出入り禁止!子どもの友達を家に入れたくないときの対処方法5選

小学生から中学生くらいの子どもがいる方は、その子どもの友達が自分の家に遊びに来るなんてこともあるでしょう。

しかし、子どもの友達と言っても、他人だから入れたくないという方や、マナー知らずで傍若無人にふるまうから家に上げたくないという方も多いと思います。

でも、そんなときって、どのように断ればいいのか迷いますよね。そこで、この記事では子どもの友達を家に入れたくないときの対処法を紹介します。それではどうぞ!

子どもの友達を家に入れたくないときの対処方法5選

1.子どもには家で遊べないから外で遊ぶように言いつける

子どもの友達を家に上がらせたくなければ、まずは子どもが友達を連れてこないようにする日必要があります。

そこで、「うちで遊ぶのは禁止だから、外で遊ぶようにしてね」と、自分の子どもに言いつけておきましょう。

そうすれば、子どもが友達を連れてくる可能性は低くなります。最近ではゲームばかりやる子どもも多いので、外で遊ぶことも必要ですからね。

2.子どもの友達が家で遊びたいと言っても、優しく断る

自分の子どもに言いつけておけば、友達を連れてくる可能性は低くなりますが、友達が自分から家に遊びにくるなんてこともあるでしょう。

その際には、自分の子どもと一緒に外に遊びに行かせるのが一番です。しかし、そのやってきた友達が「家の中で遊びたい」と言うこともあるでしょう。

その際には、優しく断るようにするのがベストです。「ごめんねー。うちの中では遊べないことになってるの。だから、外で遊んでね。」なんて感じがいいでしょう。

3.なるべく自分の子どもも他人の家では遊ばせない

もし、自分の家では遊べないからと言って、子どもが友達の家で頻繁に遊ぶようになれば、それはそれで問題です。不公平が生じますからね。

その場合には、相手の親に「なんでうちでは頻繁に遊んでいるのに、お宅の家では上がらせてくれないんですか?」みたいに苦情を言われることもあります。

そうなると、親同士のいざこざが起きて非常に面倒になります。なので、自分の子どもにはんるべく他人の家で遊ばないように言いつけておくといいでしょう。やはり、子どもは外で遊ぶのが元気で一番です。

4.できるだけすべての友達に対して出入り禁止にする

子ども同士の遊びによる不公平は他にもあります。それは、特定の友達は家に上がらせてあげるのに、別の友達は家で遊んではいけないということです。

そうなると、また親同士のいざこざが発生するでしょう。「A君はお宅でよく遊んでいるって聞きますのに、何でうちの子どものときはダメなんですか?」みたいなクレームが考えられます。

そうならないためにも、なるべくすべての友達を出入り禁止にするといいでしょう。「友達がだれであっても、家で遊ぶのは禁止だからね」と言っておくといいです。

5.特定の子だけ出入り禁止にしたければ、相手の親と話し合う

しかし、中には特定の子だけ出入り禁止にしたいという場合もあるはずです。その際には、親同士のいざこざが起きないようにするために、事前に相手の親と話し合うといいでしょう。

その際には、なぜ出入り禁止にしたいのかをしっかりと伝えるようにすることがおすすめです。そして、「申し訳ないんですけど、お宅のお子さんはうちで遊ばないという約束でお願いします。」と締めくくるのがいいでしょう。

たとえ悪い印象を持たれたとしても、それはそれで親の方から遊びには来させないはずです。後から起きる面倒は、このように事前に話し合って済ませておきましょう。

まとめ

以上、子どもの友達を家で遊ばせたくないときの対処法となります。まずは、自分の子どもには家で遊ばないように言いつけておきましょう。

そして、友達が遊びに来ても、外で遊ぶように断ってください。また、不公平が出ないように、自分の子どもも他人の家では遊ばせず、なるべくどの友達も出入り禁止にするといいでしょう。

もしも特定の友達だけを出入り禁止にしたい場合には、面倒ないざこざを起こさないためにも、相手の親と話し合うようにするといいです。ぜひ、これらの対処を参考にしてみてくだし。

なお、以下の記事では、家に入れたくない子どもの友達の特徴を紹介していますので、よければ合わせて読んでみてください。