汚いけどやめられない!指を突っ込んで鼻をほじる癖を直す方法6選

汚いけどやめられない!指を突っ込んで鼻をほじる癖を直す方法6選

鼻くそが溜まった時は、どう処理をしますか?ティッシュや綿棒を使って取り除くことが理想ですが、豪快に鼻に指を入れてほじくるなんて人も多いでしょう。

鼻をほじるという行為は癖になりやすいものです。鼻をほじるのは子どもやオヤジがするというイメージが強く、しかも汚い行為です。しかし、癖になると人前だということを忘れて鼻をほじってしまうこともあるでしょう。

いつもはエリートのサラリーマンが、もしくはいつも美人で有名なOLが鼻を豪快にほじくる姿を目撃してしまえば、多くの人がドン引きして幻滅してしまうでしょう。イメージはガタ落ち間違いなしで、大恥をかいてしまいます。

まあ、いろいろと理由はありますが、鼻をほじる癖をやめたいと考えている方は多いはずです。そこで、今回はついやってしまう鼻をほじる癖を直す方法を紹介します。

指を突っ込んで鼻をほじる癖を直す方法6選

1.マスクを着用する

鼻をほじくる癖を矯正するためには、まずはマスクを着用することがおすすめです。マスクをつけていれば、無意識に鼻の穴に指を突っ込む心配もなくなります。

癖が治るまでは、外出中はもちろん、家の中でもマスクを着用しておくといいでしょう。そして、鼻くそを処理したい場合には、ティッシュや綿棒で取り除きましょう。

これを続けて次第に慣れることで、指を突っ込んで鼻をほじるという癖を改善することができます。ティッシュや綿棒で除去できるようになります。

2.手袋・指サックをはめる

マスク以外の対策もあり、おすすめは手袋をはめるということです。手袋がはまっている状態であれば、指を鼻に突っ込むのは難しいです。

これも、無意識に鼻に指を突っ込むのを防ぐことができます。「あれ?入らない。そうだ手袋着けていたんだ。」と気づくことができ、きちんとした方法で鼻くそを処理できるようになります。

まあ、仕事や学校では手袋をずっと着けているのは難しいので、家の中の対策として行いましょう。家の中でマスクが嫌であれば、手袋がおすすめです。また、裁縫につかう指サックなどもおすすめです。

3.女性ならばネイルアートがおすすめ

女性ならば、ネイルアートで爪をデコることもおすすめです。なるべく時間と労力をかけて、丹精込めたデコレーションにしましょう。

苦労をして頑張り、心を込めて一生懸命作ったものであれば、鼻ほじりによって汚したくはないと思うはずです。

結果的に、ネイルアートを守るという意識が強く働き、癖があっても鼻をほじらないようになるでしょう。きれいでおしゃれで、自分が汚したないネイルアートにしてみてください。

4.指先にくさい臭いをつけておく

癖がひどくて、どうしても鼻のところに指先が向いてしまうなんて場合には、かなり強制的な対策となりますが、指先にくさい臭いを付けておくといいでしょう。

そうすれば、鼻に指が近づけばその悪臭で「うっ!」となり、鼻をほじらずに済みます。人は不快感や恐怖感はとても強く印象に残るものです。鼻をほじるとくさい臭いがすれば、無意識に鼻をほじることに関して拒否反応が出るようになります。

結果的に、鼻に指を突っ込んでほじくるという癖は、その拒否反応によって消滅するでしょう。まあ、においに関しては、自分の嫌いなもので皮膚に害の無いもので工夫してみてください。なお、その悪臭で他人に迷惑がかからないようにしましょう。鼻をほじくることが目撃される以上にドン引きされる可能性があります。

5.意識して改善する

そして、最終的には意識的な問題が必要不可欠となります。無意識に行ってしまう癖は、自分の自制心や意識が足りていないものです。

「指を突っ込んではいけない」「鼻をほじってはいけない」「ティッシュや綿棒で掃除をする」と強く意識しましょう。

意識が強ければ、癖が発動することもなくなります。もし、鼻をほじりかけても直前でそれに気づき、ストップすることができるでしょう。ぜひ、意識的に癖の改善を心がけてみてください。

6.鼻くそが溜まらないようにする

鼻くそが気になって鼻をほじってしまうのであれば、鼻くそが溜まらないようにすることが必要です。

溜まるのを防ぐ!鼻くそが溜まらないように予防する対策方法5選」で紹介した、以下の方法を心がけるようにしましょう。

  • 室内の空気はきれいにするように心がける
  • 加湿もしっかりと行う
  • 空気が汚いところではマスクをする
  • 鼻はいじりすぎないように
  • 鼻うがいをする

まとめ

以上が、鼻をほじってしまう癖を直すための対策方法となります。鼻ほじりは子どもの頃からの癖がついてしまっているという人もいますが、人前でやってしまえば恥ずかしいものです。

無意識に鼻をほじってしまい、それを見られてイメージが大幅にダウンすることになります。衛生面でも汚いことなので、しっかりと以上の方法で改善するようにしましょう。意識して、鼻をほじくらないようにしてみてください。

なお、鼻ほじりはとても危険なもので、その意味でもやめる必要があります。以下の記事では鼻をほじることによる悪影響や危険性を紹介していますので、合わせて読んでみてください。