ほこりだらけ!洗濯物の衣類に糸くずが付着するのを防ぐ対策方法5選

ほこりだらけ!洗濯物の衣類に糸くずが付着するのを防ぐ対策方法5選

洗濯が終了して洗濯機の中から衣類を取り出したときには、せっかく洗ったのに糸くずやほこりなどの小さいゴミが、びっしりこびりついているなんてことがあるでしょう。

他の洗濯ものから出た繊維などが付着したものですが、汚れやごみを落とすための洗濯なのに、逆にゴミが付着しては逆効果となります。

洗剤などで汚れは落ちていても、糸くずなどの小さいゴミが付いていれば嫌なものです。特に黒系の衣服は小さなゴミの付着が目立ちやすく、なるべくであれば防ぎたいものです。

そこで、今回は洗濯物の衣類に糸くずが付着するのを防ぐための対策について紹介します。困っている方はぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

洗濯物の衣類に糸くずが付着するのを防ぐ対策方法5選

1.洗濯前に衣類のほこりを取っておく

最初の対策としておすすめなのが、あらかじめ洗濯前に衣類に付着しているほこりや糸くずなどの小さいゴミを取っておきましょう。

軽くはらい落とすだけでも全然違いますので、注意してやってみてください。特に糸くずが出やすいセーターやタオルなどは要注意となります。

2.糸くずやほこりが出やすいものは分けて洗濯する

また、タオルやセーターなどの糸くずやほこりが出やすいものは分けて洗濯をするといいでしょう。

最初にあまり糸くずが出ない衣類を洗濯し、その後に糸くずが出やすいものを洗濯するという風に分けることがおすすめです。

洗濯時に衣類に付着するほこりや糸くずは、大抵はタオルなどから落ちたものですので、分けることで結構効果があります。

3.洗濯ネットでカバーする

洗濯ネットで衣類をカバーすることもおすすめとなります。糸くずやほこりを付着させたくないものを洗濯ネットにいれれば、ゴミが付着することはありません。

もしくは、逆に小さなゴミが出やすい衣類を洗濯ネットに入れておくことで、そこから出た小さなゴミが他の衣類に付着するのを防ぐことができるでしょう。

洗濯する衣類によって使い分けてみるといいでしょう。

4.くず取りグッズを活用する

また、洗濯中に発生した糸くずやほこりを取り除くグッズも多く発売されています。基本的には洗濯槽の中にあるネットがその役目を果たしますが、グッズを活用することでさらにくずを取り除くことができます。

代表的なのがくず取りネットです。ネットに浮きがついていて、洗濯中に水に浮かべてほこりなどの小さなゴミを取る仕組みとなっています。吸盤で貼り付けるタイプなども存在し、100円ショップやホームセンターで手に入るでしょう。

また、洗濯ボールなど洗濯機に放り込んでおくだけで、小さなゴミを絡め取ってくれるアイテムなどもあるため、かなり糸くずに困っている場合には使ってみるといいでしょう。以下のようなものがおすすめです。

5.洗濯機はこまめに掃除する

洗濯機そのものの清潔さも重要となります。掃除をしないままだと、カビやら小さなゴミが付着して、洗濯中に衣類に付着してしまいます。

糸くずフィルターも中に溜まったものを捨てなければ、洗濯中に外に出てしまって衣類に付着してしまうでしょう。

洗濯する機械そのものが汚ければ洗濯の意味がないので、しっかりと手入れは怠らないようにしてください。

まとめ

以上が洗濯物の衣類に糸くずやほこりなどの小さなゴミの付着を防ぐ方法となります。糸くずが出やすいものはかなり出るので、他の衣類にびっちり付着してしまうことがあります。

そのため、分けて洗濯をしたり、洗濯ネットなどを使ったりすることがおすすめです。くず取りネットなどのグッズを使うのもいいでしょう。

洗濯時の糸くずなどに困っている方は、ぜひ自分の原因に合わせて適切な対策をしてみてください。