食べ過ぎによる消化不良を解消!胃もたれを治すための対処法4選

夜遅くに食事をしたり、脂っこいものを食べると、胃の消化が進まず、消化不良を引き起こします。それは最終的に胃もたれにつながるでしょう。

胃もたれは胃が重い感じの不快感を引き起こし、食欲が低下します。ひどい場合だと吐き気などを催すこともあるでしょう。そんなつらい胃もたれは何とかして解消したいものです。

そこで、今回は胃もたれを治すための対処法について紹介します。胃もたれしやすい人はぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

胃もたれを治すための対処法4選

1.消化の良い食べ物を食べる

胃もたれをしているときに、さらに脂っこいものを食べてしまうと、いつまで経っても治りません。重大な病気につながることもあるでしょう。

そのため、胃がもたれている場合は消化の良い食べ物を食べるようにしましょう。胃の消化機能が弱まっている状態なので、胃に負担をかけないようにします。

消化の良い食べ物と言えば、ヨーグルト、卵、豆腐、おかゆ、白身魚などがあります。また、以下のリンク先ではクックパッドでの消化の良いレシピが紹介されていますので、参考にするといいでしょう。

消化にいいのレシピ 406品[クックパッド]簡単おいしいみんなのレシピが191万品

2.マッサージをする

胃の働きが弱っている際は、活発化して消化を促進させるためにも、マッサージをすることが効果的です。

程よい刺激を与えれば、胃の本来の働きを早く取り戻すことができます。お腹を優しくなでたり、さする感じでマッサージすることが効果的です。

また、マッサージと言えばツボ押しも効果的です。胃もたれに効果のあるツボがみぞおちのあたりにあるので、そこを刺激するといいでしょう。以下のリンク先で詳しく解説されていますので、参考にしてください。

胃もたれの原因とツボによる改善法 [ツボ・経絡] All About

3.お風呂に入ってリラックスする

お風呂に入って温まることで胃もたれの解消につながります。体全身が温められることで、血流のめぐりが良くなり、それによって胃も働きを取り戻すようになるでしょう。

また、胃もたれの原因はストレスもあります。お風呂ではゆっくりとリラックスすることで、そのストレスを解消でき、胃もたれの改善に効果があるでしょう。

さらに、お風呂に浸かりながらマッサージをするとさらに効果があるでしょう。ぜひ、意識的にやってみてください。

4.胃腸薬を使用する

どうしても早く治したい場合には胃腸薬を使うことがおすすめです。最近ではいろいろな胃腸薬があり、胃もたれに効くものも多数販売されています。

ドラッグストアやコンビニで簡単に購入することができるので、自分の胃の悩みに適したものを使うと、効果的に解消できるでしょう。

まとめ

以上が胃もたれの対処法です。会社の飲み会などでアルコールを飲みすぎたり、脂っこいものを食べすぎたりして、胃もたれを起こしやすいという方はぜひ覚えておくといいでしょう。

まあ、一番の対策としては胃に大きな負担をかけないように、適度な食事を心がけるようにしましょう。また、ストレスも溜めないようにするべきです。

もしも、つい食べ過ぎてしまうということが多い場合には、それを防止するための対策を実践しましょう。以下の記事でその対策やコツを紹介していますので、参考にしてください。

以下の記事では、胸焼けや胃もたれなどの対処方法について紹介していますので、ぜひ合わせて読んでみてください。