在職中の転職活動が不採用で失敗ばかり…内定が決まらないのときの対処法

「在職中に転職活動をしているけれども、不採用で失敗ばかり…。なかなか決まらない…。」あなたはこんなことで悩んではいませんか?

在職中の転職活動は、現職の仕事がネックになり、なかなかうまく進まないということも多いです。十分な準備ができず、万全のコンディションが整えられないということで、失敗ばかり続いてしまう方も多いでしょう。

しかし、在職中には在職中なりの転職活動のコツがあります。不採用続きで内定が決まらないという方は、きちんと対処・対策をすることで、在職中でも転職を成功させることができます。

そこで、この記事では在職中の転職活動が不採用続きで失敗ばかりのときのアドバイスや対処法について紹介します。内定がなかなか決まらないという方は、ぜひ参考にして再度チャレンジしてみましょう。それではどうぞ!

まずは絶対にあきらめないことが重要!

さて、まずは具体的な対処法を紹介するまでに、メンタル的な部分で心得ておいて欲しいことがあります。それは、どんなに転職が不採用で失敗ばかりでも、絶対にあきらめないということです。

あなたは、在職中の転職活動が不採用で失敗ばかりということで、「もう無理かも…」なんて挫折しかけているかもしれません。しかし、それは絶対にやってはいけないことです。どんなに失敗続きでもチャレンジ精神を忘れないようにするべきです。

挫折すればいつか必ず後悔します

在職中であるということは、転職をしなくても職が確保されているので、転職活動がうまくいかないと妥協や挫折をしてしまいがちです。

しかし、あなたが転職を志すには何かしらの理由があったはずです。

  • 人間関係に不満がある
  • 給料が割に合わない
  • もっとスキルアップしたい
  • 別の業界でやりがいのある仕事をしたい

不満などのネガティブな理由から、あこがれや希望などのポジティブな理由まで、人それぞれのはずです。

そして、もしも転職が成功しなければどうなるか考えてみてください。

  • 人間関係のストレスをずっと抱え込まなければならない
  • 薄給の仕事を我慢してやり続けなければいけない
  • スキルアップは見込めず、ルーチンワークばかり
  • 仕事へのあこがれは叶えられず、興味のない仕事をやるだけの日々

このように、転職の動機がネガティブにせよポジティブにせよ、確実に報われない結果に終わることでしょう。現時点では「もう転職は嫌だ!今の仕事のままでいいや」とあきらめがついたとしても、あなたへの転職の思いはなくなっていないはずです。

そうなると、長い時間が経ってから「やっぱり転職したい」と思うようになるでしょう。しかし、転職は年を取るほど不利になるので、時すでに遅しの結果になりがちです。その結果、「あの時にあきらめずに転職しておけばよかった…」とひどい後悔に苛まれるだけになるでしょう。

こうなってしまえば、取り返しはつかず、何も報われるものはありません。「後悔先に立たず」という格言を意識し、どんなに失敗を繰り返しても、転職はあきらめないようにしましょう。挫折しそうなときには、なぜ自分は転職をしたいのか、そのことについて深く考えてみてください。その思いこそが原動力になるはずです。

退職後に転職活動を変更するのも控えるべき

中には、在職中はもう無理だからと言って、退職後に転職活動をしようと考える方もいると思います。しかし、それもあまりおすすめできません。なぜなら、在職中であるということはそれなりにメリットが大きいからです。

現職は失敗の担保になる

退職後に、今のように失敗続きだと、貯金は減り、ブランク期間も空く一方で、どんどん追い込まれる状況になります。しかし、在職中であれば現職が担保として活躍してくれるメリットがあります。転職が不採用ばかりでも、収入は途絶えることなく、ブランク期間も発生しません。実際に、その恩恵を一番にあなたが感じているはずです。

在職中の方が面接では多少有利になる

また、面接で転職理由や志望動機をアピールする際には、在職中のほうが少しばかり有利になります。退職後に転職活動をすれば、転職よりも退職が先行している形になるので、「何かしら不満があったから会社を先に辞めたのでは?逃げる目的で転職するのでは?」とマイナスな印象を持たれてしまいがちです。

しかし、在職中であれば、現在の仕事は続けているということで、現職への不満があるというマイナスな印象は持たれにくいです。逆に、「今の仕事があるのに転職を目指すということは、キャリアアップなどポジティブな動機がある可能性が高い」と評価されやすくなります。

つまり、転職への熱意を上手にアピールできれば、在職中である方が素直に好印象を持たれやすくなります。これも在職中であるがゆえの大きなメリットです。

できる限り、在職中に転職活動をするべき

このように、在職中の転職活動はいろいろとメリットやリスク回避の恩恵を受けることができるので、できる限り在職したまま転職活動を行うべきです。

どうしても激務で時間がないという場合は退職後に行うしかありません。しかし、不採用で失敗続きであるということは、あなたは今まで在職中に転職活動を進めることができたはずです。それならば、そのまま在職中に転職活動を進めるようにしましょう。

