見た目は大人、中身はガキ!精神年齢が低い人の特徴や性格5選

大人は常識があり、正しい考えができるものだというイメージがあります。しかし、現実はどうでしょうか。

中には年齢や見た目が大人でも、精神年齢が低い大人がたくさんいます。つまり、中身は「ガキのまま」なのです。

そんな精神レベルの低い大人はどのような人なのでしょうか。そこで、今回は精神年齢が低い大人にあてはまる特徴や性格を紹介します。

あなたも以下のような特徴に当てはまっていれば、単なるガキの大人かもしれません。それではどうぞ。

精神年齢が低い人の特徴や性格5選

1.わがままで自己中心的

精神年齢が低い大人は、「自己中心的」という性格が特によく見られます。常に自分を優先する考えを抱いています。

例えば以下のようなものです。

  • 他人への思いやりがない
  • 自分の利益ばかりを優先する
  • 思い通りにならないことがあると、わがままを言って怒る

普通は大人になれば、他人への思いやりを持つようになります。しかし、大人になっても他人のことはどうでもよく、自分のわがままを貫き通すような性格であれば、それは単なるガキであると言えます。

2.忍耐力がない

精神年齢が低い大人は忍耐力がありません。自己中心的な性格だからこそ、自分の都合の良いようにいかないことは、我慢できないのです。

  • 妥協できない
  • 我慢できない
  • 常に楽を求める

このような性格に当てはまるのであれば、忍耐力がない幼稚な大人の証拠です。人生においては、不都合なことでも妥協したり、苦労を積み重ねなければいけないことはたくさんあります。しかし、それができないのは、忍耐力がない子どものままだからです。

3.すぐに感情的になる

忍耐力がないことが原因で、すぐに感情的になるという性格も出てきます。大人になれば、時には自分の感情を抑えることも必要ですが、忍耐力がないことでそれができないのです。

  • ちょっとしたことですぐにムキになる
  • 自分の感情を優先して空気を乱す
  • 物にあたる・暴力を振るう

以上のように、すぐに感情的になって子どものような行動に走ります。周りを気にせずすねたり、何か嫌なことがあれば野蛮な暴力を振るうというものです。大人であれば、協調性や言論行使というものを身に付けるべきでしょう。

それができず、すぐに感情的になるのは、精神レベルが低くて幼稚な証拠となります。

4.言い訳ばかり

さらには、自分の非を認めようともしません。「自分が、自分が」という自己中心的な性格から、「自分のすべての行動は正義だ」と思っているからです。大人にはあるべき責任感もないことも理由です。

自分に非があることでも、とにかく言い訳をします。何かしらの失敗や不都合があれば、それを認めまいと、あの手この手を使って否定しようとしてきます。

自分の非や失敗を認めることができないのです。「自分はすべて正しい」「責任を負うのは嫌だ」という幼稚で無責任な考えから、言い訳ばかり口走るのです。

5.自分の気分で物事を決める

また、自分の気分で物事を決めるという行動も見受けられます。これはすぐに感情的になるからこそ、すべての行動が感情を優先して決められてしまうからです。

  • やらねければいけないことを、嫌だからと言ってやらない
  • 機嫌が悪いから守らなければいけない約束をドタキャンする
  • ふてくされて何もやらなくなる

これらの行動はまさに「ガキ」です。自分の非を認めようとしないので、挙句の果てには「イライラしてたんだから仕方ないじゃん」というあり得ない言い訳もします。本当にどうしようもないものです。

まとめ

以上が精神年齢が低い大人の特徴となります。これらの特徴に当てはまる人は、あなたの周囲にいるでしょうか。

もし当てはまる人がいるのであれば、それは精神年齢が低い大人となります。いろいろと接しにくい部分もあることでしょう。

また、あなたがこの特徴に当てはまっているのであれば、すぐに改善するべきです。周りに迷惑をかけているだけなので、他人や協調性を重んじた大人になりましょう。

なお、以下の記事では精神年齢が低い人との関わり方を紹介しています。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。