会社の飲み会が嫌いな人は転職するべき!飲み会で得られるものは苦痛のみ

会社の飲み会が嫌いな人は転職するべき!飲み会で得られるものは苦痛のみ

あなたは会社の飲み会が多かったり、半強制的に参加させられるに嫌気がさしていませんか?体育会系の会社や広告業界の会社は飲み会がきついと有名ですよね。

  • 本当は嫌で行きたくない…
  • 飲み会があるたびに憂鬱になる…
  • 飲み会時の接待が本当に苦痛…

おそらく、飲み会についてはこんな悩みを抱えているはずです。

そして、会社の飲み会にひどく悩まされ、「もうこんな会社は辞めたい…」と考えているのであれば、さっさと転職することをおすすめします。

飲み会なんて日本にしかない悪習です。そんなことに不本意に参加しても、あなたには何のメリットもありません。そんな会社で働き続ける意味はもう何もないはずです。

そこで、この記事では会社の飲み会が嫌で悩んでいるあなたへ、転職のアドバイスについて紹介します。ひどく悩んでいる方は、我慢せずに、そんな嫌な会社からはさっさと逃げたほうがいいですよ。それではどうぞ。

会社の飲み会で得られるものは、苦痛や害しかありません

所詮は上司の自己満足にしか過ぎない

「飲み会は嫌だ。会社を辞めたい。でも、社会人にとって飲み会は参加しなければいけないものだし…」と我慢はしていませんか?

そんな我慢は必要ありませんよ。仕事に必要なのは働くことだけで、飲み会はまったく関係ありません。飲み会に参加しなければいけないなんて義務も法律で決まっていませんからね。

最近では、飲み会に行きたがらない人が増えていると言われています。ゆとりだあーだこーだ言われていますが、行きたがらない人が増えるのは当然です。だって、何のメリットもなく、苦痛なだけなんですから。

常に上司を満足させるために、接待をしたり盛り上げたりしなければいけません。ただそれだけです。上司をまるで王様のように持ちあげなければいけません。

  • 嫌な上司と一緒にいなければいけない
  • 興味のない愚痴や自慢話を聞かされ、相槌を打たなければいけない
  • 酔っぱらった勢いで説教をされる
  • 一発芸など無茶ぶりをされる
  • 常に気を遣わなければいけない

会社の飲み会って、本当にこんなのばかりですよね。見事な腐りっぷりです。上司のエゴが悶々と満ちた非常に居心地の悪い空間であることは間違いありません。

  • 「飲み会に参加しないなんて社会人としてありえない」
  • 「飲み会に参加しなければ出世できない」
  • 「仕事を円滑に進める上では欠かせない」

なんてことも言われますが、これも上の人たちのエゴの正当化でしかありません。接待ばかりの飲み会なんて、出世や仕事の円滑化には全くもって役に立ちません。「飲みニケーション」なんて言葉は、きれいにごまかしているだけです。

会社の飲み会なんて、所詮は、上司の自己満足の場でしかないのです。そんな馬鹿げた会に嫌々行くのなんて、さらに馬鹿げていますよ。行きたくない飲み会に参加させられる時点で、アルハラ確定です。そんな会社で働き続けても無意味でしかありませんよ。

お金・時間・健康・精神のすべて失われる

無意味というよりも、むしろマイナスしかありません。もちろん、上司を持ちあげることで、何か得られるものであれば、自ら積極的に参加してもいいくらいです。飲みニケーションなんて言うくらいですからね、何か得られるものがあると期待してしますいますよねえ。でも、現実は残酷です。会社の飲み会って、本当に得られるものがないんですよね。

上司から人生の教訓や仕事のコツなんか聞ければいいんですが、そんなのは全くの皆無です。本当に上司への接待だけがメインですからね。その見返りは何もありません。まあ強いて得られるものがあるといえば、害や悪影響、そして苦痛だけです。100%マイナスなものしか返ってきません。

まずはお金がなくなるはずです。強制参加や断ってはいけない雰囲気を作る癖に、飲み会の費用は自腹にさせる。鬼でしかありません。まるで上司を満足させる飲み会を開くために、働いて給料を稼いでいるようなものです。

そして時間が失われます。最近では、仕事と私生活を充実させるワークライフバランスの重視が注目されていますが、そんなの余地は全くありません。生活のすべてが労働と飲み会の時間で費やされ、プライベートはなくなってしまいます。ワークオンリーライフです。

もちろん、アルコールは飲みすぎれば健康にも悪影響がでます。お酒に弱い人なんか、確実に寿命が縮んでしまうはずです。さらに翌日が仕事で、アルコールの影響で調子が悪ければ、「体調管理もできないのか」と理不尽に怒られる始末です。その理不尽さに精神もやられてしまうでしょう。身も心もズタボロです。