下記の図を見てください。

転職成功者が転職活動をした時期

これは、転職経験者を対象に、いつ内定が決まったか調査した結果になります。見てもらえばわかるように、在職中に内定を獲得した方が約8割と圧倒的です。このように、転職経験者の多くの方が在職中に転職成功をすることができているので、あなたにも不可能ではありません。

在職中は無理だからと言って退職後に変更するなんて行為は、ただの言い訳や逃げにしかすぎません。変更しても、同じように失敗が続くだけで、退職後のリスクをもろに食らってしまう結果に終わってしまうでしょう。

在職中の転職活動が不採用で失敗ばかり、内定が決まらないのときの対処法

では、在職中の転職活動が不採用で失敗続きの場合には、どのような対処をするべきか、具体的に紹介していきます。

1.面接は万全の対策をする

転職において採用か不採用かは、やはり面接でうまく自己PRできるかどうかが重要です。あなたが在職中の転職活動で不採用ばかりなのは、面接の対策が十分ではないからという可能性が高いです。

下記の図を見てください。面接において採用担当者が重視するポイントです。

中途採用において、職種別に採用担当者が重視するポイント

どの業種でも、「第一印象」「受け答えの仕方」など、その人柄や印象が重視されています。つまり、専門的なスキルやズバ抜けた経歴が求められない限り、面接は印象重視で合否が決まると言っても過言ではありません。

そこで、面接に臨むにあたっては、行き当たりばったりではなく、どうすれば面接官を惹きつけるアピールができるか考え、万全な対策を施すようにしましょう。好印象さえ与えることができれば、それが合格に直結することになります。

まずは、応募先の企業がどんな人材を欲しがっているのか分析してみてください。そして、そのニーズに当てはまる自分のスキルや強み、将来のキャリアプランなどをきちんと考え、その会社での勤務と貢献について全力で熱意をアピールしましょう。

先ほども説明しましたが、在職中であれば、転職へのポジティブな理由が素直に評価されやすい傾向にあります。きちんと仕事への意欲をアピールすれば面接官をうならせることができますので、ぜひ意識して対策を怠らないようにしてください。

2.有給休暇は惜しみなく使う

しかし、在職中で仕事が忙しく、なかなか面接の対策を考えている時間もないという方も多いでしょう。実際に、仕事が忙しくて面接対策に時間が取れないことで、不採用・失敗続きだという方もいるはずです。

出社前や仕事終わり、休日を活用するなど、在職中の転職活動では空き時間を捻出することがポイントになりますが、それでも時間がないという場合には、有給休暇を惜しみなく使うようにしてください。

休暇をとることは社員のれっきとした権利です。面接と仕事がかぶるときは有給休暇を取らざるを得ませんが、十分な準備・対策ができない場合にも、その時間を確保するために有給休暇を活用することがおすすめです。

たとえば、午後に面接がある場合には、午後休や早退するのではなく、丸一日休暇を取ることで午前に万全な対策ができます。前日と当日の2日間有給休暇を取れば、より満足した対策ができるはずです。当日に複数社の面接を受けることも可能でしょう。

在職中に転職活動を成功させている方はたくさんいますが、その多くが有給休暇を効果的に使っています。休暇の使い方こそ、在職中に転職活動を成功させる一番のポイントになりますので、ここぞという場合には迷わず有給休暇を取り、転職活動に集中できる時間を確保してください。メリハリをつけるということがキモですよ。

3.転職エージェントを利用する

さて、上述したように、転職成功のためには万全な面接対策が欠かせません。しかし、「そもそもどんな自己PRをすればいいかわからない…」と悩む方もたくさんいることでしょう。

そこで、転職失敗を終わりにし、成功するための対処法としては、転職エージェントを利用するべきです。転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

主にカウンセリングを通じて、あなたの経歴や希望条件にマッチした転職先を紹介してくれます。プロの目線から求人を選んでくれますので、内定を取りやすく、かつ希望にマッチする企業をピックアップしてもらえます。

そして、書類・面接対策のサポートも行ってくれるところが一番のポイントになります。どのような自己PRや質問の受け答えをすれば合格しやすくなるか、一から丁寧に指導してくれますので、内定をもらえる確率がグッと上がります。

在職中での転職活動が失敗ばかりという方は、やはり面接が要因である可能性が高いです。。転職エージェントでは、受かりやすい面接指導をしてくれますので、転職の成功率は間違いなくアップします。不採用続きで内定が決まらない方には大きな打開策になるので、ぜひ相談してみるようにしましょう。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

【公式サイトはこちら】転職エージェントDODA