限界まで絞り出す!歯磨き粉やわさびチューブを最後まで使い切る方法4選

限界まで絞り出す!歯磨き粉やわさびチューブを最後まで使い切る方法4選

チューブ系って、最後まで絞りだすのがなかなか難しいですよね。特に歯磨き粉やわさびのチューブは苦労される方は多いと思います。

あと少しのところで残りが出てこなかったり、やっと出てきたと思って力を抜いたら中に戻ってしまったりと、とても煩わしいですよね。

できれば簡単に歯磨き粉やわさびのチューブは最後まで使い切りたいものです。そこで、この記事ではチューブを最後まで使い切る方法について紹介します。

歯磨き粉やわさびのチューブを最後まで使い切る方法4選

1.パッケージをハサミで切ってしまう

一番手っ取り早い方法としては、チューブのパッケージをはさみで切ってしまうという方法です。チューブの出口は小さいので、残りを完全に出し切るのは難しいです。

チューブの口の反対側をはさみでカットすれば、そこから簡単に残りを取り出すことができるはずです。

まだ十分に使える量が残っている場合には、サランラップや輪ゴムなどで切り口をふさいでおくようにすれば、残りを無駄なく使い切ることができますよ。

2.空気を入れて振る

歯磨き粉やわさびのチューブは残りわずかな状態だと、一生懸命振ってもなかなか下のほうには落ちてきませんよね。

しかし、それはチューブに空気が入っていない場合のことで、空気を入れて振れば、残りの歯磨き粉やわさびがチューブの出口に集まりやすくなります。

チューブに空気を入れてキャップをしめて、振ってみてください。そうすれば、チューブの出口に残りたまりやすくなり、無駄なく残りを使い切れるはずです。

3.壁や柱などの角にこすりつける

最後の最後まで絞り出すなんて場合には、壁や柱の角にこすりつけるなんてことがおすすめです。手で絞り出したり、チューブを丸めて絞り出すなんてこともできますが、それではムラができます。

とにかく残り全部を絞り出したいなんて場合には、チューブを根元から出口に向けて柱の角に押し付けることで、ムラなく絞り出せるようになります。

箸で挟んで絞り出すなんてこともおすすめです。柱の角に押し付ける方法と同じ要領となります。

4.チューブを絞りだす便利グッズを使う

最後まで使い切りたいけど、力を込めて絞り出すのが面倒だなんて場合には、チューブを絞り出す便利グッズを使うといいでしょう。

ローラーの間にチューブをはさみ、ツマミを回すことでローラーが回転して、チューブが絞り出されるなんてグッズが多いです。

いろいろとありますが、以下のものがおすすめですので参考にしてください。

まとめ

以上、歯磨き粉やわさびのチューブを最後まで使い切る方法となります。ハサミでパッケージを切ったり、空気を入れて振ったりなど、いろんな方法があります。

また、チューブを絞り出すための便利グッズもあり、いろんなチューブに活用できるものなので、それらのグッズを使うのもおすすめとなります。

どんなものでも最後まで使い切らないのはとてももったいないので、以上の方法を駆使して無駄な残りをなくすようにしましょう。