しっかり防止する!冷凍庫に霜がつくのを防ぐ予防対策5選

しっかり防止する!冷凍庫に霜がつくのを防ぐ予防対策5選

食品の長期保存するために便利な冷凍庫ですが、ずっと使っていると霜がついて困ってしまうということがあるでしょう。

これは、冷凍庫内の水蒸気が凍ることで発生してしまうものです。霜ができれば取れば問題ありませんが、取るのはとても面倒で、霜そのものが故障の原因にもなってしまうので、できるだけ防止したいものですよね。

そこで、この記事では冷凍庫に霜がつくのを防ぐ対策方法について紹介します。霜が頻繁について困っているという方はぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

冷凍庫に霜がつくのを防ぐ予防対策5選

1.扉の開閉をできる限り少なくする

まずは、冷凍庫の扉の開閉の回数をできる限り少なくするということが大事になります。外気が侵入すると、それだけ霜が発生しやすくなります。

それに、頻繁な開け閉めは電気代の無駄になったり、温度が上がってしまう原因にもなりますので、注意するようにしてください。

2.食品はラップやタッパーに収納して入れる

食材の水分も冷凍庫の霜の原因になります。冷凍庫の温度が上がった際に、食材の水分が水蒸気になり、それが霜として付着してしまうのです。

ドアの開け閉めによる温度の上昇や、食材そのものの温度によって発生した水蒸気など、いろんな要因があります。

そこで、食材による霜を防ぐためには、しっかりとラップやタッパーに収納して冷凍庫に入れるようにしてください。そうすれば、食材から出てきた水蒸気は、その中だけに収まるようになり、冷凍庫の中には付着しないで済みます。

3.熱いものは冷めてから入れる

食材そのものの温度によって発生した水蒸気が霜の原因になると上述しましたが、これは温度が高ければ高いほど霜が発生しやすくなります。

そのため、熱いものをそのまま冷凍庫に入れるのはNGです。熱いとそれだけ水蒸気が発生しやすいからです。湯気なんか出ていれば明らかにNGとなります。

タッパーに入れていても、熱が外側に伝わって冷凍庫の温度を上げてしまうので、しっかりと常温に冷ましてから冷凍庫に入れるようにしてください。

4.詰め込みすぎはNG

食材の詰め込みすぎも霜の原因になります。詰め込みすぎることで冷気の循環が悪くなり、冷凍庫内の温度が上がってしまうようになります。

その結果、発生した空気中の水分が冷やされて霜になります。この場合だと、冷気と温度が上がった空気との境目である、冷気の吹き出し口に霜が付着しやすくなります。

食材が溶けてしまいますし、電気代も多く使うことになりますので、冷機が循環しやすいように、食材同士の隙間を開けて保管するようにしましょう。

5.不具合があれば修理か買い替えを

さて、以上で述べたような原因になることはないのに、なぜか霜が発生してしまうということで悩んでいる方もいるでしょう。

そのような場合には、何かしらの不具合の可能性が考えられます。パッキンが劣化していたり、冷却機能の一部が故障しているなど、いろんな原因が考えられます。

もし、そのような場合には修理か買い替えをするしかありません。業者に一度見てもらった方がいいでしょう。

そして、もしも買い替えるのであれば、霜取り機能のついている冷凍庫がおすすめです。霜取り機能があれば、霜が付着しないので悩まされることはありません。

まとめ

以上、冷凍庫の霜の付着を防ぐ対策方法になります。霜は空気中の水蒸気が冷却されることにより付着するので、その水蒸気をいかに抑えるかが重要になります。

ドアの閉会をできるだけ少なくしたり、食材はしっかり密閉して保管し、熱いものは冷めてから入れるようにするべきです。また、詰め込みすぎはNGになります。

もしも不具合があれば、一度見てもらって修理か買い替えを検討してみましょう。買い替えるのであれば、霜取り機能のついた冷凍庫がおすすめです。

頻繁に冷凍庫に霜が発生してしまう方は、何が原因かをしっかりと突き止め、その予防対策をしてばっちり防ぐようにしましょう。

なお、以下の記事では霜の取り方を紹介しています。実際に霜が発生して困っているという方は、ぜひ合わせて読んでみてください。

霜取りの方法は?冷凍庫にびっしりついた霜の取り方のコツ・手順