在職1年未満でも転職に成功することは可能!マイナスな印象さえ与えなければ問題なし

「在職1年未満でも転職できるんだろうか…?」なんて、あなたは悩んでいませんか?在職期間が短いと、転職に悪影響があるなんてよく聞きますよね。

在職中で転職を考えているけれど入社から1年経っていない方や、在職1年ですでに会社を辞めてしまった方などは、このような悩みや不安を抱えるはずです。

しかし、結論から言ってしまえば、在職1年未満でも転職に成功することはできます。要は、短期の離職をマイナスに見られなければいいわけです。

そこで、この記事では、在職1年未満でも転職に成功するためのコツやアドバイスを紹介します。悩んでいる方は一読し、ぜひ転職に前向きにトライするようにしてみてください。それではどうぞ!

在職年数が少ないことは、転職ではマイナス要因になりがち

まず理解しておいてほしいことは、あなたが不安視しているように、在職1年未満はやはり転職ではマイナス要因になってしまうということです。

入社してもすぐに辞めてしまうのではないかと懸念される

なぜならば、在職期間が短いということは、それだけ仕事を続けられなかったという証拠になるからです。それゆえ、離職癖や転職癖があるのではないかと危惧される可能性が高くなってしまいます。

応募先の採用担当の人事があなたの職歴を見た際には、「在職期間1年未満…。こういう人は、うちの会社に入ってもすぐ辞めてしまうんじゃ…。」なんて懸念され、第一印象はマイナスからスタートしがちになります。

面接では具体的な能力を図ることはできないので、その人の印象や職歴が重視されるものです。在職1年未満であれば、職歴も印象も悪くなるため、転職において不利になることは避けられない事態になります。

在職期間を選考要素として取り入れている企業はかなり多い

もちろん、在職期間を考慮しない企業もあるものです。「人それぞれだから」「うちの会社で働き続けてくれればいいから」なんて、こちらの都合や経緯をしっかりと織り込んで考えてくれるところもあります。

しかし、だからと言って楽観視してはいけません。やはり在職期間を選考要素として採用面接に取り入れる企業の方が圧倒的に多いです。

下記の図を見てください。

「中途採用において、転職回数と在職期間において、選考要素とするもの」を調査した回答結果

これは、複数の企業を対象に、中途採用を実施する場合、転職回数・在籍期間について選考要素として取り入れるものについて調査した結果になります。

「選考要素としない」という回答もありますが、それは7%とかなり少ないです。「在籍期間」は46%と、「転職回数の組み合わせ」の場合には最多の64%というように、どれだけ前職の仕事を続けていたかは重視される傾向にあります。

在職期間を考慮しない会社をターゲットにしようとしても、それは数少ないのでなかなか巡り合うことはできないでしょう。そもそも、会社がどんな選考要素を基準にしているかなんか知りようがありませんからね。

そのため、在職1年未満で転職をする際には、それがマイナス要素になることは避けられません。ビハインドな状態からスタートすることになるということを、まずはしっかりと覚悟しておいてください。

在職1年未満でも、転職理由や仕事への熱意を詳しく説明できれば成功可能

しかし、冒頭でも述べたように、在職1年未満でも転職に成功できる可能性は十分にあります。では、そのためにはどうすればいいのか紹介していきます。

在職1年未満で転職をする理由を具体的に説明できれば、マイナスな印象を与えることはない

在職1年未満でも転職を成功させるには、まずはその不利な状態を解消することが必要です。その不利な状況に陥ってしまうのは、在職1年未満であることでマイナスな印象を与えてしまうからです。つまり、在職1年未満でもマイナスな印象さえ与えなければ不利になることはありません。

そのためには、短い期間でなぜ転職をするのか、その理由を具体的に説明することが大切になります。理由が曖昧であれば、「やっぱり単なる離職癖がある人なんじゃ…」と思われてしまいますが、面接官がしっかりと納得できる理由さえ説明できれば、「ちゃんとした理由があるんだな」と理解してくれるので、マイナスには見られないはずです。

そこで、転職理由を説明するには、「なぜその会社への転職を決意したのか」の志望動機だけではなく、「なぜ在職1年未満で以前の会社を辞める(辞めた)のか」の退職動機についても言及する必要があります。

たとえば、「御社でもっとスキルを磨きたいからです」という前向きな転職理由だけでは不十分です。それだけではなく、「前職ではルーチンワークばかりで、スキルを思うように高められる環境ではありませんでした。それでは自分は成長できないと感じ、1年未満という短い期間で転職を決意しました。」というような、前職での失敗・反省に関連付けた理由も説明しましょう。

このように、なぜ在職1年未満で会社を辞める(辞めた)のかについて具体的に説明できれば、人事もしっかりと納得してくれて、できる限りマイナスな印象を与えることは避けられます。はぐらかそうとせず、具体的に説明することが一番の解決策になります。

応募先での仕事の意欲を熱弁できれば、プラスに評価される

もちろん、在職1年未満で転職をする理由を説明できれば成功するものではありません。それは単にマイナスな印象を与えないようにする対策なだけで、普通の転職者と同じスタートラインに立てただけですからね。

そこから採用担当者に好印象を与え、内定をもらうためには、その応募先での仕事への意欲を熱弁する必要があります。それに関しては、あなたの素直な思いをぶつければ大丈夫なはずです。

「そんなに熱弁できるほどの志望理由がない…」と悩む方も多いと思いますが、たくさんの求人の中からその応募先を選んだのには、やはり何かしら決め手があったはずです。スキルアップ・やりがい・達成感・専門性・チームワークなど、求めるものは人それぞれのはずです。それを最大限誇張して、少しでも大げさに力強くアピールするといいでしょう。

また、将来のビジョンについて説明すれば、仕事への熱意がかなり強いという印象を与えることができます。全体を指揮するプロジェクトマネージャーになりたい、現場のプロフェッショナルとして活躍したい、経営の中枢に参画したいなど、キャリアビジョンを志望動機の際に語ることがおすすめです。そうすることで、「この人の仕事への熱意は間違いない」と、さらにプラスな評価を受けることができます。

在職1年未満のマイナスな印象を払拭すると同時に、このような仕事への熱意をアピールできれば、それ以上はないプラスの印象を与えられることは間違いありません。それができれば、在職1年未満でも、転職成功の余地は十分にあります。

在職1年未満の転職の成功率を上げるには、転職エージェントを利用しよう

さて、在職1年未満でも、そのマイナスな印象をなくし、仕事への意欲を伝えてできるだけプラスの印象を与えれば成功できるということをご理解いただけたでしょうか。しかし、やはり面接は難しいもので、「どのように転職理由や志望動機をアピールすればわからない…」と悩む方も多いでしょう。

そこで、在職1年未満でもうまく転職を成功させるには、転職エージェントの利用がおすすめになります。転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

主に、キャリアカウンセリングを通じて、あなたの経歴や希望条件にマッチした転職先を紹介してくれます。プロの目線からピックアップしてくれるので、間違いない求人選びをすることができます。

そして、一番の魅力的なサポートが面接対策です。在職1年未満でも好印象を与えるには、どんな転職理由・志望動機・仕事への熱意をアピールすればいいか、丁寧に指導してくれます。合格しやすいようにアドバイスしてくれますので、その通りに面接をこなせば、内定を獲得しやすくなります。

このように、転職エージェントでは転職に非常に役立つサポートを行ってくれますので、転職成功率は間違いなくアップします。特に、在職1年未満のように不利な状況だと自力での転職は難しくなるので、転職エージェントに相談してサポートを受けながら転職に取り組むことがおすすめです。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

【公式サイトはこちら】転職エージェントDODA

転職サイトとの併用もおすすめ

理想の転職求人を探すには、転職エージェントと同時に、転職サイトの活用もおすすめです。そのサイトでしか見つからない求人も多数あるので、選択肢を広げるためにも、登録しておくべきです。

おすすめは、「リクナビNEXT」です。

  • 掲載求人数は5000件以上と豊富
  • その85%がリクナビNEXT限定の求人
  • 企業(非公開求人も含む)からオファーが来るスカウト制度あり
  • グッドポイント診断で、自分の強みを客観的に把握でき、書類・面接での自己分析に活かせる

このように、圧倒的な求人数を誇りますし、スカウト制度やグッドポイント診断など、他の転職サイトにはないサポートも満載です。

リクナビNEXTで良い求人に目星をつけておき、転職エージェントで紹介されたのと比較したり、転職エージェントで似たような求人がないか相談してみることで、最適な転職先を見つけることができます。

もちろん利用は無料です。求人の候補が広がれば、それだけ自分にベストな転職先を見つけやすくなり、後悔しない転職をすることができます。ぜひ登録して、どんな求人があるのか確認してみるといいですよ。

【公式サイト】リクナビNEXTの無料登録はこちら