破裂を防ぐ!水道の蛇口の凍結を防止するための対策方法3選

破裂を防ぐ!水道の蛇口の凍結を防止するための対策方法3選

冬になると寒くなるので、気温が氷点下になる朝には水道が凍結してしまうことがあります。蛇口が凍結すると、水道管の破損・破裂などの様々な問題を引き起こします。

そのようなトラブルは悩まされたくないもので、寒い季節には水道の蛇口が凍結しないように対策をしておくことが必要です。そこで、今回は水道の蛇口の凍結対策について紹介します。

冬の朝は蛇口が凍結してしまうなんて方は、ぜひとも参考にしてください。以下の方法で凍結をばっちり防止しましょう。

水道の蛇口の凍結を防止するための対策方法3選

1.チョロチョロ水を出しておく

凍結対策の中で簡単にできるのは、水を出しっぱなしにすることです。水を出しっぱなしにしておけば、水道管内部で水が氷るのを防ぐことできます。

就寝前にチョロチョロ水を流しておくことで、朝に気温が氷点下になっても凍結を防ぐことが可能です。一番お手軽な対策でおすすめです。

水道代が気になるという方もいるでしょうが、チョロチョロ出しておけばそんなにかかりません。凍結によって水道管が破損した方が、修理費によっぽどお金がかかります。そのため、水道代は気にせずに、水をチョロチョロ流しておきましょう。

2.水抜きをしておく

水道管の凍結対策として、定番の方法は「水抜き」です。これは、元栓を閉めて、水道管の内部にある水を全て出し切り、水道管を空にする対策です。

水道管を空にしてしまえば、水はないので凍結を防ぐことが可能です。寒い地方などでは、凍結対策として「水抜き」は欠かせないものです。

元栓を閉めたり、水を出し切ったりと少々手間はかかりますが、凍結による破損を防ぐためにも行うべきものです。

以下のリンク先で、水抜きの方法について詳しく解説されていますので、ぜひ参考にしてください。

水抜き方法(アパート・賃家の場合) / アート不動産:盛岡の賃貸アパート・賃貸マンション情報

3.水道管を保温する

水道管の保温も効果的な対策です。水道管を冷やさないようにすることで、気温が氷点下になっても凍結することはありません。

主に、蛇口・水道メーター・給湯器の水道管が凍りやすいです。そのような箇所は、タオルで巻いて保温する対策がおすすめです。タオルで巻くだけでも、外気を遮断できるので、しっかりと保温できます。

室内であれば、シンク下の水道管などは、扉を開けて暖房の温かい空気が入り込むようにすることで保温できます。

また、凍結防止用のアイテムも色々とあり、そのようなグッズで保温対策してみるのも効果的です。以下のものがおすすめとなります。

まとめ

以上が水道管の凍結を防ぐ対策方法となります。どれも凍結対策としては基本的なものなので、寒い季節にはしっかりと対策しておくようにしましょう。

水をチョロチョロ流しっぱなし、水抜き、保温の対策をすることで、水道の凍結を効果的に防ぐことができます。

凍結する水道の場所や構造に合わせて、それぞれ適切な対策を行うようにしましょう。

なお、以下の記事では水道が凍結した場合の対処法を紹介していますので、ぜひ合わせて読んでみてください。

水が出ない!寒い冬の朝に水道の蛇口が凍結した時の対処法5選