雑学・ネタ

世界中の全ての人と友達になれる!?六次の隔たりがとてもおもしろい!

みなさん友達は何人いますか?

私は現時点での友達の数は普通の人とさほど変わりませんが、いざとなれば世界中のすべての人と友達になれます。

これは私だけではなく、皆さんも同じです。

友達から友達を紹介してもらうということを数回繰り返すだけで、世界中のすべての人とつながりを持つことができるということが理論的には証明されています。

この理論を六次の隔たりと言い、今回はこれについて紹介します。

世界中のすべての人とつながることができる六次の隔たりとは?

六次の隔たりの内容

六次の隔たりは以下のように定義されています。

六次の隔たり(ろくじのへだたり、Six Degrees of Separation)とは、人は自分の知り合いを6人以上介すと世界中の人々と間接的な知り合いになることができる、という仮説で、多くの人数からなる世界が比較的少ない人数を介して繋がるスモール・ワールド現象の一例とされる。SNSに代表されるいくつかのネットワークサービスはこの仮説が下地になっている。

引用元:六次の隔たり-Wikipedia

つまり、人は6人とつながれば全世界の人とつながることができるということです。

六次の隔たりが成り立つ理由

それでは、なぜ、このような現象が起きるのでしょうか。

簡単に説明すると、前提条件として、知り合う人の知り合いには、自分の知り合いの人はいない、つまり、重複した知り合いはいないという前提です。そして、人は平均して44人の知り合いを持つと言われています。

1人の人と知り合ったら44人と知り合いになります。

その44人からさらにそれぞれの44人の知り合いと知り合いになることができ、この場合は、44×44=1936人と知り合いになります。

そしてさらに、この1936人のそれぞれの44人とさらに出会い、それをずっと繰り返します。これを6回繰り返しましょう。そうすると、以下の人数と知り合いにになります。

44×44×44×44×44×44=7,256,313,856人

6人つながれば72億人以上の人とコネクションを持つようになり、これは世界人口より多いです。

よって、知り合いの知り合いを6回辿るということ繰り返せば世界中の人とつながることができるという六次の隔たりは成立します。

もちろんこれは、知り合いが重複しないという前提の理論上の話ということで、現実では知り合いが少ない人や、他の知り合いと重複してしまうこともあるので、6人ぴったりとはなりません。

六次の隔たりの検証

六次の隔たりは上述したように、理論上のことであって、現実ではどうなるかを把握することはできません。思った以上に知り合いが重複しすぎて、かなりの人数とつながらないとコネクションが拡大しないということもありえます。

この点に関して、この理論が現実において正しくなるのかどうかということを検証した例がいくつかあります。

ミルグラムのスモールワールド実験

イェール大学の心理学者であるスタンレー・ミルグラムは以下のような実験をしました。

ネブラスカ州オマハの住人160人を無作為に選び、「同封した写真の人物はボストン在住の株式仲買人です。この顔と名前の人物をご存知でしたらその人の元へこの手紙をお送り下さい。この人を知らない場合は貴方の住所氏名を書き加えた上で、貴方の友人の中で知っていそうな人にこの手紙を送って下さい」という文面の手紙をそれぞれに送った。その結果42通(26.25%)が実際に届き、42通が届くまでに経た人数の平均は5.83人であった。

引用元:六次の隔たり-Wikipedia

以上のような内容と結果であって、この実験は届いた人数が全体の26.25%という割合に多少の問題があると言われていますが、それらが届くまでの平均は5.83人であり、ほぼ6人であったので、六次の隔たりは正しいということになります。

日本の社会学者の実験

日本の社会学者もミルグラムと同じように検証しようとしました。その内容と結果は以下のようになっています。

九州を起点として「北海道の知人を紹介してください。もしいなければ、北海道に知人がいそうな人を紹介してください」と人々に尋ね回った。その結果北海道の人間に辿り着くまでの平均人数は7人であった。コロンビア大学の教授ダンカン・ワッツらが電子メールで同様の実験を行った際は、到達率2%、理論的な仲介人数は5~7人であった。

引用元:六次の隔たり-Wikipedia

この実験においても、6人に近い数字となっており、六次の隔たりは成立します。

バラエティ番組での検証

日本のバラエティ番組でも検証されました。内容と結果は以下の通りです。

日本のあるバラエティ番組で、「与那国島の日本最西端の地で最初に出会った人に友人を紹介してもらい、何人目で明石家さんまに辿り着くか」という企画が行われたことがある。結果は7人であった。

引用元:六次の隔たり-Wikipedia

この場合も7人という6人に近い数字なのでやはり六次の隔たりは成立します。

mixiのエンジニアによる検証

六次の隔たりは、ソーシャルネットワークの概念で、SNSに非常に関連があり、人が多数集まるSNSでも同じ現象が確認されるだろうと言われています。

そこで、SNSサービスのmixiのエンジニアがmixiユーザーのマイミクシィのつながりによって、六次の隔たりを検証し、以下のような結果となりました。

まず試しに、筆者のmixi IDから残りの各ユーザ(2008年1月時点でmixi全体で約1300万人)までの最短距離(マイミクシィをたどった回数)を求めて、各距離ごとのユーザ数の分布を求めてみました。

(中略)

距離が6で全体の95.7%、距離が7では98.2%のユーザをカバーできており、ほとんどのユーザに6、7人経由する以内で到達できていることが分かります。また平均距離は5.1になりました。まだ平均クラスタ係数は求めていませんが、筆者のIDで試した限りではスモールワールド性が成り立ちそうな期待が持てます。

(中略)

またユーザによってマイミクシィの数はさまざまですので、その差異が少なくなるようにランダムに選択したユーザ1000人(1000人では少ないかもしれないのですが...)で同様に各距離の到達ユーザ数を調べ、その平均を求めるようにしました。

(中略)

距離が6では88%、距離が7の段階で98%のユーザに到達できています。平均最短距離は5.4となり、平均して6人程度という非常に少ない人数を介するだけで、他のユーザにたどり着けることが分かります。

(中略)

mixi上のマイミクシィネットワークを使用して、スモールワールド性について調査しました。その結果ユーザ間の平均距離は5.4、平均クラスタ係数は0.2となり、スモールワールド性が成り立ちそうであることが分かりました。

引用元:mixiのスモールワールド性の検証|mixi Engineers' Blog

以上のような結果となりました。長くて読むのがだるい人は、結果だけでいいです。結果は7人で98%のユーザーとつながることができるという結果で、六次の隔たりがmixi上でも成り立つということが検証されました。

以上、六次の隔たりの実験を例をいくつかあげましたが、どれも6に近い数字で、六次の隔たりが現実でも当てはまるということが証明されました。

恋人が元カレの元カノの元カレの元カノの…は本当

昔、エイズの検査促進のCMで「元カノの元カレの元カノの…」みたいなセリフが繰り返されるCMがありました。

そんなにつながっていることはあり得ないと思いがちですが、この六次の隔たりを知ってどうでしょうか。

そのCMで言っていることは単なる誇張ではなく、事実なのです。

人はどこでつながっているかわかりません。噂がどうやって広まってしまったのかわからないということも六次の隔たりに当てはめてみれば当然のことです。

世界が狭いのではなく、人のつながりが強すぎる

六次の隔たりはスモールワールド現象とも言われるように、世界が狭いがために起きる現象だといわれますがそうではありません。

「世間は狭い」とよく言われますが、そんなことはありません。世界は広いです。人間の大きさと比べてみたら広すぎます。

それでは、なぜこのような現象が起きてしまうかというと、世界の広さをも超越してしまうくらい、人と人とのつながりが強すぎるのです。

ウイルスの繁殖性はかなり強いといわれますが、同じように人のつながりも1種のウイルスのようなもので、その拡大性はかなり強いものとなっています。

六次の隔たりは、以上のように人脈のつながりが強すぎるからこそ起きてしまう現象なのです。

まとめ

以上が、六次の隔たりの紹介でした。

約6人介せば世界中の人とつながってしまうなんてとても面白いと思いませんか?

逆にこれを教訓に、知られたくない秘密は絶対に言わないでおこうという教訓になったという人もいるのではないでしょうか(笑)

現在はSNSが普及し、多くの人とつながれる時代となりました。

ぜひ、人のつながりの強さを活かして、いろんな人とのコネクションを持ってみてはどうでしょうか。