普通に稼いでいるのにお金が貯まらない!貯金ができない人の特徴6選

普通に稼いでいるのにお金が貯まらない!貯金ができない人の特徴6選

貯金というのは将来のために必要で、もしも事故や病気があった時に使えるものとなります。老後の生活のためにも貯金はしておくという人もいるでしょう。

人生何が起きるかわからないのでお金を貯めておくことは重要ですが、中には普通に稼いでいるのに全然貯金ができていないという人もいます。

金遣いが荒いのが最たる原因ですが、今回はそのような人の特徴について紹介します。なかなかお金が貯まらないという人は以下の特徴に当てはまっていないか要注意です。それではどうぞ!

貯金ができない人の特徴6選

1.ギャンブル好き

まずはギャンブル好きという特徴が考えられます。ギャンブルはお金をゲームのチケットだと思いこむようになり、金銭感覚がくるってしまいます。

それによってギャンブル依存症になって、持ち金が尽きるまでパチンコや競馬などのギャンブルに投資するという人もいます。

そうであれば、貯金などできるわけがありません。負けやすくお金が大量に使う必要のあるギャンブルが好きであれば、一向にお金は貯まらないでしょう。

ギャンブルは娯楽程度にしておくのがいいでしょう。以下の記事ではギャンブル依存症の克服や、ギャンブルが負けやすい理由について紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

2.おごることが多い

また、お金があるとお人好しで友達や部下などに色々とおごってあげることが多い人というのも、お金が貯まらないでしょう。

「給料が入ったから今日は俺のおごりでうまいもの食いに行こう」「ジュース買うついでに友達のも買っていってあげよう」などということを繰り返していると、どんどんお金は減っていきます。

優しいことは確かですが、自分にマイナスになってしまえば意味がありません。おごり癖がある人はほどほどにして、自分の分のお金もとっておきましょう。

3.借金癖がある

借金癖があるというのも貯金ができない人の特徴となります。莫大な借金があれば貯金などしている暇がないのは当然ですが、少額をちょこちょこ借り続けるのも問題です。

友達に月に2~3万借りて、給料が入るようになったら返すというのを繰り返していれば、貯金にあてるお金は減ってしまいます。

そして、借金を繰り返すことで、お金は借りれば用意できると安易に考えることになり、さらに貯金できなくなってしまうでしょう。

4.金のかかる趣味がある

趣味というのは人生を豊かにさせるために必要ですが、お金のかかりすぎる趣味というのも問題です。その場合は、趣味にお金ばかりかかることになり、まったく貯金できないでしょう。

給料が入って、生活費を差し引いた残りは全て趣味にあてるということをすれば、お金は貯まりません。

その趣味をやめるようにするか、使うお金を決めて、貯金に回す分も確保する必要があるでしょう。

5.無駄なものばかりを買う

無駄なものばかり買う人もお金がどんどん減ることになるので、貯金ができないことになります。衝動買いなどもそれ当てはまるでしょう。

ふと目について良さそうだから買ったとか、セール中だから買わないと損だとか理由を付けて買ってしまい、あとになってから必要の無い物だとわかって、使わずに捨てるなどのパターンが多いです。

無駄なものばかり買ってしまう人は、本当に必要なものだけを買うようにするといいでしょう。以下の記事で、衝動買いを防ぐための方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

衝動買いを抑える!買い物で無駄なものを買わないための対策方法3選

6.将来のことを考えていない

将来のことを考えていない人は、確実に貯金できません。むしろ、貯金をしないという言い方が適切でしょう。

今が楽しければいいやと考え、将来はその時になって何とかなるだろうと思っている人であれば、お金があれば好きなことにすべて使ってしまい、貯金を一切しません。

まあ、苦労する羽目になるのはその人自身なのですが、しっかりと将来のことも考えて、ある程度は貯金しておくべきでしょう。

まとめ

以上の特徴に当てはまる人は、貯金ができていないでしょう。まあ、貯金をするかどうかは本人の自由ですけど、ある程度は保険として貯めておくのがいいと考えられます。

今を楽しむのもいいですが、少しは将来のことも考えておくべきです。何かしらお金が必要になる緊急事態が発生することもあり得るので、貯金は重要であると意識しておくべきでしょう。

なお、以下の記事では上手に貯金をするためのコツについて紹介していますので、ぜひ合わせて読んでみてください。

お金が貯まるテクニック!上手に貯金をするための方法・コツ5選