在職中の転職活動で休む理由はどうする?嘘だと見抜かれない無難なものがおすすめ

転職活動を行う際には、求人探し・書類作成などの準備、そして本番となる採用面接など、多くの時間を要することになります。

そして、在職中に転職活動を行う方は、普段は仕事で忙しく、転職活動に充てられる時間が少ないということで、有給休暇を取ることもあるでしょう。特に、面接が勤務日と重なった場合には、有給休暇や半休を取らざるを得なくなります。

休暇自体は、その権利はしっかりとあるので問題はありませんが、その口実をどうするか非常に悩みますよね。あなたも、「在職中での転職活動のために有給休暇を取る場合には、休む理由はどうすればいいんだろう…」なんて困ってはいませんか?

そこで、この記事では、在職中の転職活動で休暇をとる際に、その休む理由としておすすめのものを紹介します。それではどうぞ!

嘘も方便!「転職活動をするから」なんて正直な理由はNG

おそらくありえないと思いますが、「転職活動のために有給休暇を取ります!」なんて正直に理由を話そうとはしていませんか?

「正直に理由を言ってもいいんじゃないかなあ…」なんて考えているのであれば、それは馬鹿正直すぎます。絶対に転職活動が理由であるということは言うべきではありません。

上司からは妨害を受けることになる

なぜなら、上司からは確実に妨害を受けることになるからです。上司は部下を育てることが仕事ですが、その部下が転職してしまえば、後任に就く人をまた一から育てなければいけず、面倒くさいのです。

もし、上司に在職中に転職活動をすることが知られてしまえば、「ふざけるな!無責任もほどほどにしろ!」「この常識知らずが!それでも社会人か!」なんて怒声を浴びせられ、転職活動をやりづらくなってしまうことは間違いありません。会社内での風当たりも強くなってしまいます。だからこそ、絶対に「転職活動が理由だから」と正直に話してはいけません。

罪悪感を感じる必要はない

なお、このように上司のことを考えると、転職活動をすることや、嘘をついて休むことに罪悪感を感じてしまう方もいると思いますが、その必要はありません。

上司が部下を世話することも仕事の一部で、部下が辞めた場合を考慮するということも上司の仕事になります。それで上司は給料をもらっているんですからね。別に裏切り行為とか恩知らずだとか感じる必要はありませんよ。

それに、職業は人それぞれ自由に選んでいいものです。仕事を続けるのも、新しい会社に転職するのも自由です。むしろ転職を妨害してくる上司こそ非常識に違いありません。そんな非常識な妨害を受けないために嘘をつくことは、言わば正当防衛のようなものです。

「嘘も方便」ということで、あなたの自由を侵害される危険があるならば、休む理由をごまかすということも重要になります。負い目やためらいを感じる必要はありませんよ。

在職中の転職活動で休む理由は、嘘だと見抜かれない無難なものにしよう

では、前置きが長くなりましたが。本題に入りましょう。在職中に転職活動を理由に有給休暇や半休を取る場合には、その休む理由をどうすればいいのか紹介していきます。

転職経験者が活用した休む理由は?

まずは、先人の知恵を拝借するということで、在職中に転職をしたことのある人は、どんな休む理由を活用したのか参考にするべきです。

下記の図をご覧ください。

転職活動で休暇をとる際の理由の割合

これは、転職経験者に、「在職中の転職活動において、休む理由はどうしたか」ということを調査した結果になります。

「正直に転職活動で面接」という人も少しはいますが、よほど転職にオープンな社風でない限りは、やはり上述したように妨害を受けてしまうのでおすすめできません。

そして、ほとんどの方が、転職活動であることを隠した理由で休暇をとっています。「旅行」を理由にした割合も少しだけありますが、これはそうそう使えるものではありませんね。

おすすめとしては、

  • 私用
  • 体調不良
  • 家庭の事情
  • 通院
  • 冠婚葬祭

などになりますね。

「病欠」が一番無難でおすすめ

このようにいろいろと休む理由としておすすめなものはありますが、やはり一番無難なものは体調不良などの「病欠」ですね。

「私用」「家庭の事情」「冠婚葬祭」などの場合には、「具体的に理由を言え」なんて迫られて困ることもあるでしょうが、病欠であれば「頭痛がひどくて」「熱が出てしまって」など、簡単に納得できるようにごまかすことができますからね。

また、休みが連続や断続的な場合でも使える便利な理由になります。「まだ熱が下がらなくて」「この前の体調不良がぶり返してきて」なんて理由で、数日の休みを取ることが可能です。冠婚葬祭などは、そうそうあるものではないので、1回しか使えませんからね。この病欠の理由はとても便利です。

もちろん、頻繁に休むような場合には、ずっと病欠だと怪しまれてしまいますので、「私用」「家庭の事情」などを駆使して、たまたま休まなければいけない事情が重なってしまったなんて感じでごまかすのがおすすめです。

まあ、相当休むことに厳しい会社でない限りは、そんなに問い詰められることもないはずです。まずは無難に「病欠」で休む理由を作り、頻度や間隔に応じて、「私用」「家庭の事情」などを織り交ぜるといいでしょう。そんなに難しく考える必要はなく、気楽に考えてみてください。

できるだけ休暇を取らずに転職活動を成功させるには、転職エージェントを利用するべき

さて、在職中の転職活動で休む理由について紹介していましたが、やはりいちいち嘘をついて休みを取るなんてのは無駄な労力になります。できれば、休日に面接ができる企業を受けるなど、仕事と無理なく両立させて転職を成功させたいものですよね。

そこで、在職中に転職活動を行う方は、転職エージェントを活用することがおすすめです。転職エージェントは、プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

転職エージェントでは、あなたの経歴や希望条件にマッチした会社を紹介してくれます。転職先をプロの目線から選んでくれますので、会社選びに失敗するなんて不安もありません。また、内定を獲得しやすくする書類・面接対策も行ってくれますので、合格率をアップできるメリットもあります。

そして、在職中の方にうれしいのは、面接のスケジュール調整の代行サポートです。転職エージェントが代わりに、企業と交渉して面接日を調整してくれますので、面接日の融通が利きやすく、会社終わりや休日に面接できるようにうまく調整してくれます。自分で企業とやり取りする手間も減りますし、いちいち嘘をついて休暇を取るなどの無駄もなくなります。

このように転職エージェントを活用することで、求人探しや企業との連絡などの手間がなくなり、面接日程も都合のいいように調整しやすくなるということで、仕事と両立しながらスムーズに転職を進めることができます。面接対策も指導してくれることで転職成功率もアップしますので、転職活動を行う際にはぜひ利用することがおすすめです。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

【公式サイトはこちら】転職エージェントDODA