カラオケで高音域が出ない人は必見!きれいな高い声の出し方のコツ4選

カラオケで高音域が出ない人は必見!きれいな高い声の出し方のコツ4選

カラオケではなるべくうまく歌いたいものですが、やはり素人がプロのように歌うということは結構難しいものです。

特に高音がなかなか出せなくて苦手だと悩んでいる人はたくさんいるでしょう。生まれつき高い声を難なく出せる人もいますが、地声が低くて出しづらいという人もいます。

音域が広がれば歌える曲も増えますし、自然ときれいに歌うことができるので、ぜひとも高音を出せるようにマスターしたいものです。そこで、今回は高い声を出す方法とコツについて紹介します。それではどうぞ!

高い声の出し方のコツ4選

1.普段の会話でなるべく高い声で話すようにする

高い声の出し方やコツと言っても、短時間ですぐに高音が完璧に出せるというわけではありません。高い声が出ない状態から出る状態にするには、喉を高い声が出る状態にする必要があります。

つまり、高い声を出すための訓練や練習が必要となります。ボイトレが代表的ですが、そんな時間はないし、本格的にはやりたくないという方もいるでしょう。そこで、おすすめなのが日常会話でなるべく高い声で話すようにするということです。

人の声のベースとなるのは普段の地声の高さです。いつも低くしゃべっていれば、喉が低音域しか出せない状態になってしまい、高音が出なくなってしまいます。逆に高い声を普段から出していれば、喉も高い声が簡単に出せるようになるのです。

声が低いと悩んでいる人は、普段の会話でなるべく高く声を出すようにすると音域が広がるでしょう。声が高いと明るい印象を与えることもできるので一石二鳥です。目上の人と会話したり、接客をする際は自然と声が高くなりますが、そのような声の出し方を普段の会話でも行うようにしましょう。

2.ギリギリ歌える高さの曲を歌って鍛える

喉の音域は鍛えれば鍛えるほど広がっていきます。高い声が出ず、低い声しか出ないというのは、喉が鍛えられていないからです。

そこで、手っ取り早い方法としてはギリギリ歌える高さの曲を歌って、高音に慣れるということです。最初は苦しいですが、段々となれてきて簡単に歌えるようになるでしょう。

そうなれば、さらにレベルアップしてもう一段高い歌を歌うというように、段階的に鍛えることで音域が徐々に広がり高い声が出やすくなります。

筋トレと同じ原理です。最初から100kgの重りを持ち上げるのが難しければ、まずはそれより軽いもので鍛え、徐々に重くして鍛えることで、100kgを持ち上げられるようになるという感じです。

3.喉を開いて高音を出すように意識する

高音を出す際は喉仏が上がってきます。喉仏が上がれば上がるほど高音が出ますが、それと同時に喉の空間が狭くなって閉まるようになるのです。

そのため、喉が閉まったときの喉仏の高さが、その人の最高音域となります。これを突破するためには、喉仏が上昇しても喉を開くようにすることが必要です。

そのため、なるべく喉を開くように意識しましょう。歌っている途中に段々と高くなるにつれて喉が閉まってきたと感じたら、意識的に開くようにします。毎日深呼吸をしてトレーニングするなどもいいでしょう。欠伸をするようなイメージです。

うまく喉を開くことができれば、喉仏をさらに上がらせることができ、その上の高音も出せるようになるでしょう。

4.裏声を鍛える

そして、高い声を出すには裏声(ファルセット)をマスターすることも重要です。裏声はきれいに高音を出せますが、かなり小さく弱々しい感じで、普通に歌うのには適していません。

しかし、高い声を出す仕組みとしては一緒なので、裏声で高い声を出すイメージをつかむといいでしょう。普通に歌う声(ミドルボイス)で高い声を出すよりも、裏声で出す方が簡単です。

ミドルボイスは喉を振動させることで大きな声を出すことができ、音域が高くなるとその調整が難しくなってうまく声が出せなくなります。しかし、ファルセットは喉を完全に開ききった状態で声を出すので、簡単に出るようになるのです。

裏声を鍛えることで、高い声を出すときの喉の感じをつかむことができるし、喉を開くトレーニングにもなります。裏声から徐々にミドルボイスに近づけていくという感じで練習すると、普通に歌う感じで高い声が出るようになります。「もののけ姫」などのかなり高い曲をすべて裏声で歌ってトレーニングするというのがいいでしょう。

まとめ

以上が高い声を出す方法とコツです。基本的に音域は喉の開き具合によって決まり、それを鍛えてうまく調整できるようにすることで音域を広げることができます。

高い声が出ない人は、それ以上の音域になると喉が閉まってしまうからです。そのため、うまく喉を開いて高い声を出すために、日ごろから高い声で話したり、喉を開くことを意識したりするといいでしょう。

また、雑音が混じったようなダミ声で悩んでいる方もいるでしょう。以下の記事ではダミ声の改善方法を紹介しているので、参考にしてください。

ガラガラ声を透き通ったきれいな声に!ダミ声を改善して治す方法6選

なお、以下の記事ではカラオケに関することをいろいろと紹介していますので、ぜひ合わせて読んでみてください。