そんな会社で働き続けるのは生き地獄

体に悪いアルコールを大量に飲ませ、接待・愚痴・労働を強制させる。もうそんな無意味でデメリットしかない飲み会が横行している会社で働き続けるのは、まさに生き地獄でしかありません。いくら労働条件が良くても、そんな飲み会がある時点でブラック企業です。いずれ、あなた自身がうつや過労で壊れてしまいます。

プライベートを充実させたくてもできませんし、理想のキャリアを描きたいと思っていても、飲み会のせいで効率やモチベーションが上がらないはずです。本当に、お金にも体にもキャリアにも、何にもいいことはありません。毎日が苦痛の労働で人生を終えることになります。

だからこそ、そんな会社は我慢せずに、早く辞めて転職してしまうことがおすすめです。自分を犠牲にしてまでも大切にしなければいけない仕事や飲み会はありませんからね。

飲み会が強制じゃない会社へ転職しよう

飲み会が理由で転職する人は多い

「でも、転職理由が飲み会が嫌って…」と、転職にためらう方もいると思います。でも、そんなのは気にする必要はありません。会社のやり方が嫌いで転職をしている人はたくさんいます。

下記の図をご覧ください。

転職理由ランキング

これは、退職理由の本音ランキングですが、「社風や風土」が2位に入っています。このように、会社の雰囲気や文化に嫌気がさして転職している人は数多いです。

その中にも、「強制参加の飲み会が多い社風が嫌だった」という理由もあるはずです。だから、あなたは別に異常ではないんです。そもそも、転職に理由なんて必要ありませんからね。好きな時に転職をすればいいんです。別にためらう必要ありません。

飲み会が強制じゃない会社はたくさんある

「でも、会社ってどこも飲み会が多いんじゃないの?」という心配も抱くでしょう。今までさんざん飲み会に悩まされてきたのであれば、「会社で働く=飲み会必須」なんて等式が根付いてしまっていると思います。しかし、それは、そんな悪しき習慣を横行させる会社のマインドコントロールによって植え付けられた屁理屈の偏見です。

下の図を見てください。

1か月あたりの会社の飲み会の参加割合

これは、1か月あたりの会社の飲み会参加頻度のアンケート結果ですが、0~1回という少ない頻度が圧倒的に多いです。さらに、下の図を見てください。

飲み会を断ったことがある割合とその理由

これは、会社の飲み会を断ったことがあるかどうかのアンケート調査ですが、断ったことのある人は多いです。さらに、「まず飲みに行く文化がない」という回答もあります。

このように、飲み会の開催頻度が少ない会社や、そもそもその文化がない会社、そして飲み会があっても断れるような会社はたくさんあります。飲み会に苦しめられるあなたの職場の方が異常なんです。

転職すればすべてが解決します

もしも今の会社で働き続けたままであれば、あなたはずっと嫌な飲み会の日々で悩まされ続けなければいけません。しかし、飲み会のないような自由な会社へ行くことができれば、その悩みはすべて解決されます。

  • 給料が飲み会で減ることはない
  • プライベートの時間も充実できる
  • 健康・精神も消耗することはない
  • 仕事にも集中でき、理想の働き方やキャリアを実現できる

こんな感じにメリットが盛りだくさんです。まあメリットと言うよりも、健全な会社としては当たり前のことなんですけどね。

今の飲み会地獄から解放されるには、その腐った文化のある会社から離れることが唯一の解決策になります。上司に何を言われても無視してください。転職するかどうかは、すべてあなたに決める権利があるんですからね。本当に飲み会が嫌で苦痛に感じているのであれば、自分の身を第一に考えて行動してください。

強制飲み会のない会社に転職するには、転職エージェントの活用がおすすめ

さて、転職するとは言っても、そう一筋縄にはいかないものです。飲み会が強制でない自由な社風の会社を探すのは難しいです。それに、「飲み会が嫌で転職をしました」なんて面接では言えないので、それなりの退職理由も考えなければいけません。

そこで、自由な社風の会社へ転職を成功させるには、転職エージェントを活用することがおすすめです。転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

転職エージェントでは、カウンセリングを通じて、あなたの経歴や希望条件にぴったりの転職先を提案してくれます。また、キャリアアドバイザーは転職のプロなので、企業の社風などのリアルな情報も熟知しています。そのため、「強制的な飲み会のないような自由な社風の会社が良いです」と相談すれば、飲み会のない自由な社風の会社をピックアップしてくれます。

また、退職理由の不安に関しても安心です。書類・面接対策も行ってくれますので、どんな退職理由にして自己PRすればいいか、しっかりとアドバイスしてくれます。そのサポートによって、合格する可能性はグッと高まるようになります。

このように、転職エージェントに相談すれば、強制的な飲み会に悩まされることのない自由な社風の会社へ転職することができます。転職を始める際には、ぜひ利用してみるといいですよ。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

【公式サイトはこちら】転職エージェントDODA