帰国前の準備で防ぐ!つらい時差ぼけを予防するための対策方法5選

帰国前の準備で防ぐ!つらい時差ぼけを予防するための対策方法5選

仕事や旅行では、日本と大きな時差のある海外に行くこともあるでしょう。そして、用が済めば帰国をすることになりますが、そこで問題となるのが時差ぼけです。

時差が違うことで、日本の生活リズムと体の体内時計が一致せず、昼に眠気が襲ってきたり、逆に夜に寝れなかったりして悩まされることになるでしょう。

他にも、頭痛や吐き気などの症状が時差ぼけにはあり、次第に生活リズムに慣れていけば解消されるものですが、なるべくであれば時差ぼけにならないように予防したいものです。

そこで、今回は時差ぼけを予防するための対策について紹介します。帰国前、特にかえりのフライト中の対策が肝心となります。それではどうぞ!

つらい時差ぼけを予防するための対策方法5選

1.出発前には必ず時計は日本の時間に合わせておく

まず、帰国する際には飛行機の出発前には必ず腕時計などを日本の時間に合わせておくようにしましょう。

これは時差ぼけ対策としては代表的なものであり、時計を日本のものに合わせておくことで、うまく時間を調整することができます。

時差ぼけを予防するためには帰国中の機内で日本の生活リズムに合わせる必要があります。その目安として、必ず時間を日本のものに合わせるようにしましょう。

2.日本の時間に合わせて睡眠をとる

時差ぼけ対策で重要なことは体内時計を日本の時間に合わせることです。そのためには、上述したように、時差ぼけ対策は帰国中のフライトで日本の生活リズムと同じように過ごせばいいのです。

日本時間の夜に機内にいる場合には、眠くなくてもしっかりと睡眠をとるようにしてください。そして、朝の時間に起きるようにしましょう。

逆に日本時間の日中の時間であれば、眠くても何とかして起きているようにしましょう。そこで、寝てしまえば体内時計は調整されず、時差ぼけを引き起こしてしまいます。

3.機内食はしっかりと食べる

また、機内食はしっかりと食べるようにしましょう。日本に向かう便であれば、基本的には日本の時間に合わせて機内食が出されるようになっています。

機内食の提供は時差ぼけ対策を考慮して出されています。食事は体内時計を調整する効果があるので、睡眠と共に食事の時間帯も日本のリズムに合わせることで、時差ぼけを防ぐことができます。

海外でのリズムに慣れているとお腹が空いていないということもありますが、そんな場合でも少しは軽く食事をするようにしましょう。

4.到着したらすぐに日本の生活リズムへシフトする

フライトが終えて、日本に到着した場合には、すぐに日本の生活リズムへシフトするようにしましょう。機内である程度日本に合わせていたのであれば、すぐに移行できるようになります。

夜に到着したのであれば、すぐに帰宅するなりホテルに行くなりして、睡眠をとるようにしてください。朝に到着したのであれば、そのまま夜になるまで活動するようにしましょう。

最初は変な感じがしたり、眠気があるでしょうが、何とか我慢して日本の生活リズムに合わせるようにしましょう。

5.翌朝は必ず朝ごはんを食べて日光を浴びる

そして、帰国した翌日の朝にはしっかりと朝ごはんを食べて、日光を浴びるようにしてください。人の体内時計の調整には、朝ごはんと日光が特に重要です。

朝にご飯を食べて日光を浴びることで、脳が朝だと認識して体内時計がリセットされます。リセットされれば、日本の時間と体内時計が同じになるので、日本の生活リズムへ体が適応するようになるでしょう。

そのため、帰国して初めての朝を迎える際には、朝ごはんを食べて、しっかりと日光を浴びるようにしてください。そうすれば、時差ぼけを極力抑えることができるでしょう。

まとめ

以上が時差ぼけを予防するための対策となります。帰国前のフライトから準備しておくことが肝心です。

対策の要としては体内時計を日本のものに合わせることなので、機内から日本の生活リズムに合わせるように過ごしましょう。

そして、日本に到着したらすぐに日本の生活リズムへ移行するようにしてください。そうすれば、体内時計もすぐに日本のものに調整することができ、時差ぼけを予防することができます。

なお、以下の記事では時差ぼけを治すための対策について紹介しています。もしも時差ぼけになってしまった場合に早く解消することが必要なので、ぜひ合わせて読んでみてください。