転職活動は在職中と退職後のどっちがいい?メリット・デメリットや決め方のコツ

あなたは転職しようとは思っているものの、在職中に転職活動をするべきか、それとも退職後に転職活動をするべきか悩んでいませんか?

それぞれ一長一短であり、知り合いの転職経験者に聞いたとしても、人それぞれで本当に迷ってしまいますよね。そんな際には、それぞれのメリット・デメリットをしっかりと理解し、自分に合ったほうを選ぶべきです。

そこで、この記事では、在職中と退職後の転職活動のメリット・デメリット、そしてどちらにするべきか、その決め方についてアドバイスしたいと思います。転職を在職中と退職後のどちらにするかは、転職の成功・失敗にも関わってくることがあるため、ぜひ慎重に決めるようにすることがおすすめです。

在職中の転職活動のメリット・デメリット

それでは、まずは在職中の転職活動についてのメリット・デメリットを紹介していきます。

在職中の転職活動のメリット

1.退職から入社までスムーズに転職できる

まずは在職中の転職活動のメリットです。在職中であれば、退職は転職先が決まってから申し出ることができます。それによって、退職から入社までスムーズに事を運ぶことができます。退職して、数日・数週間後には新しい会社で働くことができるようになるでしょう。

2.ブランク期間が空く心配がない

転職は結構難しいもので、なかなか内定が決まらないことも多いです。そのため、新しい転職先が決まるまでブランク期間が空いてしまうという方も多くいます。しかし、在職中であれば、転職先が決まるまで今の会社にしがみつくことが可能です。今の会社を「つなぎ」として利用することができ、ブランクの心配はありません。

3.収入が途切れる心配がない

ブランク期間がないということは、新しい転職先が決まるまでの収入源もしっかりと確保できるということです。その収入源があることで、転職先が決まるまでもしっかりと食いつないでいくことができます。生活が不安定になる心配はありません。

在職中の転職活動のデメリット

1.忙しくなる

それでは次に、在職中の転職活動のデメリットを紹介します。真っ先に考えられるマイナスポイントは忙しくなるということです。転職をする際には求人を探したり、履歴書・職務経歴書を書いたり、面接のスケジュールを調整したりと、やるべきことがたくさんあります。在職中であれば、仕事終わりや休日にしか時間を使えませんので、圧倒的に忙しくなるはずです。仕事が忙しいほど、このデメリットは目立つようになります。

2.会社にバレると気まずくなることも

在職中に転職活動は、今の会社の人にとってはネガティブに見られやすいです。今の会社を、転職先が決まるまでのつなぎとしてしか見ていないと思われ、上司や幹部に「転職する気があるなら、今すぐに辞めてもいいんですよ?」なんて圧力をかけられることもあります。転職活動をしているとバレれば、退職するまでの間、社内でのギスギスした雰囲気に耐えなければいけなくなるでしょう。

退職後の転職活動のメリット・デメリット

さて、在職中しながらの転職活動のメリット・デメリットをご理解いただけたでしょうか。では次に、退職後の転職活動のメリット・デメリットについて紹介していきます。基本的には、在職中のメリット・デメリットとは真逆の傾向になりますね。

退職後の転職活動のメリット

1.転職活動に集中できる

退職後は時間に余裕ができます。そのため、丸1日を転職活動に使うことができるでしょう。在職中は仕事が忙しくて、それが原因で転職先選びをミスってしまうなんてこともあります。しかし、退職後であれば転職活動に思いっきり集中できるので、じっくりと転職先を吟味できるようになります。

2.職場で気まずくなることもない

そして、在職中に転職活動がバレたことによる気まずさもありません。たとえ、転職を理由での退職について、愚痴や文句を同僚や上司から受けたとしても、会社とおさらばしてしまえばどうでもよくなるでしょう。精神的な面でも転職活動に集中できますね。

退職後の転職活動のデメリット

1.ブランク期間が空いてしまう

退職後のデメリットとしての一番なものは、やはりブランクですね。転職先がなかなか決まらないとなると、空白期間が長くなりがちです。そのブランクがあることで、転職が少しだけ不利になってしまうというデメリットも考えられます。できるだけ早く内定をもらうことがキモになりますね。

2.初任給まで収入が途切れてしまう

また、退職をすることで、転職先が決まるまでの収入源がなくなってしまいます。それに、内定をもらったとしても、初任給をもらうまでには1か月ほどかかりますからね。その間は、生活をまかなうための十分な貯金が必要になります。お金が足りなければ、短期のバイトで食いつないだりするしかないでしょう。

転職活動は在職中と退職後のどっちがいい?

ここまで読んで、在職中と退職後のそれぞれの転職活動のメリット・デメリットをご理解いただけたでしょうか?

しかし、やはりどれも一長一短で、どうすればいいのか悩んでしまいますよね。そこで 、以下では、それぞれどんな人におすすめなのか、決め方のコツを紹介していきます。自分はどっちがおすすめなのかで、在職中か退職後か決めるといいですよ。

在職中に転職活動をすることがおすすめの人

まずは在職中の転職活動ですが、以下のような方におすすめです。

  • ブランク期間を空けたくない
  • 内定がなかなか決まりそうにない
  • 初任給までに生活できる十分な貯金がない

このような方は、在職中の転職活動のメリットである、「ブランクの心配がない」「収入が途切れない」という恩恵を受けることができますので、在職中での転職活動がおすすめです。

退職後に転職活動をすることがおすすめの人

逆に、下記の項目に当てはまる方は、退職後の転職活動がおすすです。

  • 在職中だと仕事が忙しすぎて、転職活動の暇がない
  • 失敗しないように、じっくりと転職先を吟味して決めたい
  • 初任給まで生活できる十分な貯金・収入源がある

基本的には、転職活動に集中したいという方は、退職後の転職がおすすめです。転職先が決まるまでの貯金や収入源がある方も、退職後に転職活動しても問題はないでしょう。

デメリットをなくして転職を成功させるには、転職エージェントの利用がおすすめ

さて、転職活動を在職中に行うか、それとも退職後に行うか、決めることはできたでしょうか。メリットを活かせる方にするべきですが、やはりデメリットも気になってしまいますよね。「ブランクを空けたくないから在職中に転職活動したいけど、やっぱり忙しんだよな…」なんて悩んでしまうはずです。

できるだけ成功する転職をするためには、そんなデメリットをなくすことが不可欠になります。そこで、おすすめなのが転職エージェントを活用することです。転職エージェントは、キャリアアドバイザーが転職活動を無料でサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

キャリアアドバイザーはいろんな企業情報を内情まで熟知しており、あなたの経歴・希望条件などをもとに、ぴったりの転職先を提案してくれます。また、書類・面接対策も行ってくれるので、成功しやすい転職ができるところが魅力的です。

そして、転職エージェントを活用すれば、在職中・退職後の両方の転職活動のデメリットを解消できるんです。在職中で忙しい方でも、会社選びや書類・面接対策は転職エージェントがアドバイスしてくれるので、自分で時間をかける手間が省けます。退職後の方でも、採用試験に合格しやすい対策をしてくれますので、ブランクを空けることのないスムーズな転職ができるでしょう。

転職エージェントは、在職中・退職後のどちらの方にでも、転職活動を成功させるためにとても役立つサービスなので、ぜひ利用してみるといいですよ。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

【公式サイトはこちら】転職エージェントDODA