無害なのになぜ怖い?ゴキブリが人間から理不尽に嫌われる理由3選

ゴキブリは好きですか?おそらくこう聞かれれば、多くの人が「NO」と答え、「YES」と答える人は0に等しいでしょう。

ゴキブリは人間からとても嫌われており、その姿を見てしまっただけで悲鳴を上げたり失神する人もいるものです。しかし、なぜゴキブリは嫌われているのでしょうか。

ハチやヘビのように毒などの害はありません。ゴキブリは基本的には無害であり、体の構造なども子どもたちが大好きなカブトムシやクワガタとほぼ同じです。

しかし、昆虫は好きだけど、ゴキブリだけは無理だ、怖いという人が多いのが現状です。それはもはやゴキブリへの理不尽な差別となります。どうしてゴキブリは人間からこんなにも恐れられて嫌われてしまうのでしょうか。今回はその理由を紹介します。

ゴキブリが人間から理不尽に嫌われる理由3選

1.見た目がグロテスクで気持ち悪いから

ゴキブリが嫌いだという人の理由で一番多いのは、「気持ち悪いから」というものが大半を占めると思います。ゴキブリの見た目のグロテスクさによって、無害だけれども気持ち悪いから人間に嫌われてしまうのです。

真っ黒い体に長い触角、トゲが連なったような足に、芋虫を思わせるような腹の模様。これらの特徴が合わさって、ゴキブリ全体を気持ち悪いと思ってしまうのでしょう。

クワガタムシであればハサミがカッコいい、カブトムシであれば角がカッコいいとなりますが、ゴキブリは単に気持ち悪い特徴しかありません。他の昆虫とは違って、見た目が劣っていて気持ち悪いから嫌われてしまうのでしょう。美人とブスのどちらが好きか嫌いかのと同じようなものですね。とても理不尽で仕方がありません。

2.動きが超高速だから

また、ゴキブリが恐れられている理由としては、その超高速な動きが理由であるとも考えることができます。人は、急速に迫ってくるものにプレッシャーや恐怖を抱きます

車がノロノロこちらに向かって来れば「あっ、車だ」としか思いませんが、時速100kmで向かってきたらどうでしょうか。それはおそらく、恐怖心を抱くことでしょう。車だけではなく、ボールにしても、走っている人でも、凶器を持っている人でも、それがこちらにものすごい勢いで迫ってくるほど恐怖を抱くでしょう。

ゴキブリもこれと同じようなことです。ゴキブリは昆虫の中でも特に高速な動きをします。人間の大きさに換算すると時速300km以上を超えると言われるほどの脚力の持ち主です。

カブトムシやクワガタはノロノロ動きますが、ゴキブリは超高速でこちらに向かってくるのです。その速さから恐怖やプレッシャーを感じてしまい、人間から忌み嫌われているのでしょう。

3.人間の本能が拒否反応を示すから

そして、人間の本能がどうも関係しているのではないかとも言われています。ゴキブリの生命力はかなり凄まじいもので、太古の昔、恐竜が生きていた時代から地球上に存在していました。今後においても、人類や他の生物が絶滅した後もゴキブリだけは生き延び、最終的にゴキブリが地球を支配するとまで言われています。

そして、その昔に生きていたゴキブリは今の大きさよりもかなり巨大であったという説があるのです。その全長は何と1mほどあると言われています。そして、人間はその巨大ゴキブリの捕食対象であったという説があります。

今となっては小さいゴキブリですが、ゴキブリに襲われて食べられていて、それが凄まじい繁殖力で今も生き残っているということで、人間の本能にはゴキブリが天敵であるということがインプットされていると考えられます。

この本能によって、自己防衛のためにゴキブリに拒絶反応を示してしまうのでしょう。人間に脅威を与えていた存在がずっと昔から生きているとなれば、それが本能に染みついていても不思議ではありません。昆虫の中でも、特にゴキブリが嫌われる理由としても納得がいくものです。

まとめ

以上がゴキブリから忌み嫌われる理由となります。無害なのに嫌われてしまう理由としては、その見た目や動き、そして本能的な問題によるものだという説があります。

まあ、何にせよ、拒否反応を示してしまうのであれば仕方がないものとなるでしょう。なお、以下の記事では、ゴキブリの関する雑学などを紹介していますので、ぜひ合わせて読んでみてください。