在職中の転職活動は難しいものじゃない!むしろメリットが大きくておすすめです

突然ですが、あなたは、「在職中に転職活動を考えているけれども、在職中の転職って難しいってよく聞くから不安…」と悩んではいませんか?

しかし、それは単なる勘違いにしかすぎませんよ。在職中に転職活動を行うことは、確かに難しい一面もありますが、それ以上に大きなメリットがあるんです。

そのため、難しいからといって在職中の転職をあきらめるのではなく、むしろ、転職活動は在職中に行うほうがおすすめになります。

そこで、この記事では在職中の転職活動が難しいのかどうか、なぜおすすめか、そして成功するにはどうするべきか紹介していきます。悩んでいる方はぜひ一読してみてください。在職中に転職活動を行うべきだということがわかるはずです。それはどうぞ!

在職中の転職活動は、確かに仕事との両立が難しい

あなたが、「在職中の転職活動は難しいんじゃ…」と不安に思っている通り、確かに在職中の転職活動には難しい部分があります。それは、現職の仕事との両立です。

転職活動ではやるべきことが盛りだくさんです。

  • 膨大な数の求人から応募先を探す
  • 応募する数だけ書類を作成する
  • 企業の担当者とやり取りして面接の日程を調整する
  • 面接の対策をし、そして実際に面接を行う

これらのことを、仕事をしながら行うのは難しいもので、スムーズに転職活動を進めることは困難になるはずです。仕事が忙しい人ほど、転職活動に使える時間は限られてくるので、うまく転職を進めることができなくなります。

在職中だと今の会社の仕事がネックとなり、転職活動の妨害要素として立ちはだかります。どちらかを優先すれば、もう片方がおざなりになってしまいます。仕事と転職活動をうまくバランスよくメリハリをつけて両立させる必要がある点が、在職中の転職活動が難しいと言われている要因です。

それでも、転職活動は在職中がおすすめ

しかし、冒頭でも説明したように、このような難しい部分があるけれども、やはり転職活動は在職中に行うほうがおすすめです。

在職中であれば、失敗のリスクを背負わないで済むメリットがかなり大きい

それはなぜかというと、失敗のリスクを回避できるメリットがかなり大きいからです。転職はそれ自体が難しいもので、不採用続きで失敗ばかりという状態になることも珍しくはありません。

そして、在職中ではない離職した状態で、転職活動が失敗続きになることを考えてみてください。ブランク期間は空く一方で転職はどんどん不利になり、さらに生活費も底をついてしまうでしょう。何もかも悪い方向に進んでしまうのは間違いありません。

しかし、職が確保されている在職中に転職活動を行えば、今の仕事がセーフティーネットや担保の役割を果たしてくれます。失敗続きでも、ブランク期間も空くこともないし、収入も途絶えることがありません。悪い方向に陥ることはなく、最低でも現状キープという状態を保つことができます。

このように、在職中であれば、転職の失敗のリスクを最大限回避・軽減することができます。先ほども述べたように、転職は失敗する確率も高いので、できるだけそのリスクを回避することを優先して動くべきです。そのためには、在職中に転職活動を行うことがベストアンサーだとわかるはずです。

実際に在職中に転職活動をする人がほとんど

それに、在職中に転職活動をするべきだということは、転職経験者の比率からも知ることができます。

下記の図を見てください。

転職成功者が転職活動をした時期

これは、転職成功者がいつ転職を決めたかの調査結果になりますが、「在職中」が8割ほどであり、かなりの圧倒的多数ということがわかります。

やはり、現職をセーフティーネットにできるメリットがあるので、在職中に転職活動をするという方は多いと考えられます。

在職中の転職活動は、仕事が忙しいこともあって難しい一面もありますが、やはり経験者が多いことから、そのデメリットよりもメリットの魅力の方が勝っているのです。

「難しいから…」といって、あきらめたり、退職後に転職を行ったりするのは浅はかな考えです。現職は危険から守ってくれる大きな盾として活躍してくれます。

「今の職場のままにいればうつ病や過労死になってしまう」「転職活動の時間が全くないほど激務だ」なんて事情がない限りは、在職中に転職活動を行うことがおすすめです。

在職中の転職活動を成功するコツ!時間の使い方がポイント

では、在職中の転職活動を成功させるにはどうすればいいのか。それはやはり、仕事が忙しいことで転職活動の時間が限られてくるというデメリットをできるだけなくし、仕事と両立させて進めるようにすることがカギになります。

転職活動の時間をいかに捻出するかがコツ

そのためにも、転職活動の時間をいかに捻出するかが大切なコツになります。仕事の分量や時間はコントロールのしようがないので、それ以外の時間を転職活動としてうまく活用するかどうかがポイントになります。

具体的には、以下のような時間を活用することがおすすめになります。

  • 出社前
  • 通勤中
  • 仕事終わり
  • 休日
  • 会社の休み時間
  • 半休・早退・有給休暇

仕事が本当に激務で24時間働きっぱなしでない限り、仕事以外のプライベートとして活用できる時間は結構あります。普段は何気なく過ごしている出社前や通勤中も貴重な時間として有効利用できるはずです。

そして、面接の日は勤務日と重なってしまうことが多いので、有給休暇や半休を活用したり、もしくは会社が終わった後に時間に日程を調整してもらうようにすることがおすすめです。

「自分には難しい…」という弱音はNGです。先ほど説明したように、在職中に転職を成功できた方はたくさんいます。そして、その方々は、特別な人だから転職に成功できたというわけではなく、あなたと同じような普通の会社員の方々です。

あなたと同じく仕事が忙しかったけれども、うまく時間を有効活用したからことで、仕事と転職活動を両立できたのです。それならば、あなたにだって在職中に仕事と両立させながら転職活動を成功できる可能性は十分にあります。

転職エージェントを利用すれば、転職の手間を省くことができ、成功率も大幅にアップする

とは言っても、やはり仕事との両立はそうたやすくできるものではありません。それに、転職はそれ以外にも数多くのハードルが立ちはだかるものです。自力では一筋縄ではいかないものであることは間違いありません。

そこで、在職中の転職活動を成功させるには、転職エージェントを利用することがおすすめです。転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

転職エージェントでは、カウンセリングを通じて、あなたの経歴や希望条件にマッチした転職先を紹介してくれます。プロ目線からベストな転職先を紹介してくれるので間違いありませんし、自分で求人をいちいちチェックして探すなんて手間もなくすことができます。

また、面接の日程調整における企業とのやり取りも代行してくれます。仕事が忙しくても、うまく都合のいい日にスケジュールを調整してくれますし、自分で企業の担当者と連絡を取り合う手間を省くことができます。

さらに、面接・書類対策のサポートも万全に行ってくれます。どのような転職理由・志望動機・自己PR・質問の応答をすれば合格しやすいか指導してくれますので、内定をもらえる確率がグッとあがるようになります。

このように、転職エージェントでは、転職活動の面倒な部分を代行してくれるので、在職中で忙しい方でも、転職活動を仕事と両立して無理なく進められます。また、面接対策も行ってくれるので、成功率はさらにアップするはずです。プロのサポートがあれば、在職中でもスムーズに転職成功にたどり着くことができるので、ぜひ相談してみるといいでしょう

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

【公式サイトはこちら】転職エージェントDODA