」

4.業務内容が不明確

そして、業務内容が不明確ということもかなりブラックである可能性が高いでしょう。求人内容のように曖昧にぼかしている表現であれば要注意です。

例えば、「お客様の心を豊かにする最適なソリューションを提供するIT業務がメインです」などという内容になっていれば、注意が必要でしょう。

そういうのはただ単に請求書のデータ入力とかであって、残業ばかりやらされるブラックの可能性があります。ホワイトな企業であれば自信を持って具体的に業務内容を提示できるでしょう。

5.安すぎる給料や不自然な大量採用には注意

そして、求人内容が明らかにおかしいという企業はやめた方が良いでしょう。業務内容・時間に比べて安すぎる給料などがそれにあてはまります。

給料が安いからこそ人件費があまりかからず、会社側は社員をあくせく働かせることになります。健康と経済のどちらにもよろしくないでしょう。

そして、中小企業なのにかなり大人数の採用をしているところも注意です。そのようなところは離職する人が多いとわかっているからこそ大量採用するのであって、辞める人が多いのはブラックだからでしょう。

まとめ

以上がブラック企業を見分けるためのコツです。社畜にならないために、あらかじめ評判を調べておくなどの事前調査はしっかりとしておくようにしましょう。

そして、なるべくホワイトで有名な企業を目指した方が確実であると言えます。ぜひ、自分の働きやすいところを見つけるといいでしょう。

なお、もしもブラック企業に入社してしまった場合には過労などになる前に迅速な対処をするべきです。以下の記事ではそのときの対処法を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

やべえ、社畜決定だわ…ブラック企業に入社してしまった時の対処法3選