切れた!舌を噛んで血が止まらない時の止血の応急処置や対処法3選

切れた!舌を噛んで血が止まらない時の止血の応急処置や対処法3選

舌というのは歯の近くにあるため、何かの拍子に噛んで切れてしまうなんてことが多いです。食事中やしゃべっている時は噛んでしまうなんてことがあるでしょう。

舌をちょっと噛んだ場合には多少出血するくらいで問題はありませんが、結構深く噛んでしまって、血が止まらないなんてこともあります。

そんな時はどのようにして止血をして、どんな対処や応急処置をするべきでしょうか。今回舌を噛んで血が止まらない時の対処法を紹介します。それではどうぞ。

舌を噛んで血が止まらない時の止血の応急処置や対処法3選

1.噛んだ部分を口の中で押し当てる

どんな傷でも止血をするためには、どの部分を圧迫して血液が出るのを抑える必要があります。そのため、舌であれば口の中でその部分を押さえ付けるようにして圧迫しましょう。

口の中の上の部分や歯茎の裏に噛んだところを押しあてれば圧迫できるはずです。舌の当て方などをうまく調整してみて、噛んだところをしっかり圧迫できるようにしてください。

舌は柔らかいのでとても傷つきやすいですが、口の中は唾液があるだけ傷の治りが早いです。そのため、普通に舌を切ってしまった出血であれば、しばらくすれば数十分ほどで止まるはずです。

2.清潔なガーゼ等で圧迫する

もし、出血がかなりひどいとか、舌を押し当てて圧迫できない箇所であれば、直接手で圧迫止血をすることがおすすめです。

その場合には、清潔なガーゼなどを使うようにしましょう。不衛生なものであると、最近が傷口から侵入して感染症や化膿を引き起こしてしまうので注意してください。

また、ティッシュなどのちぎれやすいものは使用するべきではありません。傷口に入ってしまったり飲み込んでしまう危険性があります。清潔なガーゼで対処をしましょう。

3.ひどい場合には病院で診てもらう

傷口が明らかにひどいという場合には病院で診てもらうようにしてください。ぱっくり割れている、転倒して思いっきり舌を噛んだ場合には、傷口はかなり重症となります

いくら経っても血が止まらないので、病院で縫合手術を受ける必要があります。応急処置としてガーゼで圧迫止血をしながら病院へ行きましょう。

口から溢れるほどに血が出るという場合や、しゃべるのもできないなんて場合には救急車を呼ぶのもありです。本当にひどい場合には一刻も早い対処が必要なので、その時の状況に応じて判断しましょう。

まとめ

以上が舌を切って出血が止まらない場合の対処法です。基本的には圧迫をして止血し、自然に血が止まるのを待つしかありません。

舌を口の中に押し当てたり、ガーゼで直接抑えて止血をするといいでしょう。かなりひどくて舌がパックリ裂けているなんて場合には病院に行きましょう。

ひどい状態で正しい治療をしないと、舌が変形してしまったり、より大きな病気につながりかねません。しっかりと適切な処置をするようにしましょう。