胃腸が痛い!胃痙攣や下痢による腹痛を解消するための治し方4選

腹痛には胃が痛むのと腸が痛むのと2種類のものがあります。食べ過ぎて胃痙攣を起こしたりして胃が痛くなる時と、下痢気味などで腸が痛くなるというケースです。

どちらも痛む箇所は違えど、かなりのつらい痛みで、そんな腹痛は早く対処して改善したいものです。

そこで、今回は腹痛の治し方について紹介します。

腹痛を解消するための治し方4選

1.胃痛の場合は横になって休む

まず、急に胃の部分やみぞおちの部分が痛くなったようであれば、胃痙攣などをおこしている場合が多いです。

そんなときは、無理に動けばさらに悪化させてしまう恐れがあるので、すぐに横になって安静にするようにしましょう。

しばらく休めば、単なる胃痙攣であればすぐに痛みは治まることでしょう。リラックスすることで痙攣を徐々に抑えることができます。

2.胃痙攣はお腹を温めてあげることが効果的

また、胃痙攣の原因としては食べ過ぎやストレスであり、そのため以上のような安静にしてリラックスすることが重要ですが、寒かったり冷えたりすることが原因でも腹痛が起きます。

その場合には、お腹をしっかり温めてあげることが効果的です。これはお腹がゆるくて腸の方に問題がある場合にも効果的です。

服をたくさん着込んだり、腹巻やカイロを当てたり、もしくはお風呂でしっかりと温まるようにすることで、腹痛を和らげることができます。

以下の記事では、胃痙攣を予防するための対策について紹介していますので、胃痙攣になりやすい方は参考にしてください。

3.お腹がゆるくて腸が痛い場合にはすぐにトイレへ

下痢気味でお腹がゆるく、それによって腹痛が起きているという場合は、腸に痛みが走っているので、すぐにトイレへ向かいましょう。

下痢によって腸が痛む仕組みとしては、体の悪いものを早く排泄しようとして、腸の活動が活発になるからです。だから、水分も過剰に分泌されるようになります。

その便を排泄しなければ、腸は常に活発な動きを続けるので、腹痛が治ることはありません。なので、下痢気味の腹痛の場合はすぐにトイレへ行きましょう。

また、尿を我慢することでも同じような痛みが起きます。これは膨らんだ膀胱が腸を刺激するからです。これも排便することによって解消されます。

しかし、どうしてもトイレへ行けないという状況であれば、何とか我慢するべきです。以下の記事でその方法について紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

4.胃腸薬を服用する

どうしてもすぐに治したいという場合には、胃腸薬がおすすめです。特に頻繁に腹痛が起きやすいという人は、常に常備しておくのが良いでしょう。

ドラッグストアなどで症状別に薬がたくさん売られていますので、自分の症状に合ったものを買うといいでしょう。

まとめ

以上が腹痛になった場合に、その痛みを治すための対処法です。腹痛には胃と腸の2つの痛みがありますので、ぜひ痛む箇所に合わせた対処を行いましょう。

もし、どうしても痛みが治らない場合や、単なる胃痙攣や下痢によるものではないと感じた場合には、すぐに病院に行くことをおすすめします。重症になる前の早めの対処が重要です。