初心者はラッキーが起きやすい!?ビギナーズラックが起こる理由3選

ビギナーズラックというものは、初心者がスポーツやギャンブルにおいてハイスコアをたたき出し、初心者なのにまぐれで良い成果を残すラッキーな現象のことを言います。

例えば、友達に誘われて初めてパチンコをやる人が大勝ちしたり、ボウリングなどで初心者が高得点を出すなどがビギナーズラックの例です。

しかし、この現象は全く不思議なもので、科学的根拠などまったくないものですが、それなりにビギナーズラックの理由というものが考えられます。そこで、今回はその理由を紹介します。

ビギナーズラックが起こる理由3選

1.本当にまぐれ

初心者がまぐれを起こすビギナーズラックの現象の一番の理由としては、本当にまぐれであるということがあります。

とくに、運の要素だけであるギャンブルなどは、確実にたまたま勝てたということが多いです。初心者だから勝てたのではなく、初めてやった時にたまたま勝てただけなのです。

他のことに関しても、その日は調子が良かったり、初心者でわからないなりにやっていたら、たまたま好成績を残したということが考えられます。

2.初めてのラッキーは意識に残りやすい

しかし、まぐれだとしてもビギナーズラックの現象はかなり報告されています。それによって、ビギナーズラック=初心者は勝ちやすいみたいな感じで認知されています。

しかし、実際にギャンブルは本当に運任せなので、初めてやった時でも負ける人はいるでしょう。むしろ、そっちの方が多いと思います。

しかし、大勝ちする人もおり、そのような初めてやった時に大勝ちするということは、初めてという要素があることにより意識に残りやすくなります。

初めてやった時に負けることは特に印象に残らず、初めての時に大勝ちしたときは強く印象に残ります。それによって「初心者なのに大勝ちした」という報告が多くなることによって、ビギナーズラックという現象があるように認知されてしまいます。

3.初心者なりの下手なやり方が功を奏した

また、スポーツなどの技術的なことに関しては、初心者は最初はまったくうまくできないでしょう。ボウリングやダーツ、ビリヤードなどのスポーツは決まったフォームなどがありますが、それがまったくできないことになります。

初心者は、まずは自分なりのやり方でやると思いますが、それが功を奏してハイスコアをたたき出すなんてこともあります。それがビギナーズラックの原因となります。

そして、その後、正しいフォームを身につけていくうちに、上達するまでは最初のようなハイスコアは出せなくなり、あの頃はビギナーズラックだったなあと思うようになるのでしょう。

まとめ

以上がビギナーズラックが起きる原因です。基本的にはたまたまいい結果を出すことができたということと、それが初めてやった成果であるということで強く意識に残り、ビギナーズラックという現象があたかもあるように認知されているのでしょう。

ビギナーズラックがあったという人は、他のことで初心者の時に同じように成功したことがあるかどうか考えてみてください。おそらく、できなかったときのほうが多いでしょう。