うまくセットできていたのに…ワックスで整えた髪型が崩れてしまう原因6選

ワックスで髪型をセットしている方には、朝はうまくせっとできていたのに、しばらく時間が経つ髪型が崩れてしまうなんてことで悩んでいる方も多いでしょう。

うまくセットできた髪型がしばらくすると崩れてしまう原因は色々とあり、崩れないようにするためにその原因にしっかり対処してくことが重要です。

そこで、今回はワックスで整えた髪型が崩れてしまう原因を紹介します。自分は何が原因で髪型が崩れてしまうのか知るようにしましょう。

ワックスで整えた髪型が崩れてしまう理由・原因6選

1.日差し

ワックスでセットした髪の毛が、日差しにあたり続けていると、次第に髪型は崩れてしまうようになります。

これは、日差しの熱によってワックスがどんどん溶けてしまうことが理由で、それによって髪型も崩れてしまいます。

学生で部活でずっと外にいる方や、サラリーマンで営業のために外を1日中歩いているなんて方は、日差しが原因で崩れやすいです。

2.風

また、風も原因となります。強風が吹けば、いくら強いワックスでも髪の毛はボサボサになってしまいます。

それで髪型は崩れてしまい、元の形に戻そうとしてもワックスのキープ力が落ちているため、まとまりにくくなります。

風が強い日は仕方がありませんが、自転車での通勤・通学をしている方はその風が原因で髪型が崩れてしまうでしょう。なるべくゆっくり走ったり、風を受け流せるような髪型にすることが必要です。

3.汗・湿気

汗や湿気もワックスには大敵となります。頭皮に汗をかくことで、そこにワックスが溶けだして髪の毛が崩れてしまいます。

また、雨などの湿気が多い日でも、その湿気が髪の毛に付着してワックスが溶けやすくなり、まとまりがなくなったり、湿気の重さによって毛がへたれてしまうということになります。

学生などで部活や体育をした後は髪型がかなり崩れやすくなるでしょう。同じく営業の外回りのサラリーマンも汗をかくことで、次第に髪型が崩れることになります。

4.頻繁に触る

ワックスを付けた後は、髪型が気になって頻繁に髪の毛をいじくってしまうなんて方もいますが、それも髪型が崩れる原因になるものです。

頻繁に触ることで、せっかくセットした髪型が崩れてしまい、それで元の形には戻せないようになってしまいます。

気になるのはわかりますが、触れば触るほど髪型は変わってしまうので、ベストな状態にセットできたらそれ以降はいじくらないようにしましょう。

5.ワックスのキープ力が弱い

ワックスのキープ力がそもそも弱いということで、髪型が崩れてしまうという方もいるでしょう。最初はうまくセットできたのに、数分経つとへたれてしまうのはキープ力そのものに問題があります。

そのような場合には、もっとキープ力の強いワックスを使ったり、スプレーなどで髪型を固定するようにしましょう。そうすれば、ベストな状態をキープできるようになります。

6.髪の毛が長い

髪の毛が長いとその重さの分だけ毛先がへたれてしまうので、最初は上手くセットできたとしても、後から崩れてしまうことになります。

これに関しては髪の毛を短く切ってセットしやすくするしか方法はありません。もしくは、その髪の毛の長さに合ったヘアスタイルにするといいでしょう。

まとめ

以上がワックスで整えた髪型が自然と崩れてしまう原因となります。基本的にワックスの力が弱まってしまったり、髪型が直接崩れてしまうことが原因です。

また、ワックスのもともとのキープ力の問題や、髪の毛の長さも崩れやすい原因となります。いつも崩れてしまうと悩んでいる方は、自分の原因に合った対策をしてみるといいでしょう。

以下の記事では、ワックスで失敗するダメな付け方や、うまくセットするための方法について紹介していますので、ぜひ合わせて読んでみてください